ラテアートは難しそうだけれど…。

キレイな模様がコーヒーカップの上に踊っている姿は、飲むのをためらってしまうほど美しいことが多く、自分でチャレンジしてみたいと思っても難しそうだからと感じて手を出しづらいですよね。

キレイなラテアートは年々多くなり、その技術は目を見張るものがあります。コーヒーショップのコーヒーは美味しいですが、単価も高いので毎日飲むわけにもいきません。そこで、自宅で楽しもうと考えますが、ラテアートまでチャレンジとなると難しいそうですよね?

そこで、自宅で簡単ラテアートをご紹介します。

ラテアートって何?

ラテアートとは、カフェラテを作る際のエスプレッソにミルクを注ぐ過程で、注ぎ方をちょっと工夫して表面に絵を描くことです。これはミルクの対流を利用して絵を描くもので、作るのに技術が必要です。代表的なものとして、ハートやリーフが挙げられます。

出典 http://www.kawai-alumni.jp

ラテアートとは、ふわふわのカフェラテの一番上にミルクを注ぎいれる際に絵を描く技術だそうです。この本格的なラテアートはバリスタが行うことが多く、素人では難しいためスクールまで存在します。

デザインカプチーノは初心者にオススメ♡

デザインカプチーノとはカプチーノの真っ白な表面に絵を描くことです。これはカプチーノの表面にチョコレートソースやココアパウダーなどを使って絵を描くので、泡が消えないうちに素早く描けば、初心者でも簡単に可愛いものが作れます。文字なども書けるので工夫しだいでいろいろなものが描けます。

出典 http://www.kawai-alumni.jp

こちらのデザインカプチーノは、私でもできました(笑)スーパーのお菓子作りコーナーにあるチョコレートの液状になったペンを購入します。そのチョコレートを、出来上がったカプチーノの上に垂らして、爪楊枝で絵を描くというスタイルです。

詳しい方法は下にある動画をご覧ください♡

ラテアートの発祥の地・発展した歴史とは?

このラテアートやデザインカプチーノの発祥はどこなのでしょうか。答えはやはりコーヒーの本場イタリアです。しかし発祥の地はイタリアですが、ラテアートをカフェにおけるパフォーマンスの一つとして広めていったのは主にアメリカです。

それが、日本で広まった理由の一つとしては、日本人は細かい作業が好きということが挙げられます。現在ではラテアートの美しさを競う競技もあります。

出典 http://www.kawai-alumni.jp

ラテアートの発祥はイタリアなのだそうですが、発展したのはアメリカだとか。アメリカはカフェ大国というイメージがありますが、そういった面からも発展は大きかったのではないかと感じます。

その後日本に来て広まったのは、日本人の細やかさや繊細な作業を得意とする文化ゆえの部分が影響し、日本での技術が高まりラテアートが発展していったのではないでしょうか。

バリスタとは?

バリスタとは、コーヒーのソムリエだという人もいますが、もともとバリスタ(barista)とはイタリア語で 「バール(bar)でサービスをする人(~ista)」という意味なんだそうです。

バールにかかせないのがエスプレッソです。その味を守り続けるのがバリスタです。豊富な経験と確かな技術。そして、お客様を温かく迎えいれ、気持良く店から送りだす。コーヒー抽出の職人であるとともに、おもてなしのプロでもあるバリスタは、まさにバールの看板でもあります。

出典 http://shikaku7.sakura.ne.jp

ラテアートを作る人を「バリスタ」と呼んでいますが、ラテアート職人というわけではないそうです。そもそもバリスタとはバーでサービスをする人という意味だったそうです。

「バリスタ」と聞くとすごくかっこよく感じますし、コーヒーのスペシャリストのような気がしますよね?実際、バリスタはコーヒーの知識が豊富であり、お客様へのおもてなしを求めらえる立場の人だそうです。

つまり、ラテアート職人=バリスタというわけではなかったようです。

バリスタはコーヒーを入れるだけの仕事?

エスプレッソ系ドリンクをいれるバリスタ。これだけで職業として成立している事例は日本ではほとんどありません。

マスコミでバリスタと呼ばれている人は、店舗の経営全般を行うオーナーバリスタである場合や、企業の従業員としてバリスタ業務の指導をしているインストラクターである場合が多い

出典 http://shikaku7.sakura.ne.jp

コーヒーの知識を豊富に勉強し、ラテアートを極めてもそれだけで事業成功というのは難しそうです。バリスタであるからこそできる店をオープンさせるなど、あくまで基盤となるのがバリスタという業務であるということであり、バリスタという職業というのは難しいようです。

おうちで簡単ラテアートを楽しもう!

出典 YouTube

ドルチェグストを使用したラテアートです。チョコソースで行う簡単な方法ですので、お子様でもできます♡

出典 YouTube

少しだけ難しいけれど、うまくチョコソースを流せたらできました♡

立体的なラテアートがすごい!どうやって飲むの?!

立体的なラテアートもあるそうですが…クマさんが見つめてる!飲めないよ!(笑)

出典 http://www.gettyimages.co.jp

猫さんがいっぱい!コーヒーの温泉につかってる?!

出典 http://www.gettyimages.co.jp

チワワですよね…。あまりにリアルなど生首に見える(汗)

この記事を書いたユーザー

ぽんたす このユーザーの他の記事を見る

山の麓に移住しスローライフを楽しみながら記事を書くWebライターです。
お役立ち情報など、色々な話題を発信中!

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • 美容、健康
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス