ネットからの個人情報流出。最近日本でも、ある会社の情報漏れが話題になったばかりだ。今、メディアを賑わせているのは、カナダ企業が運営する「Ashley Madison(アシュレイ・マディソン)」という不倫サイトから、個人情報が流出したことだろう。

名前や住所だけでなく、クレジットカード番号などの個人情報がネットの1部で公開された。しかも不倫サイトである。一般人の会員だけでなく、著名人や有名人の名前も明らかになったことで、このサイトに登録して秘密の不倫をしている人達は今、パニックになっているということだ。

「短い人生。楽しみませんか?」のキャッチフレーズ

出典 http://www.mirror.co.uk

個人情報が流出したニュースを聞いたのは、偶然、筆者がこのサイトを利用している既婚女性の記事を書こうと思っていた矢先だった。ニュージャージー在住の2児の母親(42歳)は、今年の母の日に夫デリックが、花束やジュエリーなどの何のプレゼントもなかったことに激しく落ち込んだ。

アン(仮名)は語る。「カード1枚くれただけで、何のプレゼントもなし。夫にとっては私は2児の母親で、もう女じゃない。その事実にショックを受けました。結婚して15年、セックスは週に1度はあるけど、決まりごとのような感じで情熱もなく、オーガズムも感じません。夫も淡々として終わるだけで、70歳ぐらいのおじいちゃんのように思ってしまう。」

「もう一度、女として生きたい。」

出典 http://www.mirror.co.uk

物足りなさを感じたアンは、不倫サイト「アシュレイ・マディソン」の会員に登録した。酔っていた勢いもあり、大胆な自己PRを載せた。すると数人の既婚男性からの返信があった。子供ができてからというもの、女として生きていないように思う自分。でも、もう一度20代の頃のような情熱的な恋愛がしたいーそういう気持ちで、他の男性と会うことに。

夫とも週一でセックスしながら合い間に不倫

出典 http://www.mirror.co.uk

トムと呼ばれる既婚者で3児の父親と会ったアン。トムは、妻とのセックスが全くないという自分よりも惨めな結婚生活だった。数回食事をし、お酒を飲み、セックスをした。特別良かったわけでもないけれど、夫とのセックスよりも情熱的だった。

夫には罪の意識は全く感じなかった。それ以降、アンはトムとの逢瀬を重ねた。そして半年関係が続いた。しかしアンは、次第にトムに恋するようになり、彼は距離を置くようになった。

その後も、アンの不倫は続いた。「アシュレイ・マディソン」で知り合った数人の男性と今も会っていることを夫は知らない。他の男性と情熱的なセックスをすることで、また「女」としての自分が目覚めたと嬉しさを噛みしめるアン。

「このことは誰にも言ってない私だけの秘密なの。」そう思っている人達の個人情報が、今回巷に溢れ出たのだ。

3700万人もの個人情報が流出

出典 http://www.mirror.co.uk

現在はFBIが調査をしているところだが、イギリス人でこのサイトに登録していた男性は狼狽を隠せない。「バレたら一生の終わりだ。」かたい仕事に勤めている彼は「ちょっとした好奇心で登録したんだ。こんなこと言うとバカみたいだけど、裏切られた気分だよ。」何を言うか、その男性自身が妻を裏切っているのだ。

きっとそんな人は何人もいるだろう。しかし、何を言ってももう遅い。秘密で不倫をしている既婚者たちは、男女関わらず、職業に関係なく、公の場に情報を晒されてしまったのだ。登録者のほとんどは、アメリカ人だというがイギリスの政府関係者の名前も明らかになっている。そして日本人も180万人以上の人が会員になっているということだ。

今夜、食卓を挟んでドキドキする既婚者たちが増えるに違いない。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス