毎日つかう日用品。でも毎日使うだけになんだかんだ使い続けてしまって、なかなか替え時がわからないことありませんか。本当はとっくに替え時なのについ使い続けてしまっているなんてこともあるかもしれません。ということで、特に毎日使うもの日用品5つをピックアップして、その替え時と長持ちのコツをまとめました。

歯ブラシ(約1ヶ月)

出典 http://www.gettyimages.co.jp

毎食後、1日3回歯磨きをした場合、歯ブラシの寿命は約1か月と言われています

たとえ1か月未満でも、歯ブラシは毛先が広がったら寿命といわれています。

毛先は歯ブラシの命。すぼまった毛先だからこそ歯の汚れや歯垢を書き落とすことができるのですね。毛先が広がれば、弾力性も汚れをかきだす能力も落ちます。つまり、毛先が広がった歯ブラシでいくら丁寧にブラッシングをしても歯はきれいになりません

出典 http://i-scdc.jp

歯ブラシは100円ぐらいで買えるので、こまめに変えましょう!

男性物の下着(洗濯約70回)

「はっきりとは言えませんが、洗濯回数70回前後を目安に交換していただければと思います。もちろんそれ以前に穴が開く場合もあると思いますので、それはお客様の判断にお任せします」

出典 http://www.excite.co.jp

男性物の場合。某下着メーカーさんの話。洗濯回数70回前後というと、毎日履いて洗濯しても2カ月以上。5枚のローテーションでまわしていれば10カ月以上。さらに10枚でまわせば1年半以上はもつ…という感じです。

なお、女性物はまちまちですが、ブラジャーは、着用100回前後が目安。ショーツはゴムの伸び具合を見て判断するとのことです。

眼鏡のレンズ(最短2年ほど)

出典 http://www.gettyimages.co.jp

市販されているメガネのほとんどは「プラスチックレンズ」のメガネ。
同レンズの場合は約2~3年で、レンズ表面の反射防止コートが部分的に剥がれてきてムラがでてきてしまうようです。そうなる前に替えましょう。

一方、「ガラスレンズ」を使ったメガネの場合は少々お高いですが上手に使えば10年以上使えるみたい。耐久年数を考えれば、コスパはこちらのほうが高いかも。

1. 60℃以上の熱や急激な温度変化は避けましょう
 *夏の車での保管・ドライヤー・冬の露天風呂・サウナ
2. なるべく乾拭きは避け、クリーナーなどで湿らせた状態で拭くのがベストです
  *乾拭きはキズの原因になります。強い力で拭かず、やさしく拭きましょう。
3. 汚れがひどいときは中性洗剤(ママレモンなど)で水洗いをしましょう
 *石鹸・シャンプー・ボディソープはレンズを痛めます。(アルカリ性・酸性)
4. 濡れたまま放置するとシミになり取れなくなります。水分はすぐ拭き取りましょう。
5. メガネクロスはきれいに手洗いして下さい
 *他の洗濯物と一緒ではなく、手洗いして下さい。

出典 http://www.lensya.com

プラスチックレンズをできるだけ長もちさせるなら、こういった注意点をまもりましょう

お箸(約1年)

作る側からの使用期間って一年位って見ています。昔はお正月に新しいお箸に替えていましたよね。箸先の先端の塗料が少しずつ磨耗して剥がれてきます。それからしばらくすると箸先の口に入れる部分が白っぽくなったり黒ずんできます。この頃が取替えの目安ではないでしょうか

出典 http://takehashiya.seesaa.net

「塗りが剥げて黒ずむまでがお箸の寿命」という考え方が一般的で、そう考えると、およそ1年くらいが替え替え時のようです

塗装が剥がれて黒くなってくると水分を吸ったところから雑菌が繁殖しやすかったりします。
じゃあ長く使えるようにするには、やはりたわしでゴシゴシはダメ、箸どおしをガチャガチャこすり合わせるのもダメです。スポンジで洗って汚れを落としたらすすいで布巾で拭き取るようにするとずいぶん長く持ちますよ。

出典 http://takehashiya.seesaa.net

いいお箸を使っている方は特に洗い方を気をつけると長持ちするかもですね

台所スポンジ(月に2回~4回)

米クリーブランド・クリニックの健康事業部の環境科学や予防医学に詳しいドクター、スコル氏によると、新品のスポンジにはほとんどバクテリアは付着していないけれど、通常の使用を2~3週間続けた後は、家中で一番汚いものになり得るとのこと。

また、米アリゾナ大学が過去10年間に渡り行った調査によるとによると、スポンジは1平方インチあたり1000万個のバクテリアを抱え、トイレのシートの20万倍汚いとか…!

出典 http://woman.mynavi.jp

ちょっと知らなきゃよかったと後悔する情報…

冬場は気温が低いことから、やや眺めにスポンジの衛生を保てるものの、スコル氏は気温にかかわらず、月に2~4回スポンジを取り換えることを勧めています。「少しでもべたべた、ぬるぬるしたら、それが替え時のサイン」とのこと

2007年に農務省が行った調査研究によると、スポンジを通常の食洗器のサイクルで1回洗う、もしくは電子レンジに濡れたスポンジを60秒入れると、バクテリアはほぼ100%低下したとのこと!火花が出てしまう金属や、溶ける可能性のある素材などに注意し、発火しないように十分に濡らしておく必要がありますが、かなりの有効性があります。

レモン汁や漂白剤に浸けたりなどの方法では、37~87%の低下にとどまったとのこと

出典 http://woman.mynavi.jp

今後ぜひ実践しましょう!

この記事を書いたユーザー

ももかん このユーザーの他の記事を見る

なるべく波風立てないように生きる事が信条の30代(♂)です。軽い気持ちで読める記事を心がけたいと思います。

得意ジャンル
  • 話題
  • インターネット
  • 暮らし
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス