記事提供:カラパイア

危険な職業はただ自慢できるだけではない。長年の訓練や経験、あるいは特別な才能が必要になるなど、高度に専門的であり、それゆえに羨望の眼差しを浴びることだろう。冷静な頭脳と弛まぬ努力、危険を知り尽くす知識がなければとても務まらない。

それが公僕であろうと、商業的潜水チームであろうと、あるいはハリウッドで働くプロであろうと、肉体的にも精神的にもハードな現場ばかりだ。

これらの職業に従事する者への高給は、そうしたことへの対価だ。

危険で、専門的で、多くを要求される職業に就くプロフェッショナルたちの実際の給料は、場所や経験などで変わるが、ここで紹介する10の職業は社会的な地位とともに、そのリスクと専門性に見合った稼ぎを得ている。

なお、収入は120円/ドルで計算した。またこれらはアメリカ国内の事情であり、日本の事情とは異なることも考慮に入れておこう。

10. 警察官

警察官は骨の折れる仕事だ。分刻みで様々な対応に追われ、守るべき一般市民のほとんどは善良だが、ときに敵対的な人間もいる。

法の執行者としてそれなりの給料を稼ぐには時間がかかる。だが、地域に長年貢献した見返りとその経験は、昇進するために必要な困難に見合ったものだろう。

米労働統計局によれば、2012年度の警察官の平均年収はおよそ700万円だ。リスクの度合いと就職するための教育レベルを鑑みても魅力的だろう。最高位の警察官なら年収840万円はいく。幹部クラスにもなれば1200万円を超える。

9. スタントダブル(影武者)

スタントダブルとは優れた身体能力と俳優に似た容姿を持つプロだ。ハリウッド映画の撮影現場では、肉体を酷使する危険なスタントを俳優に代わって引き受ける。

スタントダブルの年収は、年間の撮影数によって大きく変わる。だが、映画俳優組合が定めた映画関係者の報酬と待遇基準には、スタントダブルの日給は105600円と記載されている。週5日勤務を8週間続ければ、それだけで420万円に達してしまう。

この職業に伴う危険には、スタントやトレーニングの際の怪我、悪天候に晒される可能性、撮影セットの誤動作による怪我のリスクなどがある。

8. 製鉄工

製鉄工は製造業で鉄などの素材を加工し、私たちが日々使用しているほぼ全ての構造物の要を作り出している。階段からブルックリン橋まで、あらゆる大きさの構造物の機能や安全性を支えているのが製鉄工だ。

給料は、組合への加入、その地域の需要、仕事の範囲によって大きく異なるが、かなり稼ぐことができる。米労働統計局によれば、製鉄工の平均年収は636万円だが、ニューヨークなどでは960万円を超える。

製鉄工が危険である要因は、あらゆる気候条件に晒されること、および狭いスペース、屋根、橋、トンネル、さらにはほぼ全ての工事現場で作業しなければならないことだ。こうした現場で溶接機や電動工具を扱わなくてはならないため、怪我の危険は高い。

7. ダイバー

プロのダイバーは水中での様々な任務を遂行するための技術を身につけている。彼らは科学者との協働したり、保全活動、構造の情報収集、あるいは水中にあるものの修理などを行う。

仕事の範囲とハードさは、仕事のパートナーや目的次第である。米労働統計局の記載では、ダイバーの平均時給は2640円で、最大では4800円近い。

ダイバーの危険は、怪我、酸素切れ、失神、設備に引っかかって身動きができなくなること、海洋生物からの襲撃など、様々なものがある。非常にユニークな経験を積めるが、気軽に挑戦できるキャリアではない。

6. 漁師

漁師が危険である理由は、長時間海で身を晒さねばならないことだ。文字通り、逃げ場はなく、緊急事態があっても無線で助けを呼ぶしかない。また、魚から病気をもらう可能性もある。

稼ぎを左右する要因は、経験、自営か否か、漁船が上げる利益だ。米労働統計局の資料には漁師の平均年収は696万円とあるが、2012年のCNNの報道によれば、カニの市場価格が450gあたり360円から840円に上ったそうだ。

誇らしくも、命を落とすリスクもある職業だ。

5. パイロット

テクノロジーが進んだ現在において、世界のいたるところへ私たちを連れて行ってくれる航空機が人間の手によって操作されているという事実は忘れられがちだ。乗客や荷物などを安全に運ぶパイロットが負う責任は極めて大きい。

米労働統計局によれば、パイロットの年収はおよそ1176万円だ。非常に魅力的な給与だが、悪天候でも飛行したり、他国の領空を飛行したり、飛行中に発生する機械トラブルにも対処しなければならないなど、大きな危険を伴う職業である。

4. 総合格闘家

その黎明期からアメリカでは総合格闘技が大人気だ。アルティメット・ファイティング・チャンピオンシップ(UFC)では、世界各地から総合格闘家が集結し、スピード、パワー、テクニックを競い合う。

格闘家たちはそれぞれ独自の技術を身につけた相手を倒すためのトレーニングを積んでいるが、それでも次の瞬間を予測することは非常に困難だ。

テレビでも高視聴率をとる人気スポーツであり、UFCで戦うトップの格闘家は高額のファイトマネーを稼ぐことができる。MMAウィークリーによれば、クリス・ワイドマンが1試合に勝利した場合のファイトマネーは6000万円にもなる。

連勝や無敗記録を保つことさえできれば、こうした数千万単位の金額が懐に転がってくるのだ。だが、過酷なトレーニングや試合で怪我を負うリスクを考えれば、総合格闘家が極めて危険な職業であることもまた事実だ。

3. NASCARドライバー

NASCARは今日最も人気のあるスポーツの一つだ。興味のない人には単調にも見えるが、この競技やドライバーへのファンの愛情は深い。NASCARのドライバーはプレッシャーの中、冷静さを保ち、ギリギリの走りを続けるエキスパートだ。

一大スポーツイベントとして、ここで勝利することができれば大きな報酬を得ることができる。

2014年のフォーブス誌におけるNASCARドライバー所得番付という記事によれば、人気ドライバーのデイル・アーンハート・ジュニアは30億(約17億が勝利と給与、約13億円が宣伝やライセンス契約から)以上稼いだようだ。

圧倒的な稼ぎであるが、火傷、脳震盪、骨折、さらには死など、ドライバーはサーキットで大きな危険に晒されている。

2. 外科医

医学界でも高度に専門化された技術で、日々人々の命を救うプロである。美容整形外科医であろうと、一般的な外科医であろうと、あるいは専門的な外科医であろうと、優れた医師になるためには長年に渡る修練が必要になる。

拒絶反応や合併症など、手術を受ける患者が晒されるリスクは明らかであるが、外科医自身もやはりリスクを負っている。手術のたびに彼らは患者の体液を浴びており、油断すれば感染症や伝染病が簡単にうつってしまう。

米労働統計局によれば、外科医の平均年収は2680万円だが、専門分野や就業地域によって変動する。非常に高給であるが、仕事のストレスや手術によって感染するリスクを考えれば、実に危険な職業である。

1. 宇宙飛行士

高給だが危険なあらゆる職業の中でも、宇宙飛行士ほど魅力的かつ恐ろしい職業はないだろう。大勢の子供たちが宇宙へ飛び立つことを夢見る一方で、宇宙飛行士になれるのは超一流の頭脳と肉体を備えたエリートだけだ。

NASAは宇宙飛行士の要件として、特定の学部や大学を出ている必要はないとしているが、宇宙での作業に最適な人材を見つけるための宇宙飛行士候補者プログラムの競争率は高い。

NASAによれば、宇宙飛行士の年収は768万円から始まり、1680万円以上にまでなる。魅力的な給料であろうが、地球を離れ、何ヶ月も宇宙空間で実験に励まなければならない危険は、金額に換算できるものではないだろう。

出典:therichest

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス