出典 http://www.gettyimages.co.jp

記事提供:Doctors Me

Doctors Me 編集部です。
まだまだ暑い日が続いていますね。毎日クーラーばかりに頼っていると、身体がだるくなってしまうという人も多いのではないでしょうか。暑さ対策の一つとして、身体を涼しくするような食べ物を摂取することをオススメします。
今回は、体温を下げる効果のある食べ物について、医師に聞いてみました。

夏野菜は効果大!

出典 http://www.gettyimages.co.jp

体温を下げる効果のある食べ物の特徴は、春から夏にかけての暑い時期が旬のものや、暑い地域で採れるものです。

例えば、利尿作用のあるカリウムがたくさん入っている夏野菜には、身体を涼しくする効果があります。尿が身体から出ていくときに、身体の中の余分な熱を放出する働きがあるのです。さらに夏野菜は体温を上げるタンパク質が少なく、水分をたくさん含んでいるものが多いため、体温を下げる効果が期待できます。


≪最近異常な汗が・・・≫
1分でできる無料診断で多汗症をCHECK

体温を下げる効果のある食べ物とは?

出典 http://www.gettyimages.co.jp

1. ゴーヤ
南国生まれのゴーヤは、暑い時期に食べるのに適しています。体温を下げてくれるとともに、夏に汗などで失われやすいビタミンCが多く含まれており、ビタミンB1やその他のミネラルも豊富で、夏バテや熱中症予防にも効果的です。

2. トマト
身体を冷やしてくれるとともに、抗酸化作用のあるリコピンやビタミンC、カルシウムなどを含んでおり、日焼け対策や夏バテ予防にもなります。

3. きゅうり
カリウムが多く含まれており、尿や汗とともに体温を下げてくれます。

4. すいか
水分が多いとともに、シトルリンなどが排尿をうながし、体温を下げてくれます。

5. なす
水分が多く含まれており、生体調節機能もあるため、身体を冷やす効果があります。

医師からのアドバイス

これらの他にも、バナナやパイナップルなどの南国系のフルーツにも体温を下げる効果があります。また、スパイスの多く入った辛い食べ物は一時的には体温が上がりますが、汗をたくさん出すために、体温が下がって涼しくなるという効果があります。涼しくなる食材で上手に“涼”を感じながら、この夏を乗り切りたいですね。

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス