記事提供:東京都議会議員 おときた駿 公式サイト

ホリエモン「障害者は働くな。無駄」「多くは社会的にはプラスにはならないよ。したいならやり方を考えよう」

三日くらい前に話題になっていたこの件。

なんかおかしいぞ??と思いながら時間がなくて検証できなかったのですが、矛盾を指摘する検証記事が出てきて納得しました。

【検証】障害者差別発言とされているホリエモンのツイッターを順番に読んでみた(解説付き)

冒頭の記事でタイトルにしている「障害者は働くな」などという発言は、そもそもどこにも出てきておりません

tweetのまとめ方は完全に悪意のある形になっていて、8月21日0時過ぎのつぶやきを冒頭に持ってきて、

その後に、8月20日の夕方のつぶやきを並べています。

これだとあたかも「そういう人」が指しているのが障がい者と思われがちですが、文脈を辿ってみれば異なることがわかります(後者の検証記事を参照)。

これで「障がい者の敵」のいっちょう上がりです。

…こんなことをして、一体だれの得になるというのでしょうか??

無駄な対立構造を煽ったところで、社会問題解決を遠のかせることは言うまでもありません。

ただ、これで利益を得ている人が、なんらかの形でいるということでしょうね…

障がい者政策に踏み込むにあたり、こうした「悪意」がある現実を残念ながら認めつつ、覚悟を持って進まねばならないと決意を新たにする次第です。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス