4月14日に熊本県で発生した地震により亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。負傷者や救助を待つ方々が一刻も早く、適切な処置を受けられることを祈っています。現在もまだなお、余震が続いています。避難されている方々のご無事をお祈り申し上げます。

熊本県、そして近隣の地域の方だけではなく、私たちひとりひとりが災害を他人事にせず、行動を取れなくても心を寄せることを意識したいばかりです。

地震や震災などの「いざというとき」は、いつやってくるか分からないもの。日頃からしっかり備えておきたいですよね。地震などの震災時、避難に必要な持ち物には、女性ならではのものもあります。今回、女性がいざというときに備えておいて便利なアイテムや、知っておくと便利な情報をご紹介します。

1. 赤ちゃん用おしりふき

身体のベタつきを抑える意味でも、ボディシートとして使えるおしりふき。デリケートゾーンの洗浄にも使えるので、持っておくと安心です。

2. ナプキン

生理は災害にあってもやってくるもの。かさばらない薄型タイプを常備しておくのがオススメです。清潔で吸収力の良いナプキンは、いざという時の傷の手当にも使えるなど、意外なところで効果を発揮してくれます。

3. タンポン

出典 http://www.gettyimages.co.jp

ナプキンに比べかさばらないタンポンは、入れておくと安心ですよ。普段はタンポンを使わないという人も、長時間の取り替えができない災害時には便利なので、買い置きしておきましょう。

4. 尿漏れパッド

出典 http://mitomo.jp

尿漏れパッドは、生理用品としても使えるのでとりあえず持っておくと安心なアイテム。匂いを漏らさない工夫がしてあるので、互換性がありますよ。

5. 携帯用ビデ

出典 http://yasuinedan.sakura.ne.jp

ストレスを感じたり、長時間の座姿勢などでデリケートゾーンが荒れてしまうもの。少ない水で使える、入れ替え式の携帯用ビデがあると安心です。

6. 髪ゴム

出典 http://www.gettyimages.co.jp

ないと困るのが髪ゴム。かさばるものではないので、多めに入れておきましょう。また、長いひも状のままの髪ゴムもあると、傷口を縛ったりするのにも使えて便利です。

7. 下着

出典 http://www.gettyimages.co.jp

ブラやショーツも、多めに入れておきたいものです。長い間洗濯ができないこともあるので、乾燥の早い素材のものを選ぶと、長期間の避難生活などにも安心です。

8. サニタリーショーツ

出典 http://www.gettyimages.co.jp

あると安心なのが、サニタリー用のショーツ。生理中でなくとも、ムレを予防してくれる効果などがあるサニタリーショーツは、清潔に過ごすために必要なアイテムです。

9. カップ付きのタンクトップ

出典 http://www.gettyimages.co.jp

避難生活で下着が足りなくなってしまったりすると、困りますよね。カップ付きのタンクトップを入れておくと、少しくつろぎたいときにも使えますよ。不安などで胸苦しいとき、ブラジャーでは少し窮屈になってしまうことも。そんな状況でも強い味方となってくれそうです。

10. 大判ストール

出典 http://www.gettyimages.co.jp

ちょっと肌寒いときや、敷物として使えるのが大判ストール。普段あまり使わないものがあれば、何枚か入れておくと安心です。

11. マスク

出典 http://www.gettyimages.co.jp

花粉症や感染症の予防だけでなく、女性ならやはり気になってしまうすっぴん隠しとしても使えるマスク。避難生活では、プライベートがほとんどありません。マスクを持っていると、安心できますよ。

みんな、思い思いの防災袋を備えていた

「inmybag(インマイバッグ)」という、バッグの中身を紹介するサイトでは、防災バッグや、その中身もたくさん紹介されています。用意すべきものがきちんと分かるので、眺めているだけでも、とても参考になるんです。その中から一部をご紹介します。

安全ピンや裁縫セットを入れた安心セット

出典 http://inmybag.com

裁縫セットや安全ピンは汎用性が高いですよね。小さなポーチに、必要なものがぎゅっと詰まった防災袋です。

非常食まできちんとカバーの大袋

出典 http://inmybag.com

常備薬から非常食まで、必要なものを網羅した大きめの避難用バッグ。家に置いておくと、安心しますよね。

備えあれば憂いなし!今日から厳選を

出典 http://www.gettyimages.co.jp

いざという時、きちんと持っておくと安心の避難用バッグ。安心感があるだけでも気持ちが軽くなることも多いのではないでしょうか。早いに越したことはありません。早速、一度自分にとって必要なものを厳選してみてください。

この記事を書いたユーザー

るな このユーザーの他の記事を見る

気になることをポツポツと書いていきます♡

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス