出典 http://www.gettyimages.co.jp

記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
皆さんは、突然おそってくる”偏頭痛”を経験したことはありませんか?
Doctors Meには実際にこのような相談がありました。

■相談者(26歳/男性)

15、16歳の頃から…急に来る!偏頭痛に悩まされています!
具体的に、言うと…一度偏頭痛になると、毎日決まった時間に来て…忘れた頃に!
治っています!だいたい!3~5日の間!

出典 https://doctors-me.com

■相談者(25歳/男性)

私は偏頭痛に悩ませられてます…酷い時は毎日のように頭痛薬に頼りますちょっとでも、和らげて不安のない生活はできないでしょうか?

出典 https://doctors-me.com

偏頭痛は日々の生活の悩みの種ですよね。
今回はそんな偏頭痛について、医師に聞いてみました。

■ 日本人の約8.4%が偏頭痛を経験

偏頭痛発作とは4~72時間続く、片側の拍動性頭痛が一般的とされていますが、両側性非拍動性の発作も存在し、頭痛のせいで日常生活に支障をきたしてしまうことが特徴です。

嘔気を伴ったり、感覚が過敏になりすぎてしまったり…、中には階段を上る程度のことで、頭痛が増強してしまうこともあるほどです。そんな頭痛が仕事中や大切な時間に起きてしまっては、大変な支障をきたしてしまいますよね。

片頭痛に有効な"2つの療法"と、予防として知っておきたい“頭痛体操”をお教えします。

■ 療法1:頓挫療法

頭痛発作の起こった時に症状を治める療法です。鎮痛剤の使用をもって行います。

その鎮痛剤の上手な使用方法として、発作が生じたらなるべく早くに使用することが、薬剤の効果を十分に発揮しやすくさせて頭痛の強度を上げないために大切なポイントとなります。つまり、少しでも発作用の症状が出たら、我慢せず素早く鎮痛剤を用いましょう

■ 療法2:予防療法

頭痛発作を起こりにくくし、起こったとしても軽くすむようにする方法です。

頭痛発作の回数を半分以下に減少、さらに頭痛の強度には個人差があるものの、日常生活に影響しない程度にまで、抑えることができるとの報告があります。
この予防療法には
・頭痛体操
・Ca拮抗薬
・β遮断薬
といったものがあります。


≪それは単なる頭痛…??≫
1分でできる【偏頭痛】無料チェック!

■ 偏頭痛の予防に有効な“頭痛体操”にトライ!

出典 https://doctorsme-production.s3.amazonaws.com

以下のステップを行うだけで症状を改善することができます。目的は、肩と首の筋肉をほぐすことまずは、手軽に行える、この頭痛体操を習慣化することから始めてみましょう。

ステップ1:
首を大きくまわす事を左右とも5回ずつゆっくり行う。

ステップ2:
両ヒジを軽くまげて肩を中心にヒジを大きく外側に、6回ずつまわす。肩の筋肉がゴリゴリといったらしめたもの。

■ 頭痛と上手につきあうことが大切

頭痛をなくすことを求めすぎることは得策ではありません。
うまく偏頭痛と付き合っていけるようにしてみましょう。頭痛のせいで1カ月に10回以上の市販薬であれ鎮痛剤を使用する方は、病院へ受診して予防療法を行うことで、生活の質が格段に向上すると思われます。

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス