寝苦しさ、寝付きの悪さを無くして快眠へ!

暑くて寝苦しい夜、勿論クーラーをつけてる方、
多いですよね!私もです。でも、タイマーを
かけないと、電気代も気になる…
タイマーかけても、切れて暑さで起きてしまい、
またつけて寝る…そんな事ありませんか?
そんな事もなく、1度寝たら朝までぐっすり!
簡単で誰でも出来る方法を紹介します!

用意するものはたったの2つ

出典筆者撮影

小豆2袋(500g)洗濯ネットのサイズは小さめで、
編み目の細かいものを。

出典筆者撮影

小豆2袋をそのまま、洗濯ネットへ入れて、
ビニールなどに包み、冷凍庫で1時間程冷やす。

出典筆者撮影

寝る直前に取り出して、ビニール袋から
取り出して枕の上に乗せて、
平らになる様に広げ、このまま寝ます。

どんな効果があるの?

皆さん、「そばがら枕」ってご存知ですか?
普通の枕と比べて、通気性が良く、
自分の頭の形にフィットしてくれますよね?
それと同様の機能なんです。

脳、内臓などの温度、深部体温が下がる事で、
脳は睡眠モードに切り替わっていきます。
クーラーなどで、環境温度を下げたのと、
頭を冷やす事は、同じ効果があるという報告も
上がっているそうです。

クーラーの温度設定

エアコンは2段階に設定して使用します。
クーラーと併用する時、寝る1時間前までは、
25〜26度位に設定してお部屋を冷やし、
寝る時には27℃〜28℃に設定を上げます。
これで「寝冷え」しません!

試してみた感想

冷凍庫で冷やされた小豆が放つ冷気が
首や頭に上がってきて、涼しさを感じました。
また、中々寝付きの悪い私ですが、
その悪さが解消されて、
質の良い睡眠が取れたのか、朝起きた時の
気だるさも残りませんでした。

残暑が厳しいかも?と言われている今年の夏。
是非、試してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いたユーザー

YUKiE このユーザーの他の記事を見る

フリーランスクラリネット奏者です。
演奏活動の他に、中学校、高等学校の
吹奏楽部のコーチ、全体指導もやっています。

権利侵害申告はこちら