記事提供:dmenu映画

スタジオジブリの映画には美味しそうなものがたくさん出てきます。

ジブリの第1回制作作品『天空の城ラピュタ』でパズーとシータが食べる目玉焼きのせトーストから、『となりのトトロ』でさつきが作るお弁当、『崖の上のポニョ』でお母さんが作ってくれるハム入りインスタントラーメン、

『想い出のマーニー』で杏奈とおばさんが摘む瑞々しいトマトまで、「そうそう、あの映画にはあれが出てきた」とすぐに思い出せる人も多いのではないでしょうか。

(C)2001 二馬力・GNDDTM
『千と千尋の神隠し』
【価格】4700円(税抜)
【発売元】ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

『千と千尋の神隠し』作品詳細

中でも「ごちそう」がこれでもか、と登場するのが『千と千尋の神隠し』。八百万(やおよろず)の神様たちが疲れを癒しにやってくる湯屋で、次々とごちそうが運ばれていきます。

でも私が身を乗り出したのは映画の冒頭、不思議の町に迷い込んだ千尋の一家が発見する食堂のシーン。いい匂いにつられたお父さんとお母さんが店に入っていって、大皿に盛られた料理の数々を勝手にお皿に取ってすごい勢いで食べ始めます。

鶏の丸焼き、角煮、春巻き、魚の丸揚げ…。そして何と言っても圧巻は、お父さんがじゅるんとひと呑みにする、水風船みたいにぷにぷにした謎の食べ物。何じゃありゃ。今回はその「何じゃありゃ」を作ってみようと思います。

何だかわからないものを作ろうという、かなり無謀な挑戦です。

お父さんがじゅるんとひと飲みにするのは、こんな感じのものです

あのぷにぷにが何かは、映画を作った人が一番よくご存じのはずです。それなら聞くのが一番確実、という短絡的思考に基づいて、あつかましくもスタジオジブリに問い合わせてみました。

すると…「アニメーションの世界なので感覚で描かれているものが多く、食べ物の名前をはっきり申し上げることはできません。でもコンテには『肉汁したたる食べ物を大口で食べている』と書かれていますね」というお答え(ご丁寧にありがとうございました!)。

肉系の食べ物ということは判明したものの、結局何なのかはわかりませんでした。

水風船みたいにぷにぷにした謎の食べ物「何じゃありゃ」を探せ!

それなら自分で謎の物体の正体を暴くしかありません(だから正体なんかないんだってば)。まずDVDの映像を停止させてじっくり見てみます。ヤツはかなりの水分を含んでおり、箸で挟むとぼよーんと垂れ下がります。

表面にはうっすらと玉ねぎのような縦線が走り、鶏の手羽みたいな突起もあります。じっくり見て思ったのは、うーん、やっぱり、何じゃこりゃ。

違うとは知りつつ玉ねぎを柔らかく煮てみました。意外と近い?

私が知っている物体の中で最もこれに近いのは、「氷のう」。熱が出た時に頭を冷やすアレです。今でも吊り下げ式のものは売られているのでしょうか。それはいいとして、氷のうは何でできているのか。

最近はほとんどラテックスやビニール製ですが、かつては牛や豚、馬などの膀胱で作られていたそうです。

ほう。モツの仲間と思えば、食材に近くなくもありません。そういえば羊のモツや野菜を刻み、胃袋に詰めて茹でた(または蒸した)スコットランドの名物料理、ハギスはちょうどあんな形と大きさです。

あれはハギス?でもハギスにはあの水っぽいじゅるんという感じがありません。それに、ほかの大皿料理はみんな中華風なのに、ひとつだけスコットランド料理というのもちょっと変です。

食堂がある不思議の町は、有楽町や新橋のガード下の飲み屋街がイメージされているそうです。

でもあの階段といい赤い提灯といい、私は台湾の人気観光地、九份を思い出しました。九份は、日本統治終了後の激動の時代を背景にした壮大なドラマ『悲情城市』の舞台にもなった、古い街並みの残る美しい町です。

さらに、台北から車で1時間ほどのところにある温泉街、烏来(ウーライ)の奥の鳥来瀑布あたりもレトロな建物や坂が多く、不思議の町を思わせます。

かつてあの町で、日が暮れると同時にどんどん店が閉まり、ひと気がなくなり、タクシーもいなくなるという恐ろしい体験をしましたが、異界に取り残された千尋も同じような心細い思いをしたに違いありません。

(C)ERA INTERNATIONAL LTD.1989
『悲情城市』
【価格】4800円(税抜)
【発売元】IMAGICA TV【販売元】紀伊國屋書店

『悲情城市』作品詳細

スタジオジブリは台湾の町を参考にしたとは多分一言も言っていませんが、勝手にあの食堂は台湾料理の店ということに決定。台湾料理や中華料理の本を借りてきて、あのぷにぷにに似たメニューを探してみます。

ところが牛の胃などモツを使った料理は大抵細かくカットされていて、袋状のものは発見できませんでした。

台湾の九份。雰囲気なんとなく似ていますね

しかし。私と同じく「あのぷにぷには何だ」と疑問を持った人は大勢いたらしく、熱心な人々のディープなリサーチによって、ファンの間では「あれは台湾料理の肉圓(バーワン)であろう」という一応の結論が出されていたのであります。

このことは、なんと台湾のTVBS新聞でも報じられていました。『千と千尋~』の公開以降、日本ではあの食べ物が肉圓だということになっており、「食べたら豚になるんじゃないか」などと言い出す人もいる、というのです

(ちなみに映画の台湾版タイトルは『神隱少女』)。

台湾料理の肉圓(バーワン)

正解のイメージすらない肉圓(バーワン)ちゃんとぶにーんとなるのか?

「肉圓」は直訳すると「肉団子」だそうですが、実際には半透明のぷにぷにした皮に肉の餡が包まれています。台湾では屋台などで売られているかなりポピュラーな料理だとか。

地方によって餡の中身や味付けが変わり、調理法も蒸したり、蒸したあと低温の油に入れたりと、バリエーションがあるようです。

私は本物の肉圓というものを食べたことも見たこともありません。とりあえず今回の目標を、映画と同じくらいの大きさで、箸で持ち上げられるものを作ることに設定しました。

レシピを探してみると、おまんじゅうのように皮の中に餡を包む方法と、お皿に軟らかめの皮の種を入れて餡をのせ、再度種でカバーする方法と、大まかに2種類の作り方がありました。

お皿方式だと肉圓が平べったくなりそうだし、皮が軟らかくなり過ぎて箸で持ち上げられない可能性があります。ここは難しそうですが、おまんじゅう方式を選択。

まず皮の材料は…在来米粉、太白粉、地瓜粉。へ?米粉はまあわかるとしても、たしろ?ぢうり?どこのどなたさんでしょう。

よくわからないまま近所の中華食材屋さんに行ってみると、ちゃんと3種類とも売られていました。在来米粉はインディカ米の粉、太白粉は片栗粉、地瓜粉はさつまいもの澱粉。

今回、使用した地瓜粉と在来米粉

この中で最もなじみの薄い地瓜粉は、お店のお姉さんによると「これで揚げものを作るとサクサクになるよ!」。ふーん、そうなんだ。

「何作るの?」と聞かれたので「肉圓」と答えると、台湾出身だというお姉さんは俄然テンションを上げ、「食べたことある?ない?ないのにどうして作るの?」と質問責め。こちらも台湾の人なら話が早いと思い、作り方を聞きました。

それによると、「具は豚肉とタケノコのみ」「味付けは塩のみ(ここは旦那さんが「いや醤油も使う」と見解が分かれていました)」「辛いソースをかけ、香菜をのせて食べる」。

豚肉とタケノコをシンプルに塩で味付けして餡にする、というのはよほど上手に作らないとおいしくなさそうです。

紅糟(ホンツァオ)という赤い酒粕の調味料のみで味付けするレシピもありますが、食べたことがなく見本もないのをいいことに、餡は勝手にアレンジすることにしました。

豚肩ロースや干しエビのみじん切り、タケノコ、干ししいたけなど

まず豚肩ロースを叩いて粗いミンチにし、タケノコも同じくらいの大きさに切ります。普通にフライパンでも良いのですが気分を盛り上げるために中華鍋を使用。

ごま油を入れて熱し、にんにく、しょうがのみじん切りを入れて香りが出たら豚肉を投入、色が変わるまで炒めます。さらに戻した干ししいたけを細かく切ったもの、戻した干しエビのみじん切りを入れて炒め、しょうゆ、酒、塩、こしょうで味付け。

ここに五香粉(ウーシャンフェン。八角や花椒、シナモン、クローブなどの混合香辛料)を加えると、中華っぽさがぐんとアップします。これで餡の完成。餡は餃子のように火を通さずに直接皮で包む方法もあります。

在来米粉と地瓜粉を水で溶きます。最初は分量を間違えた!と焦るくらいゆるいです

そしてあのぷにぷにのもと、皮です。在来米粉と地瓜粉各50グラムに水150ccを加えて溶きます。鍋に300ccのお湯を沸かし、先ほどの在来米粉と地瓜粉を投入。

弱火にかけて絶えずかき回し、半透明になったら(懐かしのヤマト糊くらいでしょうか)火から降ろし、冷まします。

さらに太白粉、地瓜粉を入れてやっと包めるくらいになりました

冷めたところに太白粉100グラム、地瓜粉200グラムを加えてダマにならないようヘラで良く混ぜます。かき回すうちに段々重くなってきて、結構大変な作業。明日は筋肉痛確実です。そういえば中華食材屋のお姉さんも「作るの大変よ」と言ってましたっけ。

種の固さは粉を加えながら調節し、スムースかつ大きめのお団子状に丸められる程度になればOKです。種のお団子を手のひらに平らに伸ばし、餡をのせてしっかり包みます。

今回は千尋のお父さんの食べていたものに近付けるため、大きめに作ってみました。これをいくつか作り、くっつかないようにまわりに油を塗り、蒸し器で15分ほど蒸します。

生地を広げて餡をのせて包みます

さあ、正解のイメージすらない肉圓の運命やいかに。崩れてしまうのか、ぺったんこになるのか。失敗したらまた「ぢうり」の粉から作り直すのか、「失敗しましたー」と開き直るのか。

ちょっとドキドキしながら蒸し器の蓋を開けてみると、ほわーっという湯気の中から半透明のまあるいぷにぷにが現れました。おおー、それっぽい。

ほわ~!肉圓、蒸しあがりました

皮が破れたりしないようそっと取り出して、箸でつまみ上げてみます。

ぶにーん。自画自賛ですが、おいしそう!

大きいし重いのでつまみにくいですが、皮は破れもせず見事にぷるんと氷のう状態を保っています。見た目は千尋のお父さんが食べていたものにかなり近いと言っていいでしょう(縞模様も突起もないけど)。見た目と耐久性は大成功です。

肝心のお味のほうはどうでしょうか。通常、タレはケチャップやチリソースなどを使った甘酸っぱいものらしいですが、私は甘くしたくないので、醤油とラー油をかけ、香菜をのせていただきます。

皮はぷりぷり、というよりかなり弾力があります。これは大きくしても破れないように皮を硬めに、厚めに作ったせいでしょう。中の餡も台湾料理っぽくて我ながらおいしい。初めてにしてはかなり上出来です。

肉圓(バーワン)完成です!

せっかく作ったので、お父さんとお母さんのようにお皿にいろんなものをわしわし盛ってみました。ちなみに鶏のローストその他、肉圓以外のものは前述の中華食材屋さんで購入したものであることを白状しておきます。

こう見るとかなり肉肉しいです。でもお父さんのお皿もこんなものでした

『千と千尋の神隠し』には、このほかにも様々な食べ物が登場します。

両親が豚にされてしまい、ひとり湯屋で働くことになった千尋に、おかっぱの美少年ハクが差し出す真っ白なおにぎり。

最初は「食べたくない」と言う千尋ですが、「千尋の元気が出るようにまじないをかけて作ったんだ」と言われてひとつ食べるうちに大粒の涙がこぼれ、やがて両手にひとつずつ持ってボロボロ泣きながら勢いよくおにぎりを頬ばります。

このシーン、どうしてこんなに心が揺さぶられるんでしょう。うまく説明はできないけれど、私も泣きながらおにぎりを頬ばりたくなって(?)、塩むすびを3つ作って竹の葉で包んでみました。

千尋は泣きながらおにぎりをはむはむ食べます

中華盛り合わせとおにぎりで、ちゃんとした食事みたいになってきました。もうひとつ、デザートがあれば『千と千尋の神隠し』フルコースになりそうです。

映画にはちゃんとデザートも登場していました。千尋がカオナシを連れて銭婆の家を訪ねるシーン。銭婆がお菓子とケーキでもてなしてくれます。

そういえば映画の公開当時、私は複数の人から「カオナシに似てる」と言われました。確かにのっぺりした顔(あちらはお面ですが)、ぼーっと立っている雰囲気は我ながら似ているような気がします。

調子に乗って大暴れした挙句にしゅんとなる、あのキャラも何となく身に覚えが。さらに登場する際にガムランの旋律が流れるのも、バリ好きの私にぴったり。

とても他人とは思えないカオナシの登場シーンの中で、最も好きなのがこの銭婆の家の場面。湯屋での暴走が嘘のようにすっかりおとなしくなったカオナシが、お行儀よくテーブルについて紅茶とケーキをよばれています。

すみません。ピエール・エルメさんで購入したものです

謎のぷにぷにを探求する試み、最後はカオナシのケーキでしめましょう。でもこれが何のケーキか、今から調べて再現するのはもう体力的に無理。ズルしてピエール・エルメのケーキをホールで買ってきて、紅茶といっしょにいただきました。

ごゆっくり食事をお楽しみください!

recipe
〈肉圓 バーワン〉

材料
・皮
在来米粉
太白粉
地瓜粉


・餡
豚肉(肩ロース)
タケノコ水煮
干ししいたけ
干しエビ
ごま油

こしょう
醤油

五香粉

・香菜

・油

映画っぽい気分を盛り上げる小道具
赤い提灯
大皿に山盛りにした中華料理の数々
(鶏の丸焼き、角煮、春巻き、魚の丸揚げetc.)
おにぎりを包む竹の葉

(文=金田裕美子)

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス