食器のガチャガチャと鳴る音、熱気のある声がする。日本ではあまり感じることが出来ない、アジアらしさのある東南アジア。東南アジアの料理は、シンプルながら素直に美味しいと感じるものが多い気がします。

東南アジア周辺地域の屋台でも人気のメニュー「カオマンガイ」。ご存知でしょうか?「シンガポールチキンライス」といえばお分かりでしょうか?

カオマンガイとは?

出典 http://khaomankai.com

シンガポールでは、チキンライスと呼ばれたり、カオマンガイに似た料理は東南アジアには多い。マレーシアが発祥の地と言うものもいるが、米がタイ米なことを考えると、タイのような気がする。ちなみに、タイでは、「カオ」はご飯、「ガイ」は鶏肉を、「マン」は油を意味するようです。

出典 http://khaomankai.com

発祥は中国の海南島。シンガポールやタイでも同じような料理が存在し、海南鶏飯 「ハイナンチキンライス」、「海南風チキンライス」と呼ばれているようです。

基本的にはシンプルに茹で鶏とその茹で汁でお米を炊いたもので、タレはスイートチリソースやナンプラーを使用したりと国によっても違いがあるようです。

この料理は、実際に作るとなると結構大変なんです。鶏を丸ごと茹でて、その茹で汁でご飯を炊いて、ソースを作って。材料もタイ米や、苦手な方も多いパクチーなどそのまま作るとちょっと大変になってしまいます。


そこで、日本で簡単に出来る「鶏まるごとご飯」タオマンガイを作ってみましょう!炊飯器を利用すればとっても簡単にできるんです!

カオマンガイ(海南鶏飯)風!鶏まるごとご飯

出典 http://ameblo.jp

<2~3人分>


お米            1.5合
鶏もも肉          1枚
塩胡椒           適量
生姜すりおろし       小さじ1
にんにく          チューブで2cm
玉葱            小1/2個 (無くても可)
鶏がらスープの素      小さじ1.5

ソース
スイートチリソース     大さじ2
酢             大さじ1
ナンプラー         小さじ1
生姜すりおろし       小さじ1/2

付け合せ 
ゆで卵           2個
キュウリ          1/4本
トマト           1/2個
貝割れ(あればパクチー)  適量

<作り方>

① 鶏肉はフォークで穴を空け、塩胡椒で下味をつけて10分ほど置く。


② お米を洗い炊飯器に水を目盛まで入れ、生姜・ニンニク・鶏がらスープの素・微塵切りにした玉ねぎを加えて混ぜる。

③ ②の上に皮が上にくるように①を乗せ、炊飯する。

④ ソースの材料を混ぜ合わせる。


⑤ 炊き上がったら鶏肉を取り出しカットする。

⑥ 全てを盛り合わせて、ソースをかけて完成。

日本風にアレンジしたカオマンガイは、ヘルシーに野菜の付け合せもたっぷりと!鶏肉を1枚まるごと入れるので、鶏の旨味もしっかりとご飯に移ります。ボリューム満点なランチにオススメです。

ソースを変えても楽しめる!

出典 http://recipe.kirin.co.jp

細かく砕いたナッツと、焼肉のたれ:大さじ3、ごま油:小さじ1、砂糖:小さじ1を耐熱ボウルに入れて電子レンジ600Wで2分加熱し取り出してよく混ぜ合わせて作ったソースをかけても味わいが深まりますね。

東南アジアの料理は、食べるだけで力が湧きそうなパワフルなもの、そしてシンプルで美味しいものが多いので是非一度作ってみましょう!

この記事を書いたユーザー

紀子 このユーザーの他の記事を見る

JSA認定ワインエキスパート
少人数制ワインサロン主宰
ワインライフを豊かにするコツをブログとサロンで発信中。
ワインタイプ別(スパークリング・白・ロゼ・赤)におつまみを創作しブログに綴っています。
ブログ:http://ameblo.jp/norikostyle2/

得意ジャンル
  • グルメ
  • 料理
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス