記事提供:しらべぇ

暑い季節が続く。自然と女性のファッションも開放的になり、胸元の開かれたトップスなどを身につける人も多いだろう。

夏特有のファッションは、オシャレを楽しむための挑戦的なアイテムとなり得る。だが、よかれと思って身につけたそのアイテム、どうやら場合によっては男性的にアウトらしい。

■うそ!いつドン引きしてたの…

しらべぇ編集部では、全国20〜60代の男性665名を対象に「女性のファッションにドン引きしたことがあるか?」という調査を実施した。

その結果、全体の7割近い男性が「ドン引き経験者」だと回答したのだ。では、どのようなアイテムにドン引きしたのだろうか

■え、このアイテムも?!

調査の結果、全体の6割以上が「デカいサングラス」と回答した。理由としては

・誰がかけても、ちょっとコワモテのギャルになる(30代 会社員)

出典しらべぇ

近寄りがたい(20代 学生)

出典しらべぇ

など、不安を感じる声が高かった。女性からしてみれば、目から紫外線カットしているという、美と健康面の理由から使用しているケースも少なくないと思うのだが…。

2位が「ローライズデニム」。こちらは、しゃがみこんだ時の露出を気にしてか、

彼女に履いてほしくない(30代 専門職)

出典しらべぇ

という声があった。

■男性は「見たい」のか「見たくない」のか?

4位のフリルソックスをサンダルに合わせるファッション。

出典 http://www.amazon.co.jp

こちらは、

・靴下でサンダルは、いくら流行っててもナシでしょ(20代 会社員)

出典しらべぇ

つづくミニスカ・短パンの理由は興味深い

・どうしても見てしまうから。(40代 自営業)

出典しらべぇ

でもそれって、アイテム自体にドン引きしたのではなくて、日常で衣服を着ている際の行動のなにかに問題がある場合に限るのでは…?その予想を裏付けるように5位のレギンスは、

・肌の色が見えるストッキングのほうが良い(20代 学生)

出典しらべぇ

という回答者もいた。

見たい、けど、見たくない。そんな男性ならではの気持ちがあるのかも知れない。男と女は一生分かり合えないとは昔からよく言うが、もしあなたが女性で、気になる男性へのアプローチや婚活を考えているのであれば参考にしてみて欲しい。

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2015年7月24日~2015年7月27日
対象:全国20代~60代 男性665名

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス