NHK Eテレで8月20日(木)からスタートする新番組「むちむち!」の告知ツイートがTwitterで物議を醸しています。番組は女子高生にスポットを当てた旅のドキュメンタリー番組のようですが…。

Eテレの新番組「むちむち!」の告知がなんだか卑猥と話題に

Eテレ編集部公式のpost。「ムチな女子高生に番組ディレクターが愛のムチ。ムチッとした番組です…」とのことですが…。

どうやら女子高生にスポットを当てた旅番組のようですね。

イヤらしい番組ではないと公式。しかしこの宣伝にはイヤらしさを感じてしまうのですが…。

この新番組についてTwitterには批判の声が続出

この宣伝postを受けて、Twitterには批判の声が相次いであげられています。

そもそも女子高生を「無知」とすることが差別的

番組でスポットが当てられるのは、「渋谷・原宿の女子高生」。しかし、渋谷や原宿を歩く女子高校生たちは無知のシンボルでもなんでもありません。女子高生は頭が悪く無知であるといった偏見を助長させるような内容を、公共放送をつかって流す必要がありますか?

女子高生は性的コンテンツじゃない。卑猥な連想をさせる番組名はNG

先日、海女さんをモチーフにした三重県志摩市の萌えキャラクター「碧志摩メグ」に、「性的な部分を過剰に強調していて不快」との声が相次ぐというニュースが報じられました。女子高生は、本来であれば、大人たちによって守られるべき未成年です。性的に消費すべきコンテンツではありません。それにも関わらず、大人が卑猥な表現で貶めるのはいかがなものでしょうか。それも、公共放送で。

とはいえ、公式サイトを見てみると…

炎上している「むちむち!」ですが、予告動画を見てみると、性的な描写は見られません(当たり前ですが)。初回は、「普天間って知ってる?」の問いに「知らな―い」と答える女子高生たちが、実際に普天間基地を訪問し、学んでいくという内容のようです。なぜ「女子」高生に限り、「高校生」じゃダメだったのか知りたいところですが、高校生の視点で日本を見つめるという番組内容はとても面白そうですね。Eテレは、公共放送の教育チャンネル。ぜひ、子どもたちに有意義な番組づくりを期待したいところです。

この記事を書いたユーザー

シノヅカヨーコ このユーザーの他の記事を見る

家事が嫌いなぐうたら主婦。25年2月生まれのムスメと夫の三人暮らし。 育児、暮らしにまつわるネタを中心にライター業をしています。お酒とチョコレートが大好き。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス