出典 http://ameblo.jp

記事提供:まぐまぐニュース!

弱冠26歳で銀座にあるクラブのオーナーとなり、現在では実業家としても大活躍中の日高利美さん。

先日、配信が始まったばかりのメルマガ『銀座ママ日高利美のメールマガジン「銀座の教え」』では、銀座で働き始めて22年経つという利美ママが、以前の銀座と今の銀座とで大きく変わったと感じる5つの点について語っています。

利美ママが日々感じる考える出来事

初メールマガジン…

今回はどんなことを書かせて頂こうかなぁと考えていたのですが、『銀座について』の今昔や私がどう考えているかをまずは書かせて頂こうと思います。

私は10歳の時から銀座のママに憧れて18歳の誕生日から夜の銀座で働き始めました。

私が夜の銀座で働き始めて今年(2015年)で22年になります。

23歳(1998年)の時に雇われママを経験し26歳(2001年)に並木通りにルナピエーナをオープンさせました。

私が18歳の時、22年前の銀座と今の銀座で変わったなぁと思うことが5つあります。

1. コンビニエンスストアができたこと

私が銀座に勤め始めた時には7丁目、8丁目にはコンビニエンスストアは1軒もなく出来た時には驚きました。

家賃の高い銀座でコンビニエンスストアがやっていけるのかと思っていましたが、今や並木通り7丁目にナチュラルローソン、8丁目にセブンイレブン、電通通りの8丁目にローソン、並木通りの入り口の角にあるグランドホテルの1階にファミリーマート…

コンビニエンスストアが銀座に出来るなんて信じられないことでしたが、あるとやっぱり便利…夜の銀座で働く人たちも利用させて頂いていますが、

私と同じ世代の銀座の女性はお店の近くにあるコンビニエンスストアには行かないか、行くことに抵抗を感じる女性も少なくないと思います。

私たちは銀座の先輩たちから「コンビニエンスストアに行ってはいけない」と教わってきました。

理由はコンビニエンスストアでお客様に偶然お会いしてがっかりさせない為、自分が働くお店のそばのコンビニエンスストアなら、お客様とお会いしてしまう確率が上がってしまうからです。

銀座と言う土地柄、お客様から高額なご飲食代を頂戴しているのに、もしコンビニエンスストアでお客様とお目にかかってしまったらお客様の夢を壊しかねません

とは言え、いまや経営者の私。午前中から銀座に出てお仕事することもしばしば。なので時々、コンビニエンスストアさんに寄らせて頂くことも…。

でも、夕方以降は寄らないようにしています。

もし私を銀座のコンビニエンスストアで見かけることがあったら目をつぶってやって下さいませ(笑)

2. キャバクラができたこと

キャバクラが銀座に出来た時にも驚きました。料金も時間制…

銀座のお店の殆どはお一人様のセット料金がお店ごとに決まっていて、そこにボトル代とかホステスチャージetcがついてくるところが多く、時間で料金が上がることはないと思います。

それだと同じお客様がずっといらっしゃって回転率が良くないのではないかと考える方もいらっしゃるかもしれません。

私の大好きな銀座で飲んで下さっているお客様たちは長居を好まれません

ずいぶん昔にバブルもはじけ、1日に5、6軒とクラブを梯子なさるお客様は少なくなっているかもしれませんが、一日の内にお顔を出されたいクラブが2、3軒あるお客様はまだまだいらっしゃいます

それに、お店がお客様でいっぱいだと、早い時間にみえて下さったお客様がお席を譲って下さることも多々あります。

お心遣いに感謝しつつ「大丈夫ですのでこのままお店にいらして下さい」とお伝えしても「いいからいいから」とお席を譲って下さいます。

こういう時にも銀座で働かせて頂けていることを有り難く、そして、嬉しく感じる瞬間です。

自分たちのことだけでなく私たちお店側のこと、そして、同じお店に来ているお客様まで大切にして下さる…

夜の銀座にみえて下さる男性の粋さを感じます。

次回、お会いできた時には今日以上に大切にさせて頂きたいと心から思うのです。

3. 客引きがいること

キャバクラが銀座にできた頃から男性の客引きが道に立ち始め、最近は遅い時間になると外国人の女性が道の角々で客引きをするように…

銀座を好きでみえて下さるお客様には大変申し訳なく、私自身も心を痛めております。

銀座のクラブはどこも紹介制でイチゲンのお客様はお断りさせて頂いているお店が殆どですので、お客様を道に立って勧誘することはありません。

前に、客引きを止めてもらうために無料案内所が出来たことがありましたが、気がついたらなくなっていました。

夜の銀座の人たちも警察の方たちと連携をとり客引きがいなくなるよう活動をしていますが、まだまだ力及ばず…心からお詫び申し上げます。

銀座に相応しいお店か、銀座に相応しい女性かを決めて下さるのはお客様だと思っています。

まずは、私のお店が銀座にあることをお客様に認めて頂けるようなお店づくり、そして、自分自身も含めた人を育てていきたいと思っています。

4. 高級クラブが1階にできたこと

私が銀座に勤め始めた22年前は7、8丁目のビルも新しく建て替えられているところが多かった時期なのかもしれません。

数年前から高級クラブがビルの1階に移転、新規オープンが続いています。

高級ブティックなどが撤退し、ビルの1階にある物件が長い期間空いている時期があったのですが、空いているくらいなら…と家賃を大家さんが下げたことも影響しているのかもしれません。

路面にクラブが出来たことを驚いていたら、昔のクラブは1階にあるお店が多かったんだよと教えて下さった先輩がいらっしゃいました。

昔のビルは4、5階建てが多くエレベーターもなかったから低層階にクラブなどの飲み屋さんは入っていたそうです。

ビルが建て替わり5階以上でエレベーターのあるビルが建ち始めたこともあり、クラブなどの店舗も上の階へ増えていったようです。

最近の傾向をみているとまだもう少しの間は1階などの低層階に高級クラブが入るかもしれません。

5. 外国人観光客が増えたこと

2011年の震災前あたりには、夜の銀座をお散歩している外国人観光客さん達の姿を、お客様をお見送りするのに外に出た時に、おみかけするようになっていたと記憶しています。

震災後、少しの間は外国の方はおみかけしませんでしたが、最近はよく見かけます。

この数年は1階がオープンカフェのホテルやオープンバーなどもできてきました。

イチゲンさんを受け入れてこなかった銀座が、外国人観光客の増加によって少し変わってきたからなのかもしれません。

私が銀座に勤め始めた頃には、普段みえて下さっている日本人のお客様に連れられて、外国の方がお店にみえて下さることはありましたが、外国人の観光客の人たちが銀座の夜の繁華街を歩いていることはありませんでした

いまは昼間に銀座に出てくると中央通りには外国の方を乗せた観光バスが停まり、中国語を中心に色んな国の言葉が聞こえてきて、ここは日本なのかと疑うほどです。

松坂屋銀座があった跡地には、1フロアの広さが東京最大級となる地上13階、地下6階の複合ビルや観世能楽堂が2016年にできるそうです。

商業施設空間には、約250~300のハイクオリティ・ハイクラスを中心としたテナントが入るよう、中央通りに面する約115メートルにも及ぶ建物のファサードには、きっとラグジュアリーブランドの旗艦店が入るにちがいありません。

きっと世界有数のファッションストリートである銀座の価値を一層高めてくれるはずです。

2020年の東京でのオリンピックに向けて外国人観光客の益々の増加も狙ってか観光バスによる渋滞緩和のために観光バス乗り場も出来るそうです。2016年11月の完成が今から楽しみです。

これから東京の『銀座』は世界の『GINZA』に生まれ変わろうとしているのかもしれません。

私がいつまで働かせて頂けるかわかりませんが、大好きな銀座の行く末を共に成長しながら見守っていきたいと思います。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス