今や、小さな子供から大人まで持っているスマホ。とても便利なツールですが、一歩間違うと、トラブルに巻き込まれることにも・・・。

そんなときに教えてもらった「スマホ管理の約束事」
わが家でも実践中の方法をご紹介します!

スマホというよりもゲーム機感覚?!

わが家では、スマホはもちろん、ガラケーも、中学生の間は持たせない!というポリシーで生活してきました。でも、長男が高校生になり、スマホデビュー!

長男は初めてのスマホに浮かれ、ゲームアプリをダウンロードしてはゲーム三昧。携帯電話というよりも、ゲームが出来る新しいおもちゃという感覚でいるように見えました。

また、早速ダウンロードしたラインアプリで、友だちと連絡先を交換し、時間を問わずにメールの送りあい・・・。これは困ったな。と思っていたときに教えていただいた約束事です!

スマホの約束4か条~トラブルを起こさないために~

高校の入学式で、生活指導の先生に教えていただいたことです!

・スマホはリビングで管理しよう!

大人でさえ「スマホ依存症」という現代病にまで発展しているスマホ。まだ未熟な子供たちが、自分で欲求を抑えることは難しいことです。親の目が届くリビングで管理をすれば、寝不足になることもなく、スマホの悪影響から子供を守ることが出来ます。

充電も必ずリビングで!リビングでなければ充電はさせない!と強気でいきましょう!


・ロックをかけさせない

スマホにロックをかけさせないよう指導しましょう。毎日は必要ありませんが、時々チェックすることは大事なことではないかと思います。内容を見られるというのは、お子さんは嫌だと思いますが、ラインによるイジメの噂をよく耳にします。チェックし、早く気づくことで、大きな問題へ発展することを防ぐことができます。

また、チェックすることで、お子さん自身も不用意な発言をしないよう心掛けるはずです。

・23時以降は触らない

時間はご家庭によると思うのですが、我が家では23時以降は電源を落とすという約束をしています。というのも、真夜中にラインが送られてくることがあり、そのラインに反応してしまうと「既読スルー」などと言われることにもなりかねません。「既読スルー」からイジメに発展しないためにも、夜は電源を落とすことをおススメします。


・言葉遣いに気を付ける

ラインの内容を見ていて思うのですが、現代の子供たちは、メッセージの内容に必ず「笑」や「爆」または「www(笑っている。もしくは楽しいの意味)」という文字を使っています。これらの前の文字が危険な言葉であっても、後ろに「笑」などをつけることで、「冗談だよ」という意味合いになる。という認識のようです。

ですが、危険な言葉を受け取った方は、後ろに「笑」がついていたとしても、ストレートに受け取って嫌な気持ちになり、学校へ行きづらくなることも・・・。

自分の子供だけでなく、ほかのお子さんが嫌な思いをしないためにも、家庭内で、言葉遣いについて話し合うことは大事なことではないかと思います。

スマホ使用時間は勉強時間削減に比例する

少し前のニュースで「スマホを使用している時間が長いお子さんほど、成績が落ちている」という統計を聞いたことがあります。スマホに時間を割いているわけですから、勉強時間が減って、成績が落ちることにつながるのも納得できます。

義務教育の間はまだいいとしても、高校生からは、留年という深刻な問題へも発展していきます。それらを回避するために、スマホの使用時間に制限をかける等の対処も必要なのではないでしょうか?

約束を守るように言っても、スムーズにいくお子さんはなかなかいないと思います。わが家でも、毎日スマホのことで親子喧嘩が勃発していますから・・・。

約束を守れなければ、スマホを解約する。というのも、大事な決め事です。お子さんが犯罪に巻き込まれてからでは遅いのです。お子さんが約束を守れなかったときは、「本気で」解約をしましょう。

親の本気度がお子さんに試されるときでもある!と、私は思います!

この記事を書いたユーザー

えるる このユーザーの他の記事を見る

フリーのライターとして活動しています。ほっこりするような、心がほわっと軽くなるような、それでいてパンチのある記事を書きたいと思っています。2人の息子のママでもあり、不登校問題、発達障害とも向き合っています。元保育士。特別支援学校児童クラブ勤務経験あり。友人に「普通の人より3倍濃度の人生送ってるよね」と言われています(笑)

得意ジャンル
  • 社会問題
  • 育児
  • カルチャー
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス