子どもが幼稚園にはいるまで、ママ友はひとりもいませんでした。幼稚園にはいればきっとできるだろうなぁ…… と思ったものの、半年を過ぎてもママ友不在……。「もう、このままいくところまでいってやる!」とやけになった私を変えたのは、ある発想の転換でした。

旧友とのふれあいで悟った「人付き合い」の本質

開園時間直後に誰よりも早く子どもを登園させ、降園後は誰よりも早く園を立ち去る。こんなんじゃ、いつまでたってもママ友ができるわけがない!

頭で分かってはいても、人見知りで気さくに会話することが苦手な私は「ママ友づきあい」を面倒で、楽しくないものと思い込んでいたのです。

あるとき、学生時代の友人が数人自宅に遊びにきてくれました。貴重な友人たちは、おしゃべりが上手な子、聞き上手な子、おっちょこちょいな子、マイペースな子といろんなタイプがいます。

そんな友人たちと楽しい時間を過ごし、彼らが帰っていくさまを見届けた私。ふと「私って、すごく損しているかも?」と思ったのです。

人と出会うことは、どちらかといえば「得」である

帰っていった友人たちには、それぞれに世界があります。私は今、どんな世界にたっているのか、考えました。

そして、せっかくママとなり新たな出会いのチャンスがあるのに、何もアクションを起こさないなんて損なのでは? と思ったのです。出会った人がこれから大切な友人となる可能性もあるのに……!

今までにいないタイプの友人ができるかも

こんな風にも考えました。今までとは違うタイプの人とも友だちになれる、それがママなのではないか、と。

ママ同士、年齢が離れていることもありますよね。学生時代に流行ったものも違うので会話が合わず、何を話したらいいか分からないかもしれません。でも、それこそ会話のネタになるのではないでしょうか? それに同じクラスや園に子どもを通わせていれば、イベントや係のこと、お弁当など話題のひとつは必ずあるはず!

ママじゃなかったらお付き合いすることのないタイプだって、気軽に会話できる環境があるし、「自分に合いそう」だけで付き合う人を選ぶのはもったいないかも、と気付きました。

同年代で、同じものに夢中になった学生時代の友人たち。それがなくたって、何かを共有する時間はこれからつくっていけばいいのではないのか、と思ったのです。

せっかくのチャンスを棒にふらないために

ママ友に対して、かまえず自分から心を開く練習をするようになった私。その成果があったのか、園のクラスが別れ、月日がたってしまっても親子ともどもプールや公園遊びに誘ってもらえる機会が増えました。

そんなときもフットワーク軽く、子どもと楽しむ! 体が軽ければ、自然と心も軽くなります。ママ友づきあいは深く考えすぎず、「やってみっか! いってみっか!」のノリで楽しんでみてはいかがでしょうか^^

この記事を書いたユーザー

ぷっち このユーザーの他の記事を見る

プチプラファッション大好きなアラサー主婦です( ´ ▽ ` )ノ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス