うちには5歳(男)、4歳(女)、1歳(男)の3人の子どもがいます。私自身は4人兄弟の長女として育ちました。なのでよく「お姉ちゃんなんだから」と言われていた気がするのですが、記憶にある限り、その言葉は私にとって嬉しいものではありませんでした。理由は「叱られるとき」に言われることが多かったからだと思います。「好きでお姉ちゃんになったわけじゃない!!」って思っていました。

それもあってか、私は「お兄ちゃんだから」「お姉ちゃんだから」という言葉を育児をする中であまり使わないようにしています。でも上の子に対して、下の子を思いやる気持ちや、譲れる優しさ、我慢も覚えてもらいたいし、せっかく兄弟がいるのだから、家庭内でそれが上手になってくれたらいいなぁとは常々思っています!

そこで、我が家が導入しているのが「年齢制度」です!!年齢は誰もが同じように通る道、平等です!早いか遅いかだけ!「5歳だから、貸してあげて」とか「まだ1歳だから優しくしてあげてね」とか。

じゃあ「お兄ちゃん」とか「お姉ちゃん」とか言わないか?いえいえ、めちゃくちゃ言います!!!でもそれは褒めるときです!物を貸してくれたとき、優しくしてくれたとき、お手伝いができたとき「さすがお兄ちゃんだね!!!すごいなぁ!」「7歳のお姉さんみたいだね!!」(ランドセルを背負うお姉さんに憧れてる4歳の娘はこの一言で浮かれます。笑)

そして下の子には「◯◯くん(◯◯ちゃん)がお兄ちゃん(お姉ちゃん)でよかったね♡嬉しいね♡」と声かけします。お兄ちゃん、お姉ちゃんは我慢しなきゃいけない人ではなくて、とっても優しくてかっこいいもの。そして下の子には出来ない特典もある憧れの存在であるべきだと思うし、そう思えるように声かけしています!

ちなみにうちは5歳の特典は「家の前にある公園に1人で遊びに行ってもよい」です。笑 もちろん、家にいる私から見える範囲、見守れる時間帯に限りますが、4歳、1歳の長女、次男にはその特典はありません。3歳の長女には1歳の次男にはない特典があります。おやつの量も、少しずつ変えたり。。

確かに上の子は我慢が多くなることがあります、でもそれを子ども自身が「苦しい、嫌だ」と捉えるか「ママやみんなが喜ぶ誇らしいこと」と捉えるかは声かけ1つで違ってくるのかなと思います。でも我慢ばかりさせるわけではありませんよ?どう考えても下の子が悪いときや強引すぎるときは、下の子に言い聞かせます!そのときも「貸してってちゃんと言おうね!そしたらお兄ちゃん(お姉ちゃん)はあとでちゃんと貸してくれるよ」と。

それを聞くと、すぐに貸してくれる長男、長女です。笑

この記事を書いたユーザー

ひぃ このユーザーの他の記事を見る

5歳(男)、4歳(女)、1歳(男)の3人の子ども達の育児に奮闘中の主婦です!
母になって、日々思うこと、感じることを書き綴っていけたらいいなぁと思っています♡

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス