24時間テレビが終わりました。

毎回賛否両論ありますが、やはり感動してしまうものは感動し涙するのも事実。「やらぬ善よりやる偽善」の言葉はその通りだと思います。

もちろん番組構成としては悪くはありませんでした。癌で亡くなった冬木弘道さんのエピソードが入っていたのは嬉しかったし、試合相手だったマンモス佐々木もドラゴンキッドの泣き顔も見れたしミスター雁之助も。「ケジメ」には納得です。感動です。

そしてなにより福祉の仕事に就いている私の妻が自らの足で"花道"を歩くシーンを見て「全身不随になった人がこんなに動けるようになるなんて初めて見た!」と言ったほどのリハビリにかけた努力と結果。

同じ障がいと闘っている人たちにとっては大きな希望となったことと思います。でも10カウントって…。映像内でも「引退の10カウントゴング」のテロップが。


10カウントゴングの意味

10カウントゴング。

プロレス者にとってはそれは亡くなったレスラーを弔うものであったり、引退を意味するものであったり、プロレスラーとしての一区切りのものであるのです。ハヤブサは自身の言葉で「必ずまたリングに戻ってくる」と言っていたのに…なぜ?

それをクリアにしてくれたのは番組内でも"同期レスラー"としても出ていたミスター雁之助の放映直後のこのツイート。

ですよね!!

映像終了後の博多大吉さんの「くれぐれも引退じゃないんで!いちスタートということで!」という必死のフォロー、そしてなによりハヤブサ自身の口から発せられたこの言葉が全てです。

「開脚リングインをしてリングに戻る、そのためのスタートだと」

いつもこのブログを見てくれている皆さん、ありがとうございます!

そして24時間テレビの放送を観て、初めてこのブログを見てくれた皆さん初めまして!



放送を観てそれぞれに色んな感想を持ったんじゃないかと思います。

それを踏まえて改めて・・・。

オレはこれからも復帰を目指して頑張っていきます!

これだけ理解しておいていただければ十分です(^^)

出典 http://ameblo.jp

その後、ハヤブサは自身のオフィシャルブログ「酒と勇気とあるこーる」において「ようこそ」というエントリーで改めて復帰への強い想いを語っています。

ハヤブサは不死鳥のようにまた羽ばたく!!

出典 http://ameblo.jp

プロレスファンとして、ハヤブサが江崎英治としてデビューした頃から見続けている者としてエピソードに関しては書き足りないですし、それに今回のこの一件。正直、言いたいことはいろいろありますが、あちこちでニュースになったりまとめられたりしていますし、ここでその"是非"について語るつもりはありません。

ただ。

ハヤブサは引退するつもりなんて毛頭ないこと。私たちファンもレスラーたちもハヤブサの(どんな形であれ)復帰を待っていること。そしてそれを糧にまたハヤブサも復帰に向けて過酷なリハビリに臨んでいること。それを知って欲しいが為にこの記事を書きました。

リスタート!

私が、ほとんどのプロレス者が言いたかったことを書いてくれています。

そう!ハヤブサはまだ「選手」なんです!

後楽園に続いて武道館でも。今度歩いた時のその先にはリングがあるはず!

そしてハヤブサだけではありません。そしてプロレスラーだけではありません。テレビで取り上げてもらえた人たちだけではありません。みんな、なにかと闘っているのです。

その後の雁之助とハヤブサのやりとり。同期の"絆"を感じます。今年の24時間テレビのテーマってそう言えば…

雁之助の「再現Vの冬木さん似てたよね」のツイートに対するハヤブサの返信。こんなの見てると二人がまだ丸坊主姿だった新弟子時代のやんちゃっぷりが変わってないなあ…て思います。○門爆破が紙面を飾ってましたしね(笑


「お楽しみはこれからだーっ!」

この言葉は大仁田厚がFMWを引退後、エースとしてFMWを牽引していた頃のハヤブサの決めセリフ。今回、この言葉が出てこなかった、ってことの意味をよくよく考えてハヤブサの復帰を待ちたいと思います。必殺技は"不死鳥弾"フェニックススプラッシュですしね!

それにしてもハヤブサ復帰戦なんて組まれたら武道館が満員になりますよ!!

昨日の放送を観て、普段プロレスを見ない方やしばらく離れていた方からも沢山のリアクションをいただきました(*^^*)

本当に嬉しい♪

これをエネルギーにしてまた頑張りますよ(*^^*)

そしてオレの頑張りが、それぞれのステージで頑張っている人のエネルギーになればこんなに嬉しいことはない♪

そんなふうに思います(^^)

出典 http://ameblo.jp

一夜明けた本日、オフィシャルブログでハヤブサ自身が語ったコメント。演出がどうあれハヤブサの想いが伝わることが一番大事だったはず。

元週刊プロレス記者の鈴木健さんのツイート。
プロレスが好きでよかった。本当にそう思います。


そして今日もハヤブサは…。

そして今日24日もハヤブサは師匠、大仁田厚のデビュー40周年記念大会に来場します。きっとリングにまた自分の足で立ってくれることでしょう。そして茶目っ気もあってやんちゃな彼のこと、なんかやらかしてくれそうなくれそうな気もします(24時間テレビのあの中に大仁田厚がいないのもそもそもおかしかったですしね)。

でもプロレスラー全員分を収録したというコメント、観てみたいなあ。

今日の興行で闘うRay選手にも期待したいところです。ハヤブサが国内で初披露したフェニックススプラッシュは飯伏幸太をはじめ様々な選手に受け継がれています。でも一番カッコよくてキレイでインパクトがあるのはやっぱりハヤブサのフェニックススプラッシュだと思います。

今回の件でいろんなことを言う人がいます。

でも彼、ハヤブサが自らの身体と精神をもってたくさんの人に勇気を与えてくれたことは事実。そして番組ではあの決めセリフを言っていないのも事実。ってことは。まだ言うべき時はこれから、ってこと。お楽しみはこれから、ってこと。
「お楽しみはこれからだ!!」
その決めセリフをリングの上から聴ける日が来るのを待ってます。


…追記

昨日の今日だったしちょっとは期待していたのですが。

私もこうやって微力ながらもハヤブサとハヤブサを支える人たちの想いを伝えることで協力したいと思います…。待ってます、ハヤブサ!


…さらに追記

今週の週プロにはハヤブサアルバムが!!タイミング良すぎる…これもやっぱりプロレスの神のおかげかも。

読んで欲しいです。読むべきです。

ターザンまで!!

ありがとう!!


こちらもいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

まきの@うち このユーザーの他の記事を見る

酒と泪と家族とコネタをこよなく愛する40代半ばの週末料理人、たまに公式ライター。兵庫県生まれ兵庫県育ち。東京在住。主に飲み屋街に出没。人生はプロレス。生きものばんざい。涙腺弱い。胆石持ち。豆腐メンタル。アイドル好き。同級生の嫁、大学生の息子と中3の娘、そしてカメ3匹と暮らしています。BABYMETALが遠くに行ってしまい子離れに耐える親気分w (twitter: @makidekazu )

得意ジャンル
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • 広告
  • グルメ
  • 料理
  • カルチャー
  • エンタメ
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス