記事提供:まぐまぐニュース!

毎回読者からの質問に真摯に回答するQ&Aコーナーが人気の『石田衣良ブックトーク「小説家と過ごす日曜日」』。今回石田さんに寄せられた質問は、少々ヘビーな内容で…。さて石田さんのアドバイスは?

私に子どもを産ませた男性の奥さんに何もかも知らせたい

Question

最近妻子ある人の子どもを産みました。彼は認知もしてくれたし、「奥さんと別れていつかは一緒になろう」と言ってくれました。

でも、待てど暮らせど、離婚する様子もなく毎日が過ぎています。彼は会社経営者で、仕事も家庭もうまくいっているようです。そんな環境で別れるはずがないということに気がつきました。

できれば、彼にバレないように何もかも奥さんに知らせてやりたいです。何かいい方法ないでしょうか?

石田衣良さんの回答

いやあ、これは迷うなあ。難しいところは、もう子どもを産んで、新しい家族の形ができているということなんですよね。ただ別れて済むという話ではない。養育費もとらないといけないですし、将来にわたって経済的な保障を受けるのは当然だと思うので。

もちろん、あなたが抜き打ちの作戦で、彼の会社に子どもを連れて行って大騒ぎすることもできると思います。でもそれをやった場合、それ以降の展開がちょっと心配ですね。

手のひら返しで養育費を払わなくなるとか、一切無視してしまうというような男って、今の日本にはたくさんいるので。

日本の場合は、離婚した子どもに対する養育費に関しては、プライオリティが低いので、基本的に旦那が払わないなら払わないで逃げられるんですよ。

これがヨーロッパやアメリカだったら、給料から天引きです。ようするに「子どもに養育費を払わないような男はクズだ」ということになっているので、会社のほうで天引きしちゃうんです。それに比べると、日本はちょっと男に甘いですね。

今後、養育費が一切払われないような状況になるのは避けたいじゃないですか。妊娠中は働けませんから、生活の面倒も見てもらっているはずですよね。そう考えると、なかなか難しい問題です。

あなたは、自分が日陰の身にいることですごく傷ついているんだけど、ひとりで外界に出た場合に受ける雨風の強さや大変さというのも考えてみてください。

それでもどうしても自爆テロ的なことをやりたいのであればもちろん止めません。彼にそれだけの非があるので。相手の家庭も不幸になるけど、それも当然だし、しょうがないということであれば、自分のプライドにかけて戦えばいいと思います。

ただ、あなたが日陰の身であるということに対して、彼は負い目を感じているはずですから、それを利用して引っ張れるだけ金を引っ張るという手もあると思うんですよね。

「彼からお金を徹底的に引っ張る」
というのと、「経済的なメリットは無くなってもいいから戦う」という選択肢のどちらを選んでもいいと思います。

彼はずるいことをしているので、その選択権はあなたにあります。自分の心で納得がいくまで考えた末、戦いたければ戦ってください。

たぶん、子どもと3人で一緒に撮影した写真とかあると思うので、その写真を持って会社なり家なりに駆け込むのは全然いいと思いますよ。

もしこれが全部表に出て、弁護士を立てて話し合いをするということになれば、もう認知もしているということだし、お金はちゃんととれるから大丈夫かもしれないですね。

でも、その場合も彼とは別れることになると思います。そこは冷静に判断したうえで、「どうしても我慢がならないし、それでは自分としては生き方が貫けない」ということであれば、がんばってほしいなと思います。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス