あなたは、自分の愛する子供にいつもスキンシップをしていますか?キスもたくさんしている?筆者は、もうすぐ5歳になる息子に毎日キスの嵐です。息子からキスをしてくれる時も、私からたくさんの愛情を込めてキスをする時もあります。

でも、このキス行為が医師や精神科医の間で討論となっています。「子供の唇にキスなんかするべきじゃない。」あなたは、どう思いますか?

ある俳優の我が子へのキス写真がSNSで議論を呼びました

出典 http://www.dailymail.co.uk

筆者には誰だかわからなかったのですが、父親は俳優のハリー・コニック・ジュニアだそうです。そして彼がキスをしているのが8歳の娘。この写真がSNS上で拡散し、見た人たちが議論をする騒ぎに発展しました。

「子供にキスするもんじゃない。」唇にチュッとするのに反対している人達の意見は「性的だから。」だそうですが、そういう見方をしていること自体がどうかと筆者は思います。我が子ですよ?普通の親なら変な性的意識を持つはずないでしょう。

「いや、子供とのキスは大切なスキンシップだから必要。」という賛成派ももちろんいます。筆者もその一人。でも反対派は「じゃあ、子供が何歳になったら止めるの?」と言っているようですが、普通に考えて子供の成長に合わせてスキンシップの程度も自然に変わるんじゃないでしょうか。

子供の経験談を聞いてみると…

出典 http://www.dailymail.co.uk

「子供の時、両親や親戚のおじさん、おばさん、みんなにキスされて嫌だった。」という人もいます。反対派は「子供にキスをしたら、子供が戸惑ってしまうのではないか。」という懸念も抱いているようです。

戸惑うのは、恐らくあまり親しくない人にされたら、の場合ではないかと筆者は思います。例えば滅多に会わない親戚のおばさん、等。でも、これも頻度が違うと家族同様のスキンシップが行われることもあるので、個人差にもよると思います。

嫌なら子供も「NO」と言う

出典 http://www.dailymail.co.uk

物心ついている年齢なら、キスを不愉快に感じたら子供ははっきり言うはずです。でも愛情表現の一つとして育っている子供は、親がこんな風にキスをすれば自然に返すのが普通ではないでしょうか。

筆者の相方の従兄弟は、もういい年した大人ですが、70歳の叔母さんにたまに会った時など、口にチュッとキスしています。最初はその光景を見て「ただの叔母さんなのに!?」と思ってびっくりしましたが、欧米人ではこういうスキンシップは普通なんだろうな、と見方を変えました。

虫歯がうつるからキスはダメ!?

出典 http://theartofsimple.net

日本では、子供へのキスは虫歯菌がうつるからしない方がいい、という意見もありますよね。イギリスではその観念は全く持ってないです。これはきっと国の違いなんでしょうね。

ただ、ママがお腹に赤ちゃんがいる場合は、子供とのキスは避けたほうがいいということは過去記事でも描かせて頂きました。ママが感染症にかかりやすいのでお腹の赤ちゃんを守るためにも、暫くの間は大好きな子供とのキスも我慢したほうがいいでしょう。

ある医師は言います。「子供の中には早いうちからプライベートな部分に目覚めて興味を持つ子供がいます。口にキスをするとそれが刺激になる場合もあるのです。」多分、医師の言葉なので何らかの根拠があって言っているのだろうと思うのですが、だからって親子のこれ以上ない愛情表現を止めてしまうのは、返って子供を困惑させ、傷つけてしまうような気がします。

子供は「自分は愛されている」という自信がほしいもの

出典 http://www.smartrelationshipadvice.com

小さい時から、たくさんのスキンシップで育ってきた子供なら尚更、それをすること=愛されているという自信に繋がります。だから親も同じ気持ちで返すことが大切ではないでしょうか。

どのみち、思春期になったらきっとキスどころか、目も合わせてくれなくなったりするかも知れないので、今のうちに子供とのスキンシップをめいっぱい楽しむべきだと筆者は思っています!

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス