記事提供:まぐまぐニュース!

「007」でもお馴染みの英国諜報機関・MI6がスパイを公募して世界を驚かせたのは記憶に新しいですよね。

ではCIAなどで名高い米国のスパイ採用事情はどのようなものなのでしょうか。メルマガ『異種会議:戦争からバグパイプ~ギャルまで』の著者で元戦場ジャーナリストの加藤健二郎さんが驚きの実態をリークしています。

諜報局員スカウトの方法

英国諜報機関MI6が、数年前に諜報局員を一般公募したことにより、MI6の格付けがドドーンと下がった。諜報機関は格付けが下がると、優秀な情報提供者に去られてしまうので命取りだ。

なぜ、公募はいけないのか?リスクの高い情報戦を演じている情報提供者は、公募の人間なんかと一緒に命懸けの仕事なんかしたくないからだ。

情報提供者と諜報局員は、ある種の信頼関係で結びついていなければ確度の高い情報のやり取りは行われず、無難な情報しか取引されなくなる。

「ある種の信頼関係」とは「お互いにウィークポイントを握り合う」ことでもあったりする。一般公募試験で採用された局員はそんな弱みを持ってないピカピカの1年生って感じを持たれてる。

カトケンがなぜ、諜報局員の採用についてその片鱗を知ったのかというと、1988年の中米ホンジュラスで米国ボランティア団体ピースコープと付き合いがあったからである。

ピースコープは、米国版の青年海外協力隊ともいわれている政府系の団体で、発展途上国への支援活動をしている、とされる。

しかし、その実態は、支援というよりも現地調査だ。だから、日本の青年海外協力隊のような活動実績の実態が少なく、ピースコープは人数が多いわりに何してるのかつかみどころがない。

彼らは現地調査した報告書を提出するのだが、その報告書には現地の実態報告ではなく、上層部が求めてきた内容を裏付けることのほうが求められる。

つまり、ヘ理屈の繋ぎ合わせとデータの捏造である。この仕事に触れてイヤになってしまい、ピースコープを途中で辞める者が過半数といわれている。

この、納得のいかない作業をマジメにこなしてゆけば上から高い評価を受ける。そして、現地の求めていることと全然違うことを提案する報告書を書ける人間になる。

この時点で、その人間は、人格的には、政府の犬としての諜報局員性格診断に合格の可能性が高くなる。

米国諜報機関特有の尋問形式とは?

ピースコープがCIAなど米国諜報機関の手先だということは、紛争国周辺を放浪していた者なら聞くことが多かったとおもうが、ピースコープが手先として情報を集めていたのでなく、ピースコープは人格診断所であり、諜報局員としての冷血な地下工作をできる人間を見つけ出しテストする機関だ。

まあ、この見方は、単にカトケンがホンジュラスで見たものだから、もっとマジメにやってる地域もあるのかもしれないが…。

こうして、諜報適性のある人間に仕上がってゆく過程で、幾多の反モラル的なことをやるので、それがネタとなり、ウィークポイントの握り合いの場にもなる。ウィークポイントを握り合わなければ、米国諜報機関の求めるダークな仕事なんか怖くてできない。

ピースコープの中でそこそこ諜報適性ありと判断された若者と喋ると、研修時の実習をそのままやっているのか、とおもってしまうような、習いたての尋問形式をしてくる。

米国式は、キーワード型ジャンル型といわれている。地名人名などの固有名詞キーワードを放ってみてこちらの返答を試して連想ゲームで繋ぎ合わせて、次の尋問へ進んでゆくキーワード型。

ジャンル型は、尋問する側が、あらかじめいくつかのジャンルに質問主旨を分けておき、そのジャンルごとに1つ1つクリアしてゆく方法である。

例えば、ある1つの町について話を進めるとすると、その町に関する情報を答えざるをえないような質問を集中して続け、次に、こちらの人間関係を続けざまに訊いてくるなど、ジャンルごとにクリアして、次のジャンルに進んでゆく。

米国以外の諜報機関は、時系列を重視した行動ストーリーであろう。その、米国特有の尋問はチャート化して記録しないと混乱するので、実習生はそうしてる。

これを知っておくと、もし、キミが、怪しい武装勢力の捕虜になって尋問されたときに、その尋問官が米国で教育を受けた者(米国の息のかかった者)かどうかの推測がつく。ISちゃん、どうでしょかね?

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス