キッシュといえば、野菜などの具材を炒めて、パイ生地に具材と卵・生クリーム・チーズを流し入れてオーブンへ。ケーキのような見た目とチーズの香ばしい焼き色。

女性の好きなオシャレな洋風惣菜のひとつですよね。ランチにしたり、ワインのおつまみにしたり、持ち運びも出来るので人気です。

ただ気になるのがその脂肪分!バターたっぷりのパイ生地や、チーズや生クリームのこってりした美味しさが魅力でもあるキッシュは、やはりカロリーが上がってしまいます。

ダイエット中だけど満足できるキッシュが食べたい…そんな方や、動物性食品を控えている方にオススメしたいのが豆腐を使ったキッシュです!

キッシュ生地をオリーブオイル作成し、水切りした豆腐をクリーム状にして焼き上げます。通常のキッシュよりもしっかりとした食べ応えで、優しい味わいです。やはり嬉しいのは、ヘルシーなこと!今回は卵・乳製品・動物性食材を使わずに作れるレシピをご紹介します。


キッシュ生地と豆腐クリームさえ覚えれば、具材はお好みのものでアレンジも出来ますよ!

具材にオススメなのが、きのこを使うことです。香りが強いので野菜のみよりも香りに広がりが生まれ、コクも感じやすくなります。

人参と舞茸の豆腐キッシュ

【卵・乳製品・動物性不使用】にんじん丸ごと1本を豆腐クリームと合わせてキッシュに。素材の味を感じる、素朴で優しい味わいながらお酒も美味しくいただけます。

【材料(1台分)】
キッシュ生地   1枚
豆腐クリーム   全量
にんじん     1本
舞茸       1/2パック
ココナッツオイル 小さじ1
塩        ふたつまみ
おろしにんにく  1/2片分

1 キッシュ生地を焼く

【材料(18㎝タルト型)】
小麦粉      1カップ(200ml)
オリーブオイル  大さじ2と1/2
ぬるま湯     大さじ3
塩        ひとつまみ

【作り方】

1 ボールに生地の材料を全て入れる。 手の指を下にして一気に混ぜる。

2 ある程度まとまったら、こねて一塊にする。 打ち粉をして生地を型よりも大きく棒で伸ばして広げる。 

3 型にはめ、棒を転がすと無駄な生地が取れ作りやすい。

4 底にフォークで空気穴を数か所あける。

5 オーブン(またはトースター)で200℃で10~12分生地を焼く。

2 豆腐クリームを作る

【材料(作りやすい量)】
木綿豆腐  1丁(350g)
味噌    大さじ1
酢     大さじ1/2

1 【豆腐を水切りする。】 木綿豆腐は耐熱皿に置き、レンジ600Wで2分加熱。 取り出して重石をのせて(お皿でOK)、約40分ほど置く。※途中お水がたっぷり出るので、数回お水を捨てて下さい。

2 ペーパーで①の表面の水気を拭き、ちぎりながらミキサーに入れる。 味噌・酢と一緒に滑らかになるまで撹拌する。

3 にんじんは皮をよく洗い、1本すりおろす。舞茸はほぐしておく。

4 フライパンに油を入れ、③とニンニク・塩を入れしんなりするまで炒める。

5 ④と豆腐クリームを混ぜ合わせ、①の焼きあがった生地に入れ、ならすように生地を敷き詰める。

6 180度のオーブンで40分焼いてできあがり。

にんじんをすりおろして入れたことで、卵を入れたような黄色っぽい色合いに。舞茸は香りが強いのでオススメです。味わいに和を感じると思うので、日本ワインなどと一緒に合わせてみてはいかがでしょうか。朝食やランチにももちろん、オススメです。

いかがでしたか?キッシュはこってりとしてダイエットにはあまり向かないように思えますが、工夫次第でヘルシーになります。ぜひお試しください!

ブログではヘルシーな野菜好きなヘルシーおつまみレシピを日々綴っています。

この記事を書いたユーザー

紀子 このユーザーの他の記事を見る

JSA認定ワインエキスパート
少人数制ワインサロン主宰
ワインライフを豊かにするコツをブログとサロンで発信中。
ワインタイプ別(スパークリング・白・ロゼ・赤)におつまみを創作しブログに綴っています。
ブログ:http://ameblo.jp/norikostyle2/

得意ジャンル
  • グルメ
  • 料理
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら