我が家の長男5歳。とても甘えベタです。まだ幼いうちから次々下が生まれ、

甘えたくても甘えられない。

構ってほしくてもなかなか構ってもらえない。

兄弟げんかをすれば、いつも自分が怒られる。私自身も妹弟の面倒を見てくれる、怒りすぎた…と自己嫌悪になってる私に対してケロッと笑顔で接してくれる長男に、甘えてしまってるな…と、ものすごく思います。

そんな時に出会った絵本

くすのきじげのりさんの『おこだでませんように』です。

怒られてばかりの男の子のお話なんですが、初めて読んだとき、号泣してしまいました。いまでもこれを読むたびに、胸が締め付けられます。

そして、長男にも、同じように寂しい思いをさせてしまってるんだろうなと…。下の子たちと同じように、長男にも、甘えさせてやらないと。

でもそれって、ちゃんと意識しないと、ついつい忘れてしまいがちで…。

でも、すごく大事な事。

スキンシップの大切さ

毎日ガミガミ怒ってしまっている私は、そんな思いから、長男にもスキンシップしようとしたんですが…

いや、彼なりの照れ隠しなのは十分分かってますよ。でも、一瞬固まりました(笑)

この後、末っ子にするみたいにぶちゅぶちゅしたら、

「ぐへへへへ~」

ととても恥ずかしそうにしていました。
その後ぎゅーっと抱きしめると、穏やかな、とても嬉しそうな顔をして、

「お母ちゃん、ありがとう。」

と…。いつも怒ってばかりで、なかなか構ってやれないこんな母に対して、優しい言葉をかけてくれた長男。これには思わず涙が。
普段の自分の行いを反省し、抱きしめること、スキンシップの大切さを改めて思い知らされました。

まだまだ可愛い5歳児

生意気な5歳児といえど、まだまだ可愛い時期。

やがて彼も大きくなり、そのうち、「ウザイ。」とかいって、相手にもされなくなるんでしょうね・・・。今のうちに、たくさんスキンシップしようと思います。

本当に、この絵本には色々と気づかせてもらいました。とてもいい絵本に巡り会えたなと思う母ちゃんなのでした。

【母ちゃんおすすめ記事】

この記事を書いたユーザー

ホリカン このユーザーの他の記事を見る

年中空回っている4児の母ちゃんです☆自身のブログ記事を中心にアップしております。
どうぞよろしくお願いいたします!!
ブログ『空回り母ちゃんの日々』http://ameblo.jp/egaogakawaii88

権利侵害申告はこちら