スポーツアイテムとしてはまだまだ新入りの「スポーツブラ」を紹介します。スポーツブラがいかにスポーツに適しているか、またバストを揺れから守る為にどれほどの効果があるのでしょうか?

■いつごろからバストケアは必要?
 小学校や中学校、しっかりとしたブラジャーを付けるまでの間、なんとなく自分のバストが揺れてしまっていないかと、周りからの目を気にしたりした経験あるのではないでしょうか。「揺らすと垂れる」と言われ、戸惑っている方も多いかと思います。実は今も「6割の女性が揺れがバストの下垂を招く」という事実を知らずに生活をしているとの調査結果がでています。バストが大きく膨らみだした頃から、本来はバストケアが必要ということになります。特に年齢の若い方の方が圧倒的にアクティブで活動量も多いことを考慮すると、早めに正しいブラジャーを着用しましょう。(もちろんヒップのケアも同時に行うことがベスト)


■何故揺らしてはいけないの?
 人体の中で自然治癒をしない唯一の組織、「クーパー靭帯」の存在が 肝心です。この靭帯は、バストの乳腺組織、脂肪組織などをひっぱる網の目状の組織で、網の目のように脂肪や乳腺組織をつつみ込みながら維持をしている、吊り橋の糸のような組織。この靭帯は筋トレなどで鍛えることはできないため、一度切れてしまえばそのまま、バストの下垂に直結してしまう大切な組織!揺れるたび揺さぶられた靭帯はプツプツと切れていってしまうのです。もちろん、皮膚のハリや、ベース筋肉を鍛えることである程度のバストアップは見込めますが、まずはバストを揺らさず、網状の組織をしっかり保護してあげることが大事です。


■運動時バストはどのくらい揺れているの?
 英国のある大学の調べによると、バストの大きさには左右されず1.5kmを走り続けると、バストは約3500回上下に揺さぶられ、その最下部と最上部の位置の差はなんと9cmに及ぶことが分かりました。3500回もこれほどの大きな揺れ幅で揺さぶられれば、バストへのダメージは・・・例えば皇居ラン(一周5km)をすると、約1万回以上もバストが揺れているということに・・・

■スポーツブラの威力!
 ではスポーツの時は、いつものブラでも問題ないのでは?という声も良く耳にします。半分正解、半分不正解というところ。ノーブラ時の揺れの1/3は通常のブラでも制御できるという調査結果もでており、通常のブラジャーでもほとんどの揺れをカバーする事が出来ていると言えばそうなのですが、本来日常生活で着用しているブラジャーは徒歩以上の大きな揺れや、左右の揺れを想定して設計はされていないのです。1/3カバー出来たとしても残りの2/3は避けられていないというのが現実なのです。
 スポーツブラを着用した場合の実験では、揺れの「7~8割を抑えられている」という調査結果が出ているそうです。ただしこの結果は「専用の」ブラを付けた場合のデータです。いくらノンワイヤーブラだからといって、ブラトップのような補整のないものや、三角ブラの様な肩ひも、胴回りが華奢なものは、ほぼノーブラと変わらないですよ。下垂を防ぐにはやはりスポーツ専用のブラを着用しましょう。


揺れない事以外にはこのような効果があります。

<吸湿速乾性>
 汗を素早く吸収、また乾燥させるため汗による冷えや、また汗がなかなか乾かず続くべとべと感を緩和してくれる素材のものが多くあります。

<安定のYバック>
 通常のストラップよりも、Y型に肩ひもを配置しているものは、より激しい運動でもストラップがズレず安定を保つ事ができる設計になっています。

<動きやすい>
 通常のブラなどはスポーツをする想定で設計させていません。伸縮性などももちろん日常生活の範囲内を想定して設計されていますので、大きな動きをするスポーツをされる際は、ストレッチ性に長けたアイテムを選ぶとより快適にスポーツに集中できますね。



 スポーツブラは、通常ブラ程サイズが細かく分けられておらず、S~LLといった大まかなサイズ展開となっています。メーカーによっては、S,M,Lといった基本サイズ+カップ数を追加した規格で製造をしていたり、また海外サイズで表記されている製造元もあります。必ず見た目で判断せずに、サイズ表や店員さんに事前に確認をすることが大切です。

もし既にお手持ちのスポーツブラに違和感を感じている場合で、特に以下のようなサインがある場合は「小さめのサイズ」を付けてしまっている可能性があるので、見直しが必要です。
・胸元が押しつぶされていて苦しい
・谷間がくっきりと出来ていて、ブラからバストがややはみ出しているように感じる

 以下のようなサインが出ている場合逆に大きすぎる可能性があります。
・カップの先までバストがしっかりはいっておらず余っている
・カップにしわが出来ている
・ストラップが落ちてくる、ズレる
・アンダーがズレて回ってしまったり、上がってきたりする

 スポーツブラは通常のブラと同じ、もしくはそれ以上にフィット感が大切。正しいサイズをしっかりチェックした上で、フィッテイングしましょうね。

*下着のオンラインフィッテイングならFITTY(フィッティ)*

この記事を書いたユーザー

たなゆみ このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • スポーツ
  • インターネット
  • 美容、健康
  • ファッション

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス