記事提供:秒刊SUNDAY

毎年キラキラネームが発表されるたびに「なんて読むのだ」と疑問に感じることは多いのですが、今年もそんなキラキラネームが出揃ったようです。

リクルーティングスタジオ株式会社が「2015年上半期キラキラネームアクセスランキングベスト30」を発表!あくまでアクセスランキングなのでこれが実際に多く付けられているというわけではないが、実績はあるようで恐ろしい世の中だ。

―王者「黄熊(ぷう)」は落下

同企業が調査した「2014キラキラネーム」に関して最も閲覧数の多かったものは「黄色い熊」とかいて(ぷう)である。もはや日本語でもないし、漢字の当て字でもないという衝撃的な名前ではあるが、なんとこの結果が2015年は覆されてしまった。

<2014年キラキラネーム>

1位 黄熊 ぷう
2位 今鹿 なうしか
3位 皇帝 しーざー、ふらんつ など

ベストオブキラキラネーム2014は「黄熊(ぷう)」あまりにヒドイと話題に

で、2015年のベストオブキラキラネームはこちらとなった。

1位 苺愛 いちあ、べりーあ など
2位 皇帝 しいざあ、ふらんつ など
3位 黄熊 ぷう
4位 星凛 きらり、あかり
5位 唯愛 いちか、ゆめ など
6位 永恋 えれん
7位 空蒼 くう、あせい など
8位 志暖 しのん
9位 華琉 甘かるあ
10位 絆琉 はる、ほたる

1位は「苺の愛」と書いて「いちあ・べりーあ」である。「ぷう」よりは飛躍的に可読性は強まったが、あいかわらず2位には皇帝と書いて(しいざあ)、そして3位にぷうは残っている。

実際にこのような名前の人物に会ったことはないわけですが、このような名前が当たり前に付けられる時代がほんとうに来たら世の中はどれほどまで様変わりしているだろうか。

―ネットの反応

・どこからがキラキラネームかわかんなくなる。と、最近回ってくるRTを見て思う
・キラキラネーム 今鹿でナウシカ 今でナウか
・その漢字でその読みかよ
・是留舵(ぜるだ)聖なる力を持った某ゲームみたいなヒロインは現実には無理です
・キラキラネーム全否定
・危うくキラキラネームになるとこやった
・重魂
・それにしても双子がキラキラネームじゃなくて安心した
・じゅうこんは キラキラネームですか?
・なんとかキラキラネームはさけられたようです
・キラキラネームだけはつけたくない
・良かった良かったキラキラネームじゃなくて
・否定はしないけど自分は好きじゃないなこれ
・よかったキラキラネームじゃなくて
・わいの名前キラキラネームランキングに入ってるんだが

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス