年々、広がりを見せる花粉症…。

この数十年の間で、花粉症は驚異的な広がりを見せています。
花粉症を引き起こすアレルゲンも、花粉症業界では有名なスギだけでなく、ヒノキ、イネ、ブタクサ、ダニ、ハウスダストなど多岐にわたってきています。

例えば、スギ花粉症で毎年ある時期薬を飲んで対処することのできる人に対して
複数のアレルゲン持ちの人は大変です。突然くしゃみ、目の痒み、耳の中の痒みが襲ってくるのですから。特にブタクサやイネの花粉飛散は多様で薬の処方してもらう暇もありません。

年齢は花粉症歴です!そんな筆者の黒歴史。

実は筆者は筋金入りの花粉症です。0歳で花粉症を発症しており、ちょっとしたベテランです。
アレルゲンも多岐に渡るので、突然くしゃみ連発する人生を過ごしてきました。

そんな筆者の花粉症黒歴史。
大学入試で、突然くしゃみが止まらなくなりました。
他の受験者の迷惑になると必死でこらえましたが鼻水ダラダラ…。
必死で耐える筆者。
そこへ試験監督の人が近づいてきました…!
怒られる…!つまみ出される…!

試験監督の人はスッとポケットティッシュを差し出し
「これを使っていいですよ。」
と言って下さいました。いい人やー(涙)!

いい話じゃないんです。
こんなんになる前に花粉症に対処しましょうって記事です。

アレルギー症状キター!そんな時は多くの人がポーチに入れてるアレを使え!

ベテラン花粉症筆者の子はやっぱり花粉症です。
筆者と同じで小さい頃から突然くしゃみをする子どもです。

くしゃみをする、耳の穴が痒い、鼻が痒い…しかしそんな突然のアレルギー症状が出たら多くの人がポーチに入れてるアレを使って早めに対処することで症状を大分抑えることができます。

アレ、とはすなわち、リップクリーム!どんなものでも大丈夫ですが口紅やグロスはダメですよ。      

方法は簡単。リップクリームを粘膜に塗るだけ!

方法は簡単。リップクリームを適量指か綿棒にとり鼻の穴や耳の穴に塗るだけです。
(目には塗れません。筆者は目の痒み対策として清涼感のある目薬を持ち歩いています。)

そもそも花粉症はアレルゲンで粘膜が過敏になることで起こるので早めに粘膜を保護することで症状をかなり抑えられます。
リップクリームは唇の粘膜を保護する為のものなので、鼻や耳の粘膜にも効くのです。

コツは早めに対処すること。鼻水でリップクリームが流れてしまいます。

終わりに…花粉症は怖くない、うまく付き合おう

いかがでしたか?
ベテラン花粉症の筆者の知恵を書かせていただきました。
年中花粉症ですが、洗濯も布団も外に干しますし外出時マスクが手放せない訳ではありません。
手軽に出来る対処をしながら花粉症と上手く付き合いましょう!

この記事を書いたユーザー

四季 このユーザーの他の記事を見る

元幼稚園小学校教諭の男児2人の母です。元教諭とは言え子育ては大変!
でもいろんなことに興味を持って頑張っています。

権利侵害申告はこちら