記事提供:秒刊SUNDAY

今からおよそ5000年前、マヤ文明というものがメキシコに栄えていたそうですが、その頃の文明は一体どのようなものだったのでしょうかね。

現在発掘されている遺跡を見てみるととても現代的なパソコンやスマホといった技術には到底及ばず、とはいってもその頃の天文学は今のカレンダーの基礎となっている非常に緻密で数学的な理論に基づいていた事は間違いありません。

こちらがコスタリカにある博物館に置いてあるマヤ文明の彫刻だということです。顔の部分がなんと2次元バーコード風のものとなっており、今ソーシャルメディアで謎すぎると話題となっているのです。

2次元バーコードは1994年にデンソーが開発したもので、とてもマヤ文明の頃にあったとは思えない。

がしかし実際にこのように存在することを踏まえてしまうと、既に2次元バーコードがマヤ文明の頃からあったのか、もしくはそれをベースに開発したのかどちらかだ。

で、肝心のこのコードを読むとどうなるかですが実際によんでみました。

なんと読める!しかも読めるだけでなくサイトに繋がるわけです。つながるサイトは、アルテックメキシコという電子・電気部品を扱うオンライン小売業者。

↓つながったサイト

何故2次元バーコードが石像に埋め込まれていたのか、そもそもその次代にそんなものがあったのだろうか。ある意味これは新しい「オーパーツ」ではないのか。

信じるか信じないかはあなた次第。

出典 YouTube

出典:Area Zone 51 & UFOs

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス