今回は今年のトレンドであるカーキカラーの定番「ミリタリージャケット」の秋コーデ術をアイテム別に色々まとめ、小物使いの「ちょっとしたコツ」なども最後に書いてみました。

ダメージデニムと合わせる

インナ—を白シャツ、ボトムを細身のダメージデニムと合わせた、少しマニッシュなコーディネイトです。ただ、そのままだと少しシンプル過ぎるので、ゴールドの腕輪とデザイン系のブーツを合わせ、うまく全体のバランスを取っていますね。

ボーダーシャツと合わせる

ミリタリージャケットにはカジュアルな「ボーダーシャツ」がとても良く似合います。こんな風にバックを斜め掛けにしたり、リュックを背負ったりと、少しラフに着こなすとカッコよく決まりますね。

白シャツ×黒のスキニーパンツ

コチラも定番とも言えるカジュアルな組み合わせで、インナ—にちょっとルーズな白いTシャツ、ボトムは脚細効果の高い黒のスキニーパンツに、茶のウエスタンブーツを合わせた、とても秋らしいコーデです。

インナ-に階級章の様なアーミーワッペンを付けているのがオシャレですね。黒のチェーンバックも効果的なアクセントに成っていると思います。

ホワイトのスリムパンツできれいめカジュアル

きれいめカジュアルに決めたい人はこちらがオススメです。

ボトムにどんな色とも相性の良い「ホワイト」のスリムパンツを持ってくると、インナーのブルーを鮮やかにみせる事が出来ます。

そこへ秋らしいミリタリージャケット&茶のショルダーバックを合わせれば、秋のきれいめカジュアルコーデの完成です。黒のパンプス&アンクレットもイイ感じですね。

技ありなベイカーパンツで脚長コーデ

これ、実はかなり「技あり」なコーデでありまして、インナ—の黒は着やせ効果があり、ボトムのベイカーパンツは腰からストンと落ちるシルエットが、抜群の脚長効果を発揮し、全体的にはとても女性らしくまとまります。

少し小柄な方や、脚太な方にオススメのコーディネイトです。

ミモレ丈のフレアスカートで秋らしく

ちょっとシックな柄のミモレ丈のフレアスカートを「ハイウエスト」に合わせ、女性らしさアップした、とても秋らしいコーディネイトです。

袖は腕まくりしてインナーを白に、靴とバックを黒で揃えているのもオシャレですね。


赤のフレアスカートとボーダーシャツで着痩せフェミニン

7分袖のミリタリージャケットに赤いフレアスカートを合わせた、とてもフェミニンなコーディネイトで、Aラインのシルエットが自然に出ています。

細めなピッチのボーダーシャツをインナーに合わせると、引き締まった印象が強く成り、着やせ効果も発揮しますし、胸元の勲章の様なビジューも、良いアクセントに成っていると思います。

黒のワンピで上品に

ショート丈のミリタリージャケットを黒のワンピと合わせた、大人感溢れる上品なコーデです。

ジャケットを袖まくりしてカジュアル感を出し、左手に持っている白黒のトートバッグで、コーデ全体を上手に引き締めているのがイイですね。

小物使いのポイントその1

ここでは上でご紹介しているベイカーパンツのコーデを元に「小物使い」のポイントを追加でご紹介したいと思います。

とかくミリタリージャケットのコーディネイトは地味に成りがちなので、特にインナーが黒の場合、アクセントの小物は多め入れると、全体のバランスがうまく取れます。

例えばこのコ—デの場合なら、黒いソフト帽をインナーと合わせ、イヤリング、ブレスレット、ネックレス、そして明るめのポシェット、この6か所で小物を使っていますが、全然不自然ではなく、逆に女性らしい、華やかな印象を自然に醸し出しています。

小物使いのポイントその2

逆に同じ様なコーデで、インナーを柄やロゴの入った「ホワイト」にした場合は、あまりゴテゴテと小物を使うと、うるさく成るので、首のネックレスは控えめに、手に持ったクラッチバックも黒の方がシックに決まって良いと思います。

この記事を書いたユーザー

aki_5555 このユーザーの他の記事を見る

ジャンルにこだわらず、自分が面白いと思った事を発信したいと思います。
猫好きでオス猫(写真の猫)を1匹飼っています。

twitter  https://twitter.com/sanada748
Google+ https://plus.google.com/110154676706611099251

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス