私が撮影と加工をした画像です

復縁は時間とともに難しくなる?

離婚後の復縁は想像以上に難しいことです。離婚する時はそれなりの覚悟を決めてるはずです。それをもう一度やり直す気持ちに切り替えることを想像すれば分かることだと思います。

特に女性は気持ちがなくなれば、あっさりしていて次に行くのも早い。だから少しでも気持ちが残ってるうちに男性は手を打たないと復縁は難しいと言われています。

しかしそんな難しいと言われる復縁を実現させた知人がいます。

その男はしてはいけないことをしました。

3年前、以前の職場で仲良くなった男から喫茶店で話を聞いてほしいと電話がありました。会うと、彼は奥さんから別れ話を切り出され、とてもショックでどうしていいか分からないと話してきました。

原因は彼が業務上横領で200万円の借金を背負ったことです。彼は高額な健康食品を年配の方に販売する会社に勤めていました。そして高額のため何年も商品代金が未払いのお客様がいたそうです。

ここに目をつけた彼は未払いのお客様の所に出向き、代金を回収してそのことを会社に報告せずに自分のものにしたそうです。彼はそれをする前に私に電話をしてきたことがありました。

私は「絶対にばれるから止めた方がいい」と言いました。しかし、彼はパチンコで借金があり、正常な考えが出来なかったようでやってしまいました。

ある日、会社にばれ、先輩たちに取り囲まれ言葉で袋叩きにされたそうです。そのことを奥さんに言うと、「もう別れます」とたった一人の娘さんを連れて出て行ったそうです。

彼はそれまで何度もパチンコで借金を繰り返し、そのたびに奥さんに貯金を崩してもらい返済をしていました。そんな彼に愛想を尽かしたのです。

彼に残されたのは200万円の借金。そして毎月の別れた奥さんに支払う養育費です。

奥さんの苦しい気持ちを理解してほしい

喫茶店で彼からその話を聞いた時、私は思いました。あれほど絶対ばれるからするなと言ってた事をするとは何を考えてるんだと。しかし、やってしまったものは取り返しがつきません。

200万円の借金の返済と毎月の養育費の支払いは、どんなことがあってもした方がいいと彼に言いました。そして私は奥さんが彼のことをとても愛していたことを知っていました。

皆で飲みに行った時も奥さんはとても彼を心配して何度も電話をかけてくる人でした。私も2回ほど会ったことがあります。奥さんが離婚を決意したのは相当な覚悟があっての事だろうと思います。その奥さんの苦しい気持ちを理解してほしいと言いました。

今の大きく反省している気持ちを失わないでほしい

現在の日本で、離婚後の母子家庭でまともに養育費を受け取っているのは約2割だと言われています。最初は払っていても月日が経つにつれて払わなくなる、そんな男の話を良く聞きます。絶対にそうならないでほしい。今の大きく反省をしている気持ちを忘れないでほしいと言いました。


実は私も子供のころ母子家庭で育てられました。

私は小さい頃に両親が離婚をし、母親に育てられ、母子家庭の辛さをとても良く知っています。子供にとって、どれだけ長い期間辛い思いをさせるのかを彼に言いました。

たとえ別れても、子供にとってはかけがえのない父親です。父親は父親らしくいてほしい。離れていても子供はそう思っているのです。

復縁を考えても相手の気持ちはどうする事も出来ない。でも父親として子供を思う気持ちを持ち続けるべきです。ギャンブルが好きな気持ちは分かります。でも、もっと娘さんが大好きじゃないのか?そう彼に話しました。

それから3年ほど彼と会うことはなかったです。

その後、何度か「久しぶりです」という電話が彼からありましたが、そのうちお互いに連絡を取る関係でなくなりましたが、3年がたち、彼から久しぶりの連絡がありました。

私が撮影と加工をした画像です

彼は自分を変える努力をしました。

彼は新しい仕事を見つけ、毎月、遅れることなく養育費を支払い続けたそうです。さらに私が関心したのは2年目に入り自ら養育費の額を1万円増やし、3年目はさらに1万円増やして払い続けたそうです。しかもギャンブルはやめたそうです。

さらに娘の誕生日にはプレゼントを送ったりもしたそうです。そんな彼に別れた奥さんから、「娘が会いたがってる」と連絡があり、会うことになりました。

久しぶりの娘との再会に彼は大変喜び、娘さんも彼に会えたことをとても喜んでくれたそうです。奥さんは実家がクリーニング店を営んでいて、そこを手伝ったり、近所のスーパーでアルバイトをしたりで生活をしていたそうです

そんな奥さんは彼に言いました。「もう一度やり直しませんか?」

嬉しいことですが結果にだけ目を向けないでほしい

彼は嬉しさのあまり、泣きそうになり、でも娘に涙を見せたくない気持ちがあり、トイレに行き、思いっきり涙を流したそうです。

3年ぶりに彼からこんな嬉しい電話があり、私も嬉しくて仕方がありませんでした。一旦別れた妻が帰ってくることはなかなかあることではありません。

彼と同じことをしても離婚した妻が帰ってくることは少ないと私は思います。復縁という結果にだけ目を向けて行動をしても失敗することが多いと思います。

駄目な自分を変える努力、そして離れて暮らす子供と元妻を思いやる気持ち、父親は父親でいてほしいという子供の気持ちに答える努力、たとえ復縁が出来なくても人として持ち続けることに価値がある。そう思い今回の出来事を記事にしました。

最後までお読み頂き有難うございます。ロバート・熊はブログもしております。よろしければ覗いてみてください。

この記事を書いたユーザー

ロバート・熊 このユーザーの他の記事を見る

spotlight公式プラチナライター。食品スーパーの店員ならではの記事を楽しんでいただければと思います。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス