TwitterやFacebookといったを通じて、老若男女さまざまな人と知り合い、交流を深めることが当たり前となったいま、「インターネット上の人間関係」を築く人も珍しくなくなってきました。SNSの活用方法はさまざま。なかには「心のうちを吐きだせる場所」としてネガティブな発言ばかりを繰り返してしまうという人もいます。いろいろな人が使うSNS。SNSで愚痴を吐きだすという行為に、賛否が寄せられています。

SNSで他人の愚痴を見たくない!派の意見は…

「他人の愚痴を見てしまうと引きずられて自分まで気分が下がる」「楽しくやりたいのに愚痴なんか見たくない」など、理由はさまざまですが、「SNSで他の人の愚痴を見たくない」という人は少なくないようです。

SNSだからこそ愚痴を吐きだしたい派の意見は…

一方で、「顔が見えないインターネットだからこそ本音を打ち明けやすい」「愚痴をこぼすことでストレス発散できる」という声も。

愚痴は吐いてもOK。だからこそ考えたい愚痴吐きのルール

SNSで見る愚痴が不愉快だという人もいれば、愚痴をはくことができるSNSが心の拠り所という人もいます。SNSの使い方は人それぞれ。どんな使い方をしていたとしても、明らかな犯罪行為や権利の侵害がない限りは、咎められることではありません。とはいえ、激しすぎる愚痴は、人間関係に支障をきたしてしまうことも。愚痴を吐くときに気をつけたいことをまとめてみました。

1. SNSでつながりがある人の愚痴は書かない

「フォローしている人のなかにむかつく相手がいる」。そんなとき、相手を濁して書くのであれば、愚痴を吐くこと自体避けたほうが無難です。「このなかにいる人のことなんだけれど…」と匂わせて愚痴をかけば、「もしかして、わたしのこと?」と、関係のない人までモヤモヤさせてしまうかもしれません。

2. 相手の個人情報を侵害しない

「ムカつくやつに遭遇したから写真を撮って晒す」。たとえどれだけ腹を立てていたとしても、写真や住まいなど、相手の個人情報にかかわることは書いてはいけません。どんな相手でも、個人情報を晒してしまえばあなたが加害者です。

3. 「愚痴も自分のイメージになってしまう」と理解する

顔が見えないインターネットからこそ、心のうちを吐きだしやすい。そう考える人は少なくありません。しかし、顔が見えないインターネットでは、言葉こそがあなたのすべて。いくらあなたが普段はポジティブな人間であっても、SNSで愚痴ばかり吐いているようでは、ネガティブなイメージを植え付けてしまうことにもつながりかねません。

4. 発信するまえにそっとひと呼吸

心のうちを吐きだすとき、つい我を忘れて夢中になってしまいがちですが、そこはぐっとこらえてひと呼吸。パソコンやスマホの向こう側には、あなたの発言を見ている人がいることを思い出し、見られてもかまわない内容になっているかどうか確認する習慣をつけましょう。

敢えて「リア友とはつながらない」という選択肢も

愚痴を吐きたい派も見たくない派も、インターネットを介さずに出会った友人とは「敢えてSNSではつながらない」のも手。学生時代の同級生や職場での同僚などとつながってしまうと、愚痴に共通の知り合いが登場し、気まずい思いをすることが少なくありません。

また「もうこの人の更新は見たくないな…」と思っても、共通の友人が多かったり、頻繁に顔を合わせる相手であれば、なかなか「友達を解除」してしまうわけにもいきません。「SNSではリア友とつながらないようにする」という選択肢もアリだと思います。

たくさんの人が使うSNSだからこそ配慮を忘れずに

身近に相談できる相手がおらず、インターネットに居場所を求め、愚痴を吐いてしまう。インターネット上に心のうちを吐きだすことで円滑に生活できるのであれば、それも立派なSNSの活用方法です。とはいえ、画面の向こう側にいる人たちを不快にさせてしまっては、インターネット上の人間関係もこじれてしまうかもしれません。

愚痴を見たくなければ非表示にする、愚痴を吐きたい場合は感情的になりすぎていないか確認するなど、快適にSNSを使えるよう、互いに配慮することも大切です。

この記事を書いたユーザー

シノヅカヨーコ このユーザーの他の記事を見る

家事が嫌いなぐうたら主婦。25年2月生まれのムスメと夫の三人暮らし。 育児、暮らしにまつわるネタを中心にライター業をしています。お酒とチョコレートが大好き。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス