好きな人もそうでもない人も、猫の画像や動画を見るとなんだか癒されますよね。最近はかわいいだけでなく、ブサ顔だったりおっちょこちょいだったり、どこかヌケた猫ちゃんたちが人気です。

今回は、猫好き・マンガ好きなSpotlight編集部がおすすめする、かわいいというよりもなんだかジワジワくる味わい深い猫マンガ5作を紹介します。猫だけでなく、飼い主や相棒がなかなかくせ者な作品も必見です。

1. 主人への気遣いはまるでオカン『おかゆネコ』

出典「おかゆネコ」©吉田戦車/小学館

ひとり暮らしの青年サラリーマン・菊川八郎。彼のもとへある日突然やってきたのは、なぜか人語を解するネコ。その名もツブ!都会生活により、生活習慣や食生活の乱れたご主人のため、ツブは日々、賄う。"おかゆ"を! 猫舌だけれども!!!

出典 http://www.cmoa.jp

ある日突然、息子に飼い猫を預けて長期旅行に出かけた八郎のご両親によれば、飼い猫のツブは「1年ほど前にしゃべり病にかかった」のだそうです。そしてツブは預けられた初日から、30代独身で荒れ果てた食生活を送る八郎を気遣って、体にやさしい“おかゆ”を煮てあげるのです。

出典「おかゆネコ」©吉田戦車/小学館

「タラに含まれるグルタチオンという栄養素には強肝、美肌などの効果がある」など、管理栄養士さながらの知識を披露しながら慣れた手つきで“おかゆ”を煮るツブの姿は、まるでオカンのよう。こんなネコ、うちにも欲しい。(編集N・30代独身)

出典Spotlight編集部

タラのおかゆ、海苔のおかゆ、茶がゆなど、滋味深い“おかゆ”の数々とツブの味わい深い表情には、癒しを超えた安堵感・実家感すらおぼえます。お母さんやおばあちゃんの手料理が食べたくなる…そんな望郷の念あふれる猫マンガです。

2. 血統書付きのプロレタリアン・ロシアンブルー『クレムリン』

出典「クレムリン」©カレー沢薫/講談社

労働を拒否し続け、大学では留年を繰り返しながらもいつの間にか大手化粧品メーカーに勤務してしまうという青年・却津山春雄(きゃつやまはるお、通称キャッツ)。猫耳帽とNEKOジャージを着用し、肉球ストラップ、着信音は猫の鳴き声、自宅アパートには猫型ちゃぶ台と、どうみても猫好きなのに「猫好きではない」と言い張るあまのじゃくな青年に拾われた血統書付きの3匹のロシアンブルーが主人公という、大変シュールな猫マンガです。

出典「クレムリン」©カレー沢薫/講談社

労働嫌いな飼い主・キャッツと、血統書付きロシアンブルーなのに捨て猫というプロレタリア猫が繰り広げるシュールなやり取りは、ジワジワの真骨頂!

飼い主・キャッツが無駄にイケメンに描写されているのに反し、ザツに描かれているのに味わい深く、地味に芸達者なプロレタリア猫たちにハマること間違いなしです。ジワるわ〜。(編集T・20代独身)

出典Spotlight編集部

3. 『さかな&ねこ』

出典「さかな&ねこ」©森井ケンシロウ/竹書房

出典「さかな&ねこ」©森井ケンシロウ/竹書房

登場人物が普通名詞。ぐうの音も出ません。

お魚くわえたどら猫。そう、猫の食糧といえば魚。そんな食物連鎖の摂理の下に成り立つ猫と魚の関係性を、こんなにシンプルな線画とたったの4コマで破壊してしまっている実に恐ろしい猫マンガなのです。

出典「さかな&ねこ」©森井ケンシロウ/竹書房

4コマの中では、先生と生徒、先輩と後輩、彼氏と彼女、店員と客など、何でもないような日常の関係性を魚と猫が演じています。しかし、毎回“猫に食われる魚”で帰結…。

一見仲良しで一見対等、ほのぼのと描かれた関係性に、結局は猫(強者)>魚(弱者)という抗えない宿命を垣間みてしまう奥深い作品です。下克上は幻…。(編集F・40代独身)

出典Spotlight編集部

4. 『猫とふたりの鎌倉手帖』

出典「猫とふたりの鎌倉手帖 」©吉川景都 2015/新潮社

人気の猫マンガ『片桐くん家に猫がいる』の最新作。片桐くんと同僚の加藤さんが結婚し、ハツ、ぎあら、ミノ、ユッケ、サンチュという焼肉メニュー名が付けられた5匹の猫とともに鎌倉に引っ越してきたところからストーリーは始まります。

出典「猫とふたりの鎌倉手帖 」©吉川景都 2015/新潮社

慣れない場所に引っ越してきてあたふたする新米夫婦、やんちゃな5匹の猫たちの会話、ご近所のおじいさんや猫とのふれあいもさることながら、美しい鎌倉の街並や風景描写も見どころ。

いいな〜かわいい猫たちと鎌倉に住みたいな〜。そんな気分になる叙景的な猫マンガです。(編集M・30代既婚)

出典Spotlight編集部

5. 破壊力ハンパない…戦慄の画力『よん&むー』

出典「伊藤潤二の猫日記 よん&むー」©伊藤潤二/講談社

眼光鋭くキリッとした日本猫の「よん」、上品な顔立ちの外国種「むー」。ご覧のとおり、大変美しい猫ちゃんたちが主役の猫マンガですが…

出典「伊藤潤二の猫日記 よん&むー」©伊藤潤二/講談社

飼い主はこちらのカップル、J君とA子。先ほどの紹介した『猫とふたりの鎌倉手帖
』のさわやかカップルからは急転直下の戦慄カップルに、一瞬震え上がります。

出典「伊藤潤二の猫日記 よん&むー」©伊藤潤二/講談社

それもそのはず。『よん&むー』の作者はホラーマンガ界の巨匠・伊藤潤二先生なんです。

猫好きな白眼のA子さんに対して、血走った眼で「本当は犬派」と心の中でつぶやき答えるJ君。このあと突然猫好きになるのですが、その豹変っぷりたるや…キャァァァーッ!!(編集K・20代既婚)

出典Spotlight編集部

いちいち恐怖な飼い主の表情とは裏腹に、ストーリーは至ってコミカルというギャップも楽しめる新感覚の猫マンガ。絶叫&爆笑覚悟で続きをチェックしてみてください。

いかがでしたか?

一口に猫マンガといっても、癒し系だけでなくシュール系にホラー系、様々ありますね。猫好きな人もそうでもない人も、今回紹介した味わい深い猫マンガで読書の秋を楽しんでみてください。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス