いくら頑張っても認められない?終わりのない育児の日々

出産する前はバリバリのキャリアウーマン、みんなにすごいね、頑張ってるねと認められる日々・・・社会に出て頑張っていると、どこかで誰かがちゃんと見ていてくれて褒めてくれた。でも今はどうだろう・・・
望んでいた赤ちゃん、子供は可愛くて仕方ない、それは間違いないのだけど。自分のしていることが、正解なのかもわからず、褒められることも認められることもない・・・そんな毎日に苦しくなっていませんか。

じつはそんな風に感じているお母さんは本当にたくさんいるのです。
あなた一人ではないのですよ。
ここではそんなあなたに元気をくれる、心温まる本を3つ紹介します。

わたしがあなたを選びました

出典筆者撮影

平成15年に出版され、今も愛され続けている一冊です。
出産を控えた芸能人もブログにアップしたりしているので、ご存じの方も多いかと思います。誰もが、この表紙見たことある!そんな一冊ではないでしょうか。

中身はシンプル。でもしっかり語り掛けてくれます。

出典筆者撮影

シンプルな絵で一ページあたりの文字数も少な目です。
お母さんの心の中の言葉を代弁してくれているような一冊です。
誰にも言えない不安や、頑張りをしっかりと理解し認めてくれている言葉に、涙なしでは読み切れません。
出産を控えているお母さんはもちろんですが、子育てに疲れてイライラしてばかりというお母さんにも是非読んでほしいです。
我が子が宿った時の喜び、だんだんと大きくなるお腹への愛おしさ、を思い出させてくれる一冊です。

おかあさん、わたしを知った日のことをおぼえていますか?

あなたは戸惑いました。あなたは不安に襲われました。

そしてあなたは、わたしを受け入れてくださいました。

あなたの一瞬の心のうつろいを、わたしはよーくおぼえています。

つわりのつらさの中でわたしに思いをむけて、自らを励ましたことを。

わたしをうとましく思い、もういらないとつぶやいたことを、

私の重さに耐えかねて、自分を情けないと責めたことを、わたしはよーくおぼえています。

出典書籍:わたしがあなたを選びました

おとうさん、おかあさん、あなたたちのことを、こう、呼ばせてください。

あなたたちが仲睦まじく結び合ってる姿を見て、わたしは地上におりる決心をしました。

きっと、わたしの人生を豊かなものにしてくれると感じたからです。

おとうさん、おかあさん、今、わたしは思っています。

わたしの選びは正しかった、と。

わたしがあなたたちを選びました。

出典書籍:わたしがあなたを選びました

あなたが生まれてから

出典筆者撮影

つい先日第三子を出産された、くわばたりえさん。
その育児の方法と、優しい言葉かけは世のお母さんを元気づけてくれると話題の大人気ブロガーの一人ですね。
各地を飛び回りママ会を開催するなど、世のお母さんの中では神のような存在になりつつあるのではないでしょうか。

絵本として子供に読んであげることも

出典筆者撮影

絵本のように可愛い絵で優しい語り口調で書かれているページがあります。
子供に読み聞かせながら、子供と会話する時間も素敵ですね。

反響の多かったブログの記事が記載されています

出典筆者撮影

今までたくさんのお母さんたちを励まし、支えになってきたブログ記事が、いくつも記載されています。
いつも自分の気持ちに正直に、子供を精いっぱいの愛で包もうとするくわばたさんだからこそ、頑張っているお母さんの心にすっと入っていく言葉を書くことができるのではないでしょうか。
わかっていたつもりなのに、できていなかった。
愛してる、大好きだよ、そんな少しの言葉なのに伝えられていなかった。

号泣した後にすっと心が軽くなる、そんな一冊です。

うまれてきてくれて
ありがとう。

おかあさんを おかあさんにしてくれて
ありがとう。

げんきでいてくれて
ありがとう。

これからも
たくさんのありがとうを
いわせてください。

だいすきよ。

うまれてきてくれて
ほんとうに ありがとう!

出典書籍:あなたが生まれてから

大事にすべきは子供だけじゃなかった

起きた赤ちゃんを抱っこした。
「かわいいなぁ~。
こんな大きな声で泣くようになったのか~」
ふと見ると、嫁がすごい顔でにらんでいる。

いくらあやしても泣き止まない。
かわいそうに、起こしてごめんよ。

嫁が抱くと、すぐに泣き止んだ。
なんで俺が抱っこしても泣き止まないんだろう。
嫁がうらやましい。

「泣いても抱っこしててよ!
5分で無理って渡すのやめてよ!」

赤ちゃんは、お前じゃないとダメだから。
俺だって、本当はたくさん抱っこしたいよ・・・

出典書籍:あなたが生まれてから

旦那が育児を手伝ってくれない、旦那にイライラしてばっかりいる・・・
そんなお母さんにも是非読んでほしい一冊です。
なかなか旦那さんの声を代弁してくれている本はないのではないでしょうか。

読んだ後、旦那さんにごめんね、ありがとうといいたくなる一冊です。

たまご絵日記

出典筆者撮影

大人気ブロガー、ナナイロペリカンさんの本です。
読んでいると、そうそう!!とついつい言いたくなってしまいます。
子育てしていると、あるある!ということを面白おかしく漫画にしています。
子供の動きや表情がリアルでクスクスっと笑えます。
出産前に読んで心の準備をし、主人公と同じくらいの年齢になったらまた読み返し、
長く楽しめる一冊です。

出産の痛みを旦那にわからせよう!

出典筆者撮影

旦那さんにも読んでもらい、出産の大変さ、子育ての大変さをわからせるというのもいいですね。
口で説明してもうまく伝わらないので、本にお願いしちゃいましょう。
旦那さんも漫画なら嫌な顔せず読んでくれると思いますよ。
読み終わったころにはイクメンパパになってしまうかも!

人気ブロガーだからこそできること

出典筆者撮影

ブログの読者さんのリアルな声も記載されています。
リアルなお母さんの声は、とっても頼もしく、一人じゃないんだなと思わせてくれます。

なんか最近ずっとイライラしてるな・・・

わたしってこんなに怒りっぽかったっけ?

時間ばかり気にして・・・
仕事や家事がうまくいかないとついイライラして

「・・・タマ子 まだ・・・桜
ギリギリ咲いてるかな 探してみよっか」

なんだか急にどうでもよくなった
部屋の片づけも ごはん作るのも 時間を気にするのも・・・



夕飯はたい焼き
でもイライラしながら作る夕飯より
ずっといい気がした

毎日がこうだと成り立たないけれど・・・
たまにはこんな日があったっていいよね

子育てって予定通りにいかないことばかり
でも予定にないことが起きるから楽しいのかな

たまには力入れずに
流れにまかせてみよう

そしたらまた
新しい景色に出会えるかもしれない

出典書籍:たまご絵日記2

くすっと笑ってしまう漫画ですが、ちゃんとお母さんの気持ちを代弁して
頑張りすぎていっぱいいっぱいになってしまうお母さんの気持ちが書かれています。
頑張り屋さんのナナイロさんに共感するお母さんも多いのではないでしょうか。

子供のため子供のためと頑張りすぎてイライラしていませんか。
どんな素敵なご飯より、どんなにきれいなお部屋より
子供はお母さんの笑顔が一番幸せを感じるのだと思います。

おわりに

いかがでしたか。

ゆっくりと諭し心を癒してくれる一冊、
親しみやすい方言交じりのリアルな声で認めてくれる一冊、
漫画でくすっと笑わせつつ、しっかりと自分の声を代弁してくれる一冊。

タイプの違う3冊を紹介しました。
子育てを頑張るママ、頑張りすぎるママの心を少しでも楽にさせられる一冊になればと思います。

我が子の今日は今日しかありません。
一瞬一瞬を大切に、幸せをかみしめて子育てを楽しんでいきたいですね。

この記事を書いたユーザー

まいめろ このユーザーの他の記事を見る

養護教諭、カウンセラーの資格をいくつか所有。
素敵だなと思ったことを、私なりの言葉で伝えたい。
私の言葉で元気になった、頑張ろうと思った、そう言ってもらえるようなライターを目指します。

権利侵害申告はこちら