山形県民の間では、「盆が過ぎれば芋煮」と言われるようで、秋野菜をふんだんに取り込んだ郷土料理「芋煮」を楽しむ時期に入るそうです。

9月には県内あちこちの河原で仲間が集まり「芋煮会」が行われるようですが、おいしくてヘルシーな芋煮は家庭でも作れます。山形県民ならずとも、旬の里芋と牛肉でおうちで「芋煮」作ってみませんか?

ちなみに筆者は東京出身ですが、、美味いものは美味い!山形県民に代わってオススメいたします。

芋煮最高!

里芋、牛肉、きのこ、こんにゃく、ネギ、が主要な食材です。特に里芋は秋が旬!

河原での芋煮は大きな鍋を使って、大人数で食べるから尚美味しいんですね!

最高だねっ!

芋煮「仙台バージョン」

仙台にも芋煮があるそうなんですが、味噌仕立て&豚肉を使うんですね~。

と、いうわけで、地域差があるようです

山形県内でも、いろいろあります。わたしは以前、山形県人同士が「芋煮は醤油か味噌か」「牛肉か豚肉か」で大いに揉めている現場に遭遇したことがあります。個人的には、どれも美味しいと思います(笑)

芋煮は家でも作れますよ♪

わたしも河原の芋煮と、家で作る芋煮、両方経験したことがありますが、河原の芋煮はバーベキューみたいな感じで、みんなで作り上げる作業が最高に楽しいですよ。河原に行けなくても、いい里芋が手に入ったら、家でも芋煮作ります。

芋煮はこうやって作ります!

基本的に河原でワイワイ作るものなので、あまり神経質にならずに、目分量で大丈夫です。仕上がりの段階になったら、味見をしながら調整しましょう。

里芋…400g
牛バラ肉…300g
平こんにゃく…1枚
長ネギ…1本
舞茸…1/2P
しめじ…1/2P
(きのこはなんでもいけます!)
大根…10cm
水…1L
ほんだし…大さじ2
醤油…おたま2つ
酒…おたま1つ
砂糖…大さじ1

出典 http://pecolly.jp

⑴里芋は食べやすい大きさに切り、平こんは1口大にちぎる。大根は2〜3mmのいちょう切りにする。
⑵鍋に水(分量外)と⑴を入れて火にかけ、沸騰したら煮こぼす。
⑶再び⑵と水を鍋に入れ、アクを取りながら里芋と大根が柔らかくなるまで煮る。
⑷その間に牛肉を食べやすい大きさに切り、きのこ類はほぐす。長ネギは1.5cmの斜め切りにする。
⑸牛肉を入れ、火が通ったら味付けをする。
⑹きのこ類と長ネギを入れて、少し煮たら出来上がり♬

出典 http://pecolly.jp

レシピはこちらへ!

地域や家庭によって、色々なバージョンがあるようです。醤油ベースor味噌ベース、大根の有無、豆腐の有無、油揚げの有無、挙げだしたらキリがありませんが、どうぞそれぞれお好みで♡身近に山形県出身者がいたら、おすすめレシピを聞いてみるのもいいかもしれませんね。

芋煮のアレンジレシピ集

大量に芋煮を作ったあとは、アレンジを楽しむことも出来ます。芋煮にカレールーを入れてカレーにするのが人気(定番?)ですが、そのカレーにうどんを入れて、カレーうどんにして食べるのもおいしいです。

カレーうどんのような、ダシのきいたカレーが美味しいんです。

あったかおいしいアレンジですね!

いかがでしたか?一口に「芋煮」といえども、なかなか奥が深いですね。旬の里芋と、おいしいきのこと、お好みのお肉で、ヘルシーで美味しい秋の味覚を味わってみてくださいね。

この記事を書いたユーザー

bergamasque このユーザーの他の記事を見る

30代女性フリーランス。おいしい食べ物と、アジア旅行と、お昼寝と、日曜日をこよなく愛するきまぐれライター。日々の生活の中から好奇心くすぐるネタをみつけて発信します♪
twitterID:@_bergamasque_更新情報つぶやいてます。お気軽にフォローしてね!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス