節約の基本と言えば変動費の節約です。
固定費とは違い月々使い方によって変わるのが変動費で主な項目は食費や光熱費など。その中でも今回は食費の節約に効果があったと思う事をご紹介致します。
特に単身者や2人くらしなど人数が少ない方にオススメです。

まとめ買いに向いている商品と向いていない商品

節約の基本とされているまとめ買い。
量が多い分値段が高い事もありますが割安を考えて買い物する方は多いのではないでしょうか。しかし使い切れずに捨ててしまったり、使い切るために新たな商品を購入した経験はあるはずです。
まとめ買いは長期保存が出来るものと即座に使い切れる予定があるものに限定して買い物をしましょう。

カット野菜の活用

レタスなどは痛みが早く大玉で買っても使い切れず捨ててしまう事が多い食材です。
そこで役に立つのが今やコンビニからスーパーでも見かける事の多くなったカット野菜。しかし割高な為手を出さない人も多いのではないでしょうか。
ですが傷みやすい野菜に関しては使い切れるカット野菜を活用する事をオススメします。

料理は根菜野菜を活用

葉物野菜と違いすぐに痛まないのが根菜野菜。
じゃがいもや玉ねぎは暗所で冷蔵庫に保管する必要もない為、単身者にはオススメの食材です。しかもそのままで1週間以上もちます。
硬い野菜が多いので噛む事も増え満腹中枢を刺激するので是非活用して下さい。

葉物野菜も冷凍保存

葉物野菜でもブロッコリーやほうれん草など下ゆで後に冷凍出来る食材です。
その証拠に冷凍食品の販売スペースに並んでいます。トウモロコシやもやしも冷凍保存ができる為購入から1週間ぐらいは使える様になります。キャベツやピーマン、人参などは使い切れなかった場合まとめて冷凍保存をしておけば野菜炒めにも活用できオススメです。

肉は1回分に小分けして平らに冷凍

まとめ買いでオススメなの冷凍できるお肉やお魚。特に肉はその日その日によって値段が変わる事もある為安い時にまとめ買いしたいですよね。
ただまとめて購入してそのまま冷凍しては駄目です。解凍にも時間がかかりいざという時にも使えません。
購入した後に手間ですが1回分に小分けして、平らに冷凍する事をオススメします。そうする事で一回分の量が分かり使い過ぎを防げます。また平らに冷凍した事で解凍時間も短縮。ミンチ肉など割ってそのまま使う事も出来ます。

まとめ

一手間や一工夫で節約、時短にも繋がり電気代の節約も出来ます。
簡単にできることばかりなので今日から実践して是非素敵な節約ライフを目指してください♡

この記事を書いたユーザー

ria* このユーザーの他の記事を見る

20代の一人暮らしOLです♡

権利侵害申告はこちら