出典 http://www.gettyimages.co.jp

こどもの切り傷——育児をしていると避けることができない問題ですが、その対処法はさまざま。先人の知恵に基づいて、つばを付けたり、一般的な消毒液でケアをしたり……。最近ではスプレータイプの絆創膏などもありますが、一体どの対処法が正しいのでしょうか。

最初の対応がもっとも重要

出典 http://www.gettyimages.co.jp

もし、お子さまがケガをした際は、その傷が何によるものなのかをしっかりと聞いてあげましょう。例えば、きれいなカッターでケガをしたのか、あるいは、砂などがついたさびたくぎが刺さってしまったのか、など直接傷の原因となったモノが汚れているのか、いないのかによって対処法は大きく異なるのです。

傷口は流水でキレイにする

出典 http://www.gettyimages.co.jp

汚れたモノでヒフを傷つけてしまった場合、じつはまず、大量の水道水で傷口を洗い流すのが正解です。場合よっては数分間、強くこすって、しっかりと洗い流すことも必要になります。雑菌やばい菌が気になるといった理由で、消毒液を使われる方もいるかもしれませんが、かえって治癒を遅らせてしまうことも……。よっぽど、傷口が汚れている場合は別として、基本的には水で処置してください。日本の水はとてもキレイなので、傷口に入っても安全なのです。

止血はガーゼを使う

出典 http://www.gettyimages.co.jp

もし、出血が多い場合はガーゼで傷口を覆い、上から手などで圧迫することによる圧迫止血が有効です。圧迫することで、傷の痛みが多少緩和される、といったメリットも。

あえて傷口を乾かそうとしない

出典 http://www.gettyimages.co.jp

最後に、傷口は無理に乾燥させる必要はありません。ケガを負ってからしばらくは、傷口が膿んで、ジクジクとしていることもありますが、それは体が傷を治そうとしている証。つまり、その状態を無理に治そうとせず、湿潤環境を保ってあげておいたほうが、傷口がきれいに治っていくといわれています。

≪口の中も乾くとよくないんです≫
【ドライマウス】チェック

【医師からのアドバイス】

いかがでしたか?傷口をきれいに、確実に治癒させていきたいのなら受傷すぐに、きれいな水で対処することが大切です。消毒液を使ったり、無理に乾燥させたりすると、かえって治りが遅くなってしまったり、キレイに治らない可能性も……。ジクジクした傷口は、その見た目から、ついつい何か手を施したくもなりますが、自然治癒力を最大限に活かして、治すようにしたいですね。

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス