100円ショップや300円ショップで売られている造花やグリーン。目にしたことはあっても、買ったことのない人が多いのではないでしょうか。
しかし、造花と侮ることなかれ。上手に使えば、素敵な大人インテリアになります。
今回は、初心者でも不器用でも、シンプルに使ってシックに見える、絶対失敗しないコツをご紹介します。

何より素材選びが大事。

100均&300均ショップの造花をネットで検索すると、コサージュ、髪飾り、カチューシャ、リースなど、手軽にできるDIYアレンジがたくさん出てきます。でも、そういうものを作るには、ある程度のセンスとテクニックが必要。
今回、ご紹介するのは、センスがなくても不器用でも、大人インテリアとして簡単に上手に利用する方法。
そのままシンプルに利用するには、まず、何を買うかがとても大切です。

出典筆者

100円ショップの造花というと、こういう売り場が一番にイメージされるのではないでしょうか。確かに、こうやって見ると、いかにも造花、安っぽいイメージが否めません。
そこで、お勧めするのは。

1)まずはグリーンから。

まずは、グリーンから買ってみるのがお勧めです。

出典筆者

300円ショップ『Cou Cou』
そのまま置いて、可愛いグリーンやポットがたくさんあります。

出典筆者

100円ショップ『ダイソー』
ツタものも、アレジしやすくて便利なアイテム。

出典筆者

出典筆者

グリーンは、可愛いポットに入れれば、そのまま使えます。

出典筆者

ツタものを木箱に入れただけで、部屋のアクセントになります。
日が当たらなかったり、温度管理が難しい場所にオススメです。

2)花は単色、まずは白から。

さて、グリーンを卒業して造花を買うなら、まずは白から入るのがお勧めです。
白は無難に、大人っぽく、シックに見せてくれます。白とグリーンをシンプルに合わせてみましょう。

出典筆者

出典筆者

出典筆者

3)色は中間色、グラデーションを利用する。

白い花ばかりでは。。。となったら、中間色を選びましょう。
派手な原色は、センスやテクニックがないと、どうしても、いかにも造花っぽく、安っぽく見えがちなのです。

出典筆者

中段左、下段の色合いがオススメです。

出典筆者

白、グリーン、中間色。グラデーションをつけて、シックな色合いを上手に選びましょう。

4)短く、低く、揃える。が基本。

長いものを高く、あるいは高低のアクセントをつけてアレンジするのは、ある程度のセンスとテクニックが必要。
初心者は「短く、低く。」を基本と覚えておきましょう。

出典筆者

5)アレンジの変化は、花でなく器で。

初心者は、花のアレンジより、器のアレンジを考えましょう。
グラス、花瓶、木箱、菓子箱、ケーキスタンド、鳥かごなどなど、家にあるいろんな器で、同じ花が全く違った顔を見せてくれます。
ショップのディスプレイにも、ヒントはたくさんありますよ。

出典筆者

出典筆者

頂いたフラワーアレンジの器を利用。

出典筆者

出典筆者

クッキースタンドを利用。ゴージャスなテーブルコーディネートに。

出典筆者

100円ショップや300円ショップには、可愛い器もたくさんあります。

出典筆者

Cou Cou店頭ディプレイ。
ケーキスタンドみたいな平たいガラス皿に置けば、涼しげなアレンジですね。

出典筆者

Cou Cou店頭ディスプレイ。
ガラスの瓶の中に詰めてしまうのも、おもしろいアレンジ。

出典筆者

Cou Cou店頭ディスプレイ。
カゴに入れるのも良いアイディアですね。

いかがでしたか?
100円ショップ、300円ショップの造花でも、上手に使えば、シックな大人インテリアになりますよね。
初心者は、まずは上手なアイテム選びを心がけて、よけいなことはせず、シンプル&シックを目指しましょう!

この記事を書いたユーザー

渡辺デミオ このユーザーの他の記事を見る

料理をはじめとした美味しい話や、毎日を楽しく過ごすための豆情報、ふだん気になってることなど、ちょこちょこ書いていきます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス