みなさんご存知の通り『早起きは三文の徳』と言われています。
起床から出勤までの時間は、慌ただしく過ぎてしまいがちです。その時間を15分だけ有意義に過ごすだけで人生を変えられるとしたら。
すでに多くの自己啓発書、ビジネス書に頻出している朝の過ごし方の中から、より簡単に出来るものを5つ厳選しました。

1.トイレ掃除

トイレ掃除自体がすでに多くの著書でも紹介されている成功哲学です。
そのトイレ掃除を朝一番にすると一日を充実させることができます。あとから起きてくる家族のためにトイレをきれいにしておく心の余裕を持ちましょう。
初日には、トイレ掃除は3分以内では終わらないかも知れません。
しかし、毎朝やっていると確実に3分以内には終わります。
不安な人は、今日の内に一回目を済ませておくといいでしょう。

2.瞑想

心を落ち着かせ一日のスタートを切る。
瞑想するときには、「今日の予定」や「やるべきこと」など一切気にせず、ただただ頭に浮かび上がることに身を任せましょう。スマホの無料アプリを使っても十分な効果が期待できます。本格的にやろうと思えばキリがない瞑想ですが、「毎朝3分だけ」と決めてやってみることが継続させる秘訣です。

3.ストレッチ

瞑想で心を落ち着かせた後、今度は体をほぐしましょう。
こちらも初めから本格的にやる必要はありません。
・前屈をする。
・肩甲骨を伸ばす。
・体をねじる。
・首をまわす。
これくらいのことでもいいので、毎朝続けましょう。

4.筋トレ

ストレッチで体をほぐした後は、筋トレです。
・腕立て伏せ 1分
・腹筋 1分
・スクワット 1分
これを毎朝やりましょう。
回数にはこだわらず時間を計ってやってみるといいでしょう。
実際にやってみればわかりますが、1分たつ前にばてます。
キツくなるまでやっていれば3分以内には終わります。

5.今日のうちにやることを3つ紙に書く

今日のうちに確実にできることを紙に書きましょう。
「今日のうちに確実にできること」というのが大切です。誰の手も借りずに自分だけで完結できる簡単な、小さいことを3つ紙に書きましょう。
・ゴミを捨てる。
・車の燃料を入れる。
・昼ご飯はカレーを食べる。
・家を出てから最初にあった人にあいさつをする。
など、確実にできることを紙に書いて実行しましょう。
毎日同じことばかりになっても構いません。続けることを重視しましょう。

まとめ

上記の5つはどれも絶対に3分以内にできます。
逆に言えば3分以上はやらないと決めてしまうくらいがいいでしょう。
「タイマーをセットして3分経ったら次のことをする」でいいんです。
すべてやって15分。
毎朝15分で人生を変えましょう。

この記事を書いたユーザー

ハルヒコ このユーザーの他の記事を見る

妻一人、娘一人、息子一人の四人家族です。
日々の生活や子育ての中で感じる”教え”・”教訓”・”気づき”などについて書いていきます。
よろしくお願いします。ちなみにアメブロURLは、ameblo.jp/mac-1978

権利侵害申告はこちら