ミシュランガイドとは

ミシュランガイドは、1900年に最初のフランス版が発行されて以来、5つの約束を基にし、厳選した飲食店・レストランと宿泊施設を紹介しています。

出典 http://www.michelin.co.jp

その5つの約束とは、以下の通り。
(1)素材の質
(2)調理技術の高さと味付けの完成度
(3)独創性
(4)コストパフォーマンス
(5)常に安定した料理全体の一貫性

2007年にはアジア初となる東京版、そして2009年には京都・大阪版が発行されました!

三つ星 そのために旅行する価値がある卓越した料理
二つ星 遠回りしてでも訪れる価値がある素晴らしい料理
一つ星 そのカテゴリーで特に美味しい料理

出典 http://www.michelin.co.jp

今回は、これらの前提を踏まえ、私が実際に訪れて本当に感銘を受けた、京都の星付き3軒をご紹介いたします!

1 Resturant MOTOI【1つ星】

出典 http://kyotomotoi.blog

大阪2つ星 HAJIMEの元シェフが手掛ける、今注目の新星フレンチ店です。

元呉服屋をリノベーションした店内は、天井が高く、フロアもテーブルごとに十分な空間が確保されており、優雅な気分に浸ることができます。

ラタトゥイユのシャーベットを使用した冷製スープ、フォアグラにちりめん山椒とバニラビーンズをあしらった前菜など、まさに度肝を抜かれるような逸品が次々と運ばれてきます。

その中でも、特に印象深かった料理がこちら!

『すっぽんのパネ』

なんと、すっぽんの煮こごりの周りにセモリナ粉をまぶし、さっくりと香ばしく焼き上げられた、なんとも前衛的な逸品!

下には、すっぽんの出汁が凝縮した米粒状のパスタが敷かれ、中華料理出身のモトイシェフならではの発想と腕が光る、珠玉の一皿でした。

『豚肩ロース たっぷりのお野菜と共に』

安全な飼育環境で育てられた豚を使用、低温でじっくりと火入れされているため、ナイフがすっと入るほどの柔らかさです。

しかし、一番の衝撃は添えられている京野菜たち!
なんと、全て異なる調理法を採用しているそうで、ここでもシェフの底知れぬ才能を見せつけられます。

なんと、星の獲得を予言していた方も!
2つ星になる日も近い?!

2 露菴 菊乃井

本店は言わずと知れた、京都3つ星の菊乃井です。

阪急河原町から徒歩圏内と交通の便もよく、いつも予約で満席の人気店です。

露菴の魅力は、なんと言ってもパフォーマンスの高さ!
実際に料理に使用される食材を、目の前で見せてくれるのです。

例えば、こちらの瑞々しい壬生菜が…。

『湯葉饅頭』

生姜が薫る、湯葉饅頭を彩る一品へ。

さらに、立派なこちらの聖護院大根は…。

『焚き上げ』

イカつくね、厚揚げとともに、粕汁風の焚き上げへと姿を変えました。

毎日朝摘みされた、新鮮な京野菜だからこその逸品揃いでした。

3 祇園 さヽ木

八坂通りにある、言わずと知れた名店です。

昼の部は、12時を迎えると一斉に配膳が開始される、『さヽ木劇場』が見ものです。

『スズキの焼き物』

火を通した肉厚のスズキに、タデと梅肉のソースをあしらった一皿は、まるで宝石箱のよう…。

一見すると、日本食とは思えません。

『トマトとしめじの炊き込みご飯』

ご飯ものには、土鍋の炊き込みご飯が供されます。

こちらでも、全客席へ見せて回られるなど、最後まで抜かりのないサービス精神が感じられました。

佐々木さん自らがお客様に声をかけるなど、終始和やかな空気に包まれていました。

まとめ

今回ご紹介した3軒ともが、冒頭の5つの約束を高い水準でクリアしていると感じました。

また、昼の部と夜の部では、パフォーマンスが大きく異なりますが、お店の雰囲気を味わうには、十分過ぎるクオリティだと思います。

2016年版が10月に発売されることで、さらなる賑わいを見せることが予想されるミシュランガイド。

ますます予約が取れなくなってしまう前に、お気に入りのお店を見つけて、今のうちに訪れてみはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

ayano このユーザーの他の記事を見る

ワインをこよなく愛する、食いしん坊OLです。
大阪を拠点に、地元の絶品グルメを求めて、全国へ出没します♫

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス