観光シーズンは夏と言われるイギリスですが、まだまだ各種イベントが控えています。
プレミアリーグ、各地のお祭り、クリスマスマーケットにクリスマスセール…などなど。

初めての国へ旅行するとき、限られた荷物の中に何を入れていくべきかとても悩みますよね。
そこで海外旅行経験少なめで、初渡英=現地在住の筆者が「イギリスに持っていきたい日用品」をいくつかピックアップしてみました。
ヨーロッパの他の国にも共通するところがあるかも?

快適な休息をサポートしてくれる「スリッパ」

日本の宿泊施設には必ずあるスリッパですが、室内も土足のイギリスでは備え付けられていないことが多いようです。

室内では靴を脱いでくつろぎたいですよね?しかも丸一日歩き疲れた足に、蒸れた靴…尚更です。でも土足の床を裸足で歩くのは抵抗があります。

旅行用スリッパなら軽くてかさばらないし、飛行機内でも使えて重宝しますよ。

コロコロ変わるお天気対策に「雨具&体温微調節アイテム」

「イギリスの一日の天気の中には四季がある」と聞いたことがありますが、本当でした。晴れていたのに突然雨が降ったり、雨が止んだと思えば夏のように暑くなったりと、天気が変化が激しいのです。

多少の雨ではイギリス人は傘を差しませんが、せっかくの旅行中に風邪をひいては大変です。雨具を持参しましょう。防水のフード付きジャケットなども活躍します。

さらに、春~秋は羽織ものやストールを使って体温の微調節を、冬はマフラー・ニットキャップ・手袋・携帯カイロなどでしっかり防寒しましょう。雪があまり降らない南部でさえも、冬の雨の日はとても冷えます。

肌、荒れます「いつものスキンケア・ヘアケア用品」

イギリスで調達した筆者の私物です

実はイギリスは日本よりも湿度が高いそうです。しかし、肌は日本にいるときよりも乾燥します。やや肌が弱い私は夏場でも保湿を欠かせません。

そして曲者なのが硬水!イギリスの多くの地方は硬水です。これが肌や髪を痛め、多くの日本人がスキントラブルに悩まされています。肌が丈夫な方も油断はできません。

こんな環境ですから、短期旅行の方や肌の弱い方は普段使っているスキンケア・ヘアケア用品(特に保湿が重要)を、さらに必要な方はお薬を持参された方が安心です。

逆に日本のシャンプーなどは硬水では泡立たない可能性があります。大丈夫なものもあるので、こればっかりは現地で使ってみないとわかりません。
特にこだわりが無ければ現地調達でも良さそうです。

焼けつくような日差しに「UV対策用品」

特に夏の日差しが強烈です。南国にいるかのようにじりじりと焼かれます。

日傘を差している英国人は見かけませんが、サングラスをかけている人はとても多いです。他にUVカットの衣類、帽子などが役に立ちます。
日焼け止めもお忘れなく。現地で売っている日焼け止めは日本のものほど高機能でなく、容量が多いです。

必須ではないけどマイ箸(カトラリー)

食事をスーパーなどで買って済ませたい方はぜひ!

筆者はロンドン旅行中、スーパーのお惣菜で食事を済まそうとして「ここでは日本みたいにカトラリーをもらえないんだった…」とハッとしました。やむを得ずプラスチックのフォークの一番少ないもの(パーティー用20本入り)を買いました。余りました。

マイ箸は海外でも役に立つなぁと感じました。スーツケースの片隅に忍ばせてみてはいかがでしょう。

よく聞く話ですが、ちょっとした日本の食べ物

イギリスに限ったことではないですが、外国にいると日本の味が恋しくなります。
筆者は渡英3日目でご飯・みそ汁・塩辛い物を食べたくて仕方なくなりました。もはや禁断症状と言えます。

インスタントのみそ汁や吸い物、梅干し、煎餅やあられなどが心を落ち着かせてくれるでしょう。

いかがでしたか?
今回は省きましたが、常備薬・変換プラグ・パスポートなどの必須アイテムもお忘れなく。準備万端で楽しく快適なご旅行を~!

この記事を書いたユーザー

maicoro このユーザーの他の記事を見る

田舎育ち、研究者妻。パスポートさえ持っていなかったのに、結婚をきっかけに海外を転々とする生活へ。台湾在住を経て2014年末よりイギリス在住。世界のどこでも元気に暮らせるよう頑張ります。
<ブログ>http://ameblo.jp/mysunayuno/

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス