国民服ブランドとも言えるユニクロ。毎日、何かしらのユニクロ商品を身につけている人が多いのではないでしょうか。
お手頃な価格で高品質な商品を購入できるユニクロですが、さらにお得に買う方法を筆者の経験からご紹介します。

1. チラシを必ずチェック

出典 http://www.gettyimages.co.jp

週末や大型連休が近くなると、新聞の折り込みチラシにユニクロのチラシも入ります。チラシを見ることができなくても、店頭に行けばチラシが置いてあるのでチェックすることができます。

また、無料でダウンロードできるユニクロアプリやホームページでデジタルチラシを見ることもできるのでそちらでもお買い得情報を知ることができます。
チラシを確認するのは基本中の基本!面倒でもチェックしてみてください。

2. 通常より安い価格かを見極める

出典 http://www.gettyimages.co.jp

チラシに掲載されている価格は、すべてが通常価格から安くなっているわけではありません。

通常価格から安くなっている場合は、価格の上に小さく「本体価格◯◯円+消費税を」の表記
がされています。その表記がない場合は、通常価格と同じかと思われます。また、「特別限定」や「超目玉」といった言葉も同じく安くなっている商品です。そのあたりを見極めて、通常より安くなっている商品があればお買い得商品ということになります。

また、もう一段階安くなる目玉価格という時期もあるので、それは毎回チラシを見て価格の値下げ幅をチェックしてみてください。

3. 店舗では赤い値札のポップがお得

出典 http://www.gettyimages.co.jp

多くの商品が並ぶユニクロの店舗の中でお得な商品を見分ける方法はカンタン。
値札のポップに注目してください。チラシの商品だったり、通常より安くなっている商品のポップは赤くなっています!反対に、通常価格の商品は黒い表記のままなのでとてもわかりやすいです。

もしチラシをチェックしていないままユニクロに行ったとしても、このポップの差さえ覚えておけばお得にお買い物ができます。

4. シーズン終わりに買う

出典 http://www.gettyimages.co.jp

できればシーズンものはそのシーズン中に購入したいところですが、流行のデザインものではない下着などは、敢えてシーズン終わりやオフシーズンに買うと大幅に安くなっている場合があります

例えば、夏物の下着は秋冬物の下着が多く店頭に並ぶ頃に買う、といった感じです。
商品自体はもちろん新しくて機能性も優れているものばかりなので、時期を少しずらして買うだけで翌年にも使える商品をお得に買うことができます。

5. 端にある棚を見る

出典 http://www.gettyimages.co.jp

商品が広く展開されている棚の横(メインの通りではない方)の棚こそ、掘り出し物が眠っています!

横に広く展開されている旬の商品があるとどうしてもそちらに目がいきがちですが、その端の狭い棚も覗いてみてください。チラシでの価格以上に値引きされた商品が多く並べられています。商品によっては、1990円の物が500円(約75%オフ!)などかなり大幅に値引きされているものもあるので、掘り出し物を見つけることができればかなりラッキー!

かなり値引きされている商品にはさすがに旬な商品はほとんどありませんが、自分の好みに合うものがあるかもしれません。また、シーズンや流行に関係なく使えるものもあります。

欲しい商品をあらかじめ見つけておくといいかもしれません

チラシに掲載される商品は、お買い得価格も手伝って欲しくなるものが増えてしまうことも。でもその前にユニクロをゆっくり見て回り、自分の欲しい商品をピックアップしておくと混雑する店内でも比較的スムーズに買い物ができます(試着もしておくといいかも!)。

どうしても今すぐ欲しい!という商品以外の場合は、ご紹介した方法を参考にしてみてください。

こちらの記事も読まれています

この記事を書いたユーザー

milkteagirl このユーザーの他の記事を見る

神戸出身✈︎東京在住。
K-POP(2PMの大ファン♡)、韓国グルメ&トレンドなどを中心に書いています♩

得意ジャンル
  • 音楽
  • 海外旅行
  • グルメ
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス