ローストチキンや七面鳥の丸焼きなど、お祝いの席に登場する機会の多い鶏もも肉。

わたしは、わが家の愛犬の太ももを触ると フライドチキンが無性に食べたくなります(笑)

そんな鶏もも肉を使ったお料理を7品ご紹介します。
普段の食卓から、ちょっとおしゃれに記念日、おもてなしに使えるお料理まで・・

まずは、鶏もも肉の栄養について勉強してみましょう。

薬効:滋養強壮 疲労回復 貧血予防 血栓予防

鶏モモ肉は、足からモモ、そのつけ根までを含む肉で、肉質はやや固め、皮付きの場合、脂肪が多く、肉の部分には鶏肉の中で最も多くの鉄分を含んでいます。この鉄分は若鶏よりも、運動期間の長い成長した鶏に多いようです。

脂肪は主に皮の部分に多いので、これを取り除けば量的には半分~1/4にすることができます。体に不可欠な脂質を、適量の範囲内で取ることができます。
もともと鶏の脂肪には、血中コレステロールを抑える不飽和脂肪酸(オレイン酸やリノール酸)が多く血栓を予防します。

生活習慣病の原因とされる肉類の脂質は、一方で細胞膜をつくり、体の発育や生命の維持に働くなど適量の摂取は欠かせません。

不飽和脂肪酸は酸化しやすいのが難点ですので、食べるなら新鮮なうちにとることが大切です。抗酸化力のビタミンEと一緒にとるのもおすすめです。

出典 http://kenkou-tabemono.info

おいしく食べて元気な体を保ちましょう!!

では、レシピをご紹介します。

■レシピ1:鶏天

フライドチキンとはまた違ったおいしさ!夏の鶏天、ビールのお供にお勧めです!

【材料】
鶏もも肉--150g
しょうが--1かけ
にんにく--1かけ
塩、こしょう--適量
しょうゆ--大さじ1
天ぷら粉--適量
水--適量
揚げ油--適量

【作り方】
-下準備-
・にんにく、しょうがはすりおろしておきます。

1)鶏もも肉は一口大にカットして、軽く塩、こしょうをしておきます。
2)ボウルにしょうゆ、しょうが、にんにくを入れてよく混ぜます。
3)鶏もも肉を入れて冷蔵庫でしばらく置き、味を染み込ませます。
4)水分をキッチンペーパーでしっかりとふき取ります。
5)水で溶いた天ぷら粉につけてから、熱した油でしっかり揚げて完成です。

出典 http://ameblo.jp

■レシピ2:トロたま丼

思い切ってぐしゃぐしゃっと 黄身をくずして召し上がれ!

【材料(2人分)】
白ごはん--丼少なめ2杯分
玉ねぎ--1/2個
たまご--2個
卵黄--2個
焼き鳥(塩)--適量
ほうれん草--茹でたもの適量
ほんだし--小さじ1/2
しょうゆ--30cc
酒--30cc
みりん--30cc
砂糖--大さじ1
水--200cc

【作り方】
-下準備-
・玉ねぎはスライスしておきます。

1)鍋またはフライパンに水を入れて火にかけ、玉ねぎを入れて煮込みます。
2)玉ねぎがしんなりと柔らかくなってきたら、しょうゆ、酒、みりん、砂糖、ほんだしを入れて煮込みます。
3)溶き卵を加えて手早く混ぜ、半熟のうちに火を止めます。
4)器にごはんを盛って、③をのせます。
5)その上に焼き鳥、ほうれん草、卵黄をのせたら完成です。

出典 http://ameblo.jp

■レシピ3:チキンロースト

ちょっとした記念日やおもてなしにもぴったり!

【材料(2人分)】
鶏もも肉--1枚
じゃがいも--1個
ミニトマト--3個
オリーブオイル--適量
水--大さじ2
赤ワイン--小さじ2
ウスターソース--大さじ3
ケチャップ--大さじ3
塩、こしょう--適量

【作り方】
-下準備-
・鶏もも肉は均等に広げて、両面に塩、こしょうをしておきます。
・ミニトマトは1つを4等分に切っておきます。
・じゃがいもは皮つきのまま良く洗って、ラップに包んで加熱しておきます。竹串が通るくらいまでになったら一口大に切っておきます。

1)フライパンにオリーブオイルを熱し、鶏もも肉の両面をパリッと、中までしっかり焼きます。ここで鶏肉にしっかりと火を通しておいてください。
2)鶏肉にしっかりと火が通ったら、一度取り出し食べやすい大きさに切っておきます。
3)フライパンを洗わず、水、赤ワイン、ケチャップ、ウスターソースを入れて混ぜます。
4)その中に鶏もも肉、ミニトマト、じゃがいもを入れて混ぜ合わせます。
5)器に盛り付けたら完成です。

出典 http://ameblo.jp

■レシピ4:チキンと海老のグラタン

暑くてもグラタン!やっぱりグラタンは食欲そそります。

【材料(2人分)】
マカロニ--40g
海老--6~8尾
鶏肉--150g
玉ねぎ--1/2個
マッシュルーム--適量
コンソメ--1個
牛乳--400cc
バター--30g
小麦粉--大さじ2
黒こしょう--適量
とろけるチーズ--適量
粉チーズ--適量

【作り方】
-下準備-
・海老は殻つきのまま茹でて、しっぽの殻だけを残して後はむいておきます。
・鶏肉は一口サイズに、玉ねぎは薄めにスライスしておきます。
・マカロニを表示の時間通りに茹でます。

1)熱したフライパンにバターを入れて玉ねぎと鶏肉、マッシュルームを炒めます。
2)火が通って玉ねぎがしんなりとしてきたら、小麦粉を入れて混ぜます。粉がダマにならないように、粉っぽさが残らないようにしっかりと混ぜて下さい。
3)牛乳を数回に分けて加え、その都度ダマにならないようにしっかりと混ぜます。
4)牛乳を全部加え終わったらコンソメをつぶしながら加え、海老を加えます。
5)少しとろみをつけたら、茹で上がったマカロニをしっかり水気を切って加えます。全体にソースを絡めるように混ぜ、最後に黒こしょうで味を調えます。

出典 http://ameblo.jp

6)グラタン皿に入れて、上からとろけるチーズと粉チーズをお好みでふってからオーブントースターで10~15分焼いたら完成です。

出典 http://ameblo.jp

■レシピ5:鶏の照り焼き丼

しっかり味の付いた鶏肉としゃっきしゃきのレタスがとっても合います。

【材料(2人分)】
鶏もも肉--2枚
レタス--適量
醤油--大さじ3
酒--大さじ2
みりん--大さじ2
砂糖--大さじ1
油--適量
塩、こしょう--適量
温泉たまご--2個
マヨネーズ--適量

【作り方】
-下準備-
・鶏もも肉は厚いところは広げて、なるべく均等の暑さにします。筋を数箇所包丁で切っておきます。
・レタスは大きめにちぎっておきます。

1)暑さを均等にした鶏もも肉のに、塩、こしょうをふってなじませます。
2)しょうゆ、みりん、砂糖、酒を合わせたタレに、鶏肉を入れて漬け込みます。
3)フライパンに油を熱し、強火で鶏肉を皮目から焼いていきます。皮目がパリッとしたら、裏返して焼きます。
4)余分な油をキッチンペーパーなどでふき取り、残りのタレを加えてふたをして蒸し焼きにします。
5)中まで火が通り、照りがついたら完成です。
6)器にご飯を盛り付け、レタスをのせて、食べやすい大きさに切ったチキンをのせます。マヨネーズと、温泉たまごをのせたら完成です。

出典 http://ameblo.jp

■レシピ6:梅マヨ油淋鶏丼

夏はほどよい酸味がすすみます!

【材料(2人分)】
白いご飯--お丼軽く2杯
茄子--1本
鶏もも肉(唐揚げ用)--200g
*しょうゆ--大さじ1と1/2
*酒--大さじ1と1/2
長ねぎ--1/2本
しょうゆ--大さじ1と1/2
黒酢--大さじ1
ごま油--小さじ1/2
酒--大さじ1/2
砂糖--大さじ1
片栗粉--適量
ねり梅(チューブ)--適量
マヨネーズ--適量
揚げ油--適量

【作り方】
-下準備-
・ねぎはみじん切りにしておきます。
・茄子は食べやすい大きさに切っておきます。
・ねり梅とマヨネーズをお好みの味になるように混ぜて作っておきます。

1)*の調味料(しょうゆ、酒)に鶏もも肉を30分ほど漬けておきます。
2)ボウルにごま油、酒、しょうゆ、黒酢、砂糖、長ねぎを入れてしっかりと混ぜ合わせておきます。
3)油を熱し、茄子を素揚げしてしっかりと油を切っておきます。
4)漬けておいた鶏肉の水分をキッチンペーパーでしっかりと拭き取り、片栗粉を満遍なくまぶします。
5)余分な粉をはたいて、油でしっかりと揚げます。
6)中までしっかりと火が通ったら、②のボウルに入れてタレを絡めます。
7)器にご飯を盛り付け、その上に⑥をタレごとのせます。素揚げした茄子ものっけて・・・
8)上から梅マヨをかけたら完成です。

出典 http://ameblo.jp

■レシピ7:チキンのパイ包み

たくさんつくレポを頂いた自信作!記念日にどうぞ!

【材料(2人分)】
鶏もも肉--1枚
冷凍パイシート--2枚
にんにく--2かけ
オリーブオイル--大さじ3
ドライパセリ--適量
ウスターソース--大さじ2
ケチャップ--大さじ2
水--大さじ1
赤ワイン--小さじ1
たまご--適量
水--少々

【作り方】
1)にんにくはすりおろしておきます。すりおろしたにんにく、オリーブオイル、 ドライパセリをあわせておきます。とりもも肉は半分に切っておきます。

2)フライパンにあわせておいたオリーブオイルをいれ、もも肉を皮目から入れて両面こんがり焼き色をつけていきます。後でオーブンで焼くので中まで火が入らなくても大丈夫です。 焼いた後の油は捨てないでね!!

3)パイシートをのばし、その上に粗熱を取ったもも肉をおいて包みます。 オーブンペーパーの上にのせ、水少々を加えて溶いたたまごを刷毛で表面にぬり、200℃に温めたオーブンで30分焼いていきます。途中アルミホイルをのせて焦げないように気をつけてくださいね。

4)もも肉を焼いたフライパンの油を捨てず、そのなかにソース、ケチャップ、水、赤ワインを入れてソースを作ります。様子をみながら煮詰めて下さい。

5)皿にソースをしき、その上にパイをのせたら完成です。

出典 http://ameblo.jp

■鶏もも肉を使った人たちの声

いかがでしたか?

皆さんもぜひお試しください!
鶏ももパワーで残暑を乗り切りましょう!

この記事を書いたユーザー

ちるちる このユーザーの他の記事を見る

おうちごはんやレシピをブログで更新しています。

ameba GGの「教えてあげたいわたしの毎日ごはん マイごはん」のレシピマイスターとして
木曜日にレシピを連載中です。


どうぞよろしくお願いします。



ブログ名:おいしい時間
URL: http://ameblo.jp/oisii-jikan

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス