記事提供:子ある日和

19歳での妊娠、出産。それだけでも周りからの反対は大きかった。その上、旦那様になる予定の人はどこへやら。

一人で産むと覚悟を決めたはずなのに何度涙を流しただろう

でも産まれて来てくれた瞬間、何故かその温もりに、泣き声に喜びしかなかった。

今思い出しても、本当によく泣く子だった。2~3時間おきの授乳。吸う力が弱くて1回の授乳に30分以上かかる。結果1~2時間おきの授乳になるから眠れない。

お腹いっぱいになって眠たくなっても、上手に眠れないから泣き出す。抱っこして、ユラユラして、眠ったと思ってお布団へ。

お布団に寝かせた途端泣き出す。背中にスイッチでも付いてるの?

それでもシングルマザーは生後3ヶ月には保育所に預け仕事へ。

お迎えに行くと保育士さんに「あやしてもダメでした~」と言われ頭を下げる。熱が出た時は保育所に預けられないから母に見てもらうが、それでも泣く、泣く、泣く。

娘が1歳位だったかな。私は立っていても、ユラユラあやしてても、眠れる奥義を手に入れた!!

本当は眠たかった。泣きたい時だってあった。もう、遊びに行きたいなんて感情すらなかった。

でもある時、考え方を意識的に真逆にしてみたの。

保育所に居る時、熱を出して母に見てもらった時、私が帰ると泣きながら小さな手を私に伸ばすの。

極端な話、「あぁ、この子には私が必要なんだ」「私の事が大好きなんだ」って(笑)母親の特権だよね。優越感に似た感じ。

そんな当たり前の事に気付くのに1年もかかっちゃったよ。

私の眠たい、しんどいって気持ちをなんで分かってくれないの?って。分からなくていいよ。それ以上に私を必要としてくれてたんだもん。

それ以降、叱って、すねて、喧嘩して、思いっきり笑って。

「ママ~ママ~」「見て見て」「何で?何で?」「抱っこ、抱っこ~」

「はいはい」とあしらう事はあれど、辛い事はなくなった。

よく世間が言う「2~3歳が1番かわいいよ~」

私はよく泣いてくれる娘に出逢えたから、その1番可愛いって時期を過ぎる前にその事に気づかせて貰えた。

高校1年生になった今、大好き~って言ったら避けられる。酷い時は蹴られる(泣)

一緒に居られる時間より、離れてる時間の方が多い。

2人同じ家に帰って、同じ屋根の下眠れるのはあと何回だろう。

だから、今、赤ちゃんに、たくさん泣かれても、ぐずられても、ダダこねられても、一緒にいられる時間を大切にしてほしい。

子供はただ単純にママの事が「大好き」なだけ。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス