8月9月はアメリカでは新学期の季節です。入学式や始業式がアメリカではありませんが、初めて学校に通う4歳の男の子がインタビューを受けました。それがあまりにも可愛過ぎます! インタビューする女性が、『初めての学校は楽しい? 興奮してる?』と質問すると、男の子は『イエス!』と元気よく答えました。次の質問は『お母さんがいなくて寂しい?』と聞かれると、最初は『ノー』と笑いながら答えるのですが、お母さんを思い出して泣いてしまいます。 自分の子供が最初に学校に行った日の事を思い出してしまいました。

出典 YouTube

最初の日の学校で4歳の男の子には、ちょっと酷な質問でしたね。

我が家の初めての学校の日

出典 http://ameblo.jp

娘達が小学2年生と幼稚園の途中で、日本からアメリカに引っ越した私達。その時は子供達は全く英語が話せませんでした。 アメリカは学校に入る年齢はそんなに厳しく無くて、8月と9月生まれの娘達はアメリカでは早生まれになる、3年生と1年生から入れる事にしたのですが(一年遅らせても良かったです)とにかく英語が話せない子供に学校で困らない様に『先生!トイレに行きたいです』という英語だけを最初に覚えさせて学校に送った日が懐かしいです。

出典 http://ameblo.jp

次女はかなり不安そうな顔をしていましたが、二人とも一度も泣く事も泣く学校に通ってくれました。 最初に学校に送る日と言うのは、生徒にとっても母親にとっても、とても不安な日でもありますね。 

私の最初の学校の日の思い出

入学式当日は、皆には同じ顔ぶれが集まったでしょうが、私にとっては幼稚園に行かせてもらえなかったので、初めてみる顔ぶればかりで、恥ずかしいやら嬉しいやら、初めてこんなに沢山の同じ年の子に会った日でした。

そして、入学式用の写真を写すという事で、男女混合で背の低い順番に並ばされたのですが、あれよあれよと私の後ろに皆が並んでいき、私の前には誰も来ませんでした。

一番前列の一番左に立たされて、次に小さい人は顔の大きさ分くらい背が高い!! 私の最初の学校の日は『自分は背が低いんだ!』分かった日でした(笑) 皆さんは自分の最初の学校の日を覚えていますか?

この記事を書いたユーザー

ちびか〜ちゃん このユーザーの他の記事を見る

http://ameblo.jp/48chibiakemi/

『ちびでございます・・・』というブログを書いています。
身長143センチしか無い鹿児島出身のちびか〜ちゃんが
アリゾナから山あり谷ありの珍騒動を絵日記でお届け中!
色んな事や物に興味をもって、気になるととことん調べたくなるタイプです。

権利侵害申告はこちら