Line,Facebookなど、簡単にソーシャルメディアにアクセス出来る様になった今。便利になったと同時に危険はいつも隣り合わせ。色んな国でネットを通して凶悪な事件が起きています。最悪は殺人に繋がる話もとても多くなりました。 ソーシャルメディアへのアクセスの年齢層はどんどん低くなっており、小さな子供達が事件に巻き込まれる事例もかなり多くなりました。

若い女の子をネットでどれだけ簡単に騙せるか、3つの実例が動画で紹介されました。

ターゲットになったのは3人の12才,13才,14才の若い女の子達。動画の撮影には両親の許可を得て、実験が行われる事になりました。 ターゲットになっている女の子達の両親は、自分の娘は絶対に騙されないと確信しています。3人の女に子はどうなるのか、動画を見てみましょう。

この写真を使って15才の男の子に成り済ます

出典 https://www.youtube.com

フェイスブックでまず15歳に成り済ます事から始まります

出典 https://www.youtube.com

3人の少女達にまずは友達申請を送りますが、3人共全く知らないこの15才の少年を友達に簡単に承認してしまいます。そしてつい最近、女の子が住む近所に引っ越して来た事をつげ、メッセージのやり取りが始まります。 たった数日経った後に、会いたいとメッセージを送るのですが・・・ 少女達の反応は?

13才の少女

出典 https://www.youtube.com

15才に成り済ました男性が、13才のマケイラに両親が出かけた時に公園で会うと言う約束を作り、両親が出かけた事を確認した少女は、10分後に公園に行きます!と直ぐにメッセージを送って公園に向かって行きます。男性が立ち上がって『マケイラ!フェイスブックでメッセージを送っていた僕だよ!』と言ったと同時に、マケイラの父親が怒鳴りながらその場に現れ、女の子は縮こまってしまいます。父親は娘は絶対に来ないと信じていましたが、簡単に現れてしまった少女に愕然。どれだけ危険なのか分かっているのか?とキツく注意してネットの危険性を彼女に伝えます。

12才の少女の場合

出典 https://www.youtube.com

父親が眠った後に家で会う約束を作ります。 父親は同じ車に乗って少女がどんな行動をするのか確認しますが、この父親も娘は絶対にドアは開けない!と信じています。

出典 https://www.youtube.com

しかし、少女は父親が眠ったと思った矢先に直ぐに男性に連絡をして、今大丈夫!とメッセージを送ってしまいます。 少女が簡単に住所を男性に教えた事に父親は落胆。そして絶対にドアは開けないと思っていた娘が、簡単にドアを開けた事にショックを隠せない父親

14才の少女の場合

出典 https://www.youtube.com

14才のジェナの場合、両親が出かけた後にこの男性と一緒に出かける約束をします。15才の男性と思っているので、車で迎えにくるのは男性の兄弟だと思っているジェナ

ジェナはどうなるのか?

出典 https://www.youtube.com

両親が出かけた事を確認したジェナは、男性に簡単に住所を教えて迎えに来た車に簡単に乗り込みました。 車の中には覆面をつけた大人が2人乗っていて、ジェナが乗ったと同時に彼女に襲いかかります。 でもその襲った2人はジェナの両親です

3人の少女達は簡単に知らない人と友達になり、住所を教え、会いに行き、ドアを開け、そして簡単に見知らぬ人の車に乗り込みました。

私にも14歳になったばかりの娘がいますが、日頃からネットの恐さについては家族で話しています。この3人の両親も自分達の娘は絶対に騙されないと確信していましが、それでもこの様に簡単に騙されてしまう少女達にショックを受けました。この動画は親だけで無く、家族全員で見て欲しいと思った動画です。ネットに関する事件が少しでも無くなるように願うばかりです。

動画はこちらです

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

ちびか〜ちゃん このユーザーの他の記事を見る

http://ameblo.jp/48chibiakemi/

『ちびでございます・・・』というブログを書いています。
身長143センチしか無い鹿児島出身のちびか〜ちゃんが
アリゾナから山あり谷ありの珍騒動を絵日記でお届け中!
色んな事や物に興味をもって、気になるととことん調べたくなるタイプです。

権利侵害申告はこちら

Amebaみんなの編集局に登録してSpotlightで記事を書こう!