意外と難しい哺乳瓶・・・

「子猫を・・・保護しちゃった!」そんなときに困るのが、授乳です。子猫を拾ったことがある方には経験があるかもしれませんが、ミルクを飲ませるというのは至難の業なのです。ものすごく難しいのです。

そこで、子猫の授乳方法に注目してみました。

猫用の哺乳瓶というのがあります!

子猫の授乳に使用するのは、猫用の哺乳瓶があります。哺乳瓶の乳首の先っちょを切るのがなかなか難しいです。切りすぎると吸わなくても出てしまうため、子猫がむせ返ってしまいます。なので、ほんの少しずつ切込みを入れ調整しましょう。

出すぎても子猫はむせ返りますので、切り込みから「ポタ・・・ ポタ・・・」と落ちる程度がちょうどよかったです。

猫には猫専用のミルクをあげましょう!

動物には動物用のミルクを使用します。牛乳はおなかを壊してしまいます。猫には猫用ミルクがあり、粉タイプと液タイプと2種類あります。子猫がとても喜んで飲んでいたのが、こちらの粉ミルクでした。

意外と大人の猫は一切見向きもせず、飲みませんでした。子猫にはとてもおいしいようです。お湯に溶かして飲ませるのですが、人間の赤ちゃん同様「人肌」まで冷まして与えましょう。熱すぎると火傷しますので注意が必要です。

どうしても哺乳瓶を嫌がる場合には・・・

哺乳瓶に、ミルクを入れて少しずつ飲ませてあげてください。なかなか素直に飲んでくれない子も多く、根気の要る作業です。自分で飲まない子猫は、少し強引に口の中に乳首を入れて少しずつミルクを出してあげてください。

出典 http://nekono.info

どうしても哺乳瓶を嫌がる場合は、注射器の形をしたスポイトがありますので、こちらを使用します。動物病院でもらうことができるので、赤ちゃんのミルクをあげたいということで診察に連れて行くともらえると思います。

注射器形のスポイトは、出しはじめが勢いよく出ることが多いので、慎重に力をゆっくり加えつつ「ちょろちょろ」出せるように練習したほうがいいと思います。口の周りに一滴一滴垂らすことで、ぺろぺろなめてくれます。根気がいる作業ですが、ミルクをあげないと赤ちゃん猫はすぐに弱ってしまうので、がんばって世話をしましょう。

ミルクはどのくらいあげるの?

母猫の母乳の代わりに、猫用のミルクで哺乳を行います。必ず猫用のミルクを与えてください。牛乳を与えると(ほぼ)お腹を壊してしまいます。哺乳瓶も猫専用のものが市販されています。回数と量は、猫用ミルクの注意書きに従ってください。

出典 http://nekono.info

ミルクの缶の裏やパッケージの裏にどのぐらいあげるのか?という量が記載されていますので、その量を目安にあげてください。歯が生えてきたら、猫の缶詰の子猫用タイプにミルクを混ぜてあげると「パクパク」食べてくれるようになります。

子猫とはいえ、ものすごい量を食べますので「おなか減った!」と鳴くときは、ご飯をしっかりとあげましょう。カリカリ(ドライフード)は、丸呑みする癖をつけなようにするため、歯がしっかり生えてから与えたほうがいいと思います。噛まずに丸呑みすると、はいてしまうことが多いので、大人の猫でもそういったクセがある場合は注意が必要です。

動画で見てみよう!哺乳瓶で子猫にミルクをあげる方法!

出典 YouTube

意外と哺乳瓶の乳首を口の中にぎゅっと押し込んであげていますね。これがポイントなのですが、嫌がって嫌がってちっとも飲んでくれない!ということがほとんどです・・・。慣れるまでが非常に大変です。

授乳後の、トイレのお世話の方法も解説がありますので是非参考にしてください。

上手な子はひとりでも飲めるようになる?!

出典 YouTube

ここまで上手に自分で飲めるようになったらラクチンですね(笑)幸せそうに飲んでいますね♡

この記事を書いたユーザー

ぽんたす このユーザーの他の記事を見る

山の麓に移住しスローライフを楽しみながら記事を書くWebライターです。
お役立ち情報など、色々な話題を発信中!

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • 美容、健康
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス