出典 https://doctorsme-production.s3.amazonaws.com

記事提供:Doctors Me

Doctors Me編集部です。
栄養バランスがとれた食事をしたい!でも、毎日メニューを考えるのが大変……。そんな方におすすめなのが野菜がたくさん摂れる具だくさんスープです。

時間のあるときに、スープの素を作っておけば、毎日のスープ作り方は簡単。今回は栄養士にその作り方を聞いてきました!

■ 野菜はなんでもOK!ポイントはじっくり炒めること!

出典 http://www.gettyimages.co.jp

まずはスープの素を準備します。基本の材料は玉ねぎ人参大根ゴボウなどの野菜です。その他、キャベツや白菜、きのこ類など、野菜は何でもOK。根菜は特に旨味が出るのでオススメです。 これらを1cm角に切ります。包丁での作業が面倒な方は、フードプロセッサーで粗みじん切りの野菜を準備しても構いません。フライパンにサラダ油を少々入れ、全ての野菜と塩少々を入れて炒めます。塩を加えて炒めると野菜から水分が出やすくなり、早く野菜がしんなりします。野菜から汗が出て、カサが半分になる位までじっくりと焦がさないように炒めるのがポイントです。炒める火加減ははじめは中火焦げそうになれば弱火にして炒めます。炒める量にもよりますが、15分以上炒めると、野菜の旨みが増します。これでスープの素は完成です。このスープの素をアレンジすれば、手軽に野菜がたくさん摂れる美味しいスープに仕上がります。

≪野菜不足は隠れ肥満のもと!≫
【メタボ度】チェック

■ 毎日食べても飽きない?スープの素のアレンジ方法!

出典 http://www.gettyimages.co.jp

【コンソメスープ
スープの素、水、コンソメ少々、ウインナー
軽く煮るだけで、たちまち具沢山のコンソメスープに。
仕上げに粉チーズを振ったり、溶き卵を入れても美味しいです。

【トマトスープ
スープの素、水、カットトマト缶、コンソメ、ベーコン
材料を煮て、塩胡椒で味を調えればトマトスープに。

他にも和風だしを加えればお味噌汁にもなりますし、夕飯のシチューの具材にもなります。

またスープの中に押し麦を入れて長く煮たり、小麦粉と水で練った生地をスープに落として軽く煮れば、すいとんになります。
一品で炭水化物、タンパク質、ミネラルとバランス良く栄養をとることが出来るメニューとなります。

≪偏った食生活で胃腸が疲れてるかも?≫
【胃腸のお疲れ度】チェック

【栄養士からのアドバイス】

朝から温かいスープを飲むと体が芯から温まり、代謝が上がり体が目覚めます。また夜食にもヘルシーなメニューなのでおすすめです。スープの素は保存容器などに入れて、冷蔵保存をすれば1週間位使うことが出来ます。食べる前に必ず加熱をし、調理をしましょう。簡単に栄養バランスが整う具だくさんスープ。早速作ってみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス