子どもを産んだばかりのころは、辛いと感じるヒマもない!  でも、半年も過ぎると襲ってきたのはどうしようもない子育ての「孤独感」……。相談できる相手のいなかった私が、この時期にお世話になったもの紹介します。

誰かに話したいけど、話せない毎日

赤ちゃん時代は愛らしいわが子の様子に、とても幸せな気持ちになるものです。しかし、言葉のまだ話せない赤ちゃんはママにとって話相手ではなく、お世話をする相手という意識が強くあったのです。

私は、わきでてくる子育ての不安や悩みをうまく解消することができず、子どもが6カ月を過ぎたころから、どんどん孤独感を感じるようになりました。

育児コミュニティサイトの存在

あるとき、インターネットで某大手育児コミュニティサイトの掲示板をみつけ、はいってみました。これまであまり掲示板というものを利用したことがなかったのですが、書き込み量が多いそのサイトには、ママたちのリアルな本音がリアルタイムでたくさん書き込まれていました。

子どもが生まれてうれしかったこと、おもしろかったこと、どうしたらいいのかわからない疑問、不安、悩み。家族や人間関係におけるストレスなど、包み隠すことのない本音がそこにはたくさんありました。


膨大なスレッドを読むうちに、私はあることに気がついたんです。

今、この瞬間も誰かが悩みを抱えている

悩んでいるのは私だけじゃないんだ、と思ったのです。確かに私の悩みは自分の中では深刻で辛く、憂鬱なものでした。でも、それを解消する方法はたくさんあるようでしたし、私以上に深刻な悩みを抱えているママはたくさんいました。

答えの出ないどうしようもない悩みを抱えているママでさえ、前向きにやっていこうとがんばっている。自分の意見をしっかりもって、自分を信じている。私は「そうだ、ママはみんな闘っているんだ!」と思ったのです。

私も闘おう。思いっきり。

今抱えている悩みに真正面からぶつかっていくという方法もありますし、自分の中でうまく受け流すという方法もあります。時間が解決すると判断すれば、それも良し。「死ぬわけじゃないんだし!」と考えるのもアリですよね。

悩んでいるのは私だけじゃない。この世界にたくさんいるママそれぞれが悩みを抱えながら毎日を過ごしている、と思うと心の中にあった孤独感を感じなくなっている自分がいました。私も私らしく闘おう、と思えた瞬間です。

今は、掲示板のお世話になる事はなくなりましたが、あの経験があったからこそ今の私があるんだな〜と(´ ▽ ` )ノ  もし今、孤独感を感じているママがいるとしたら、この記事が子育てを前向きに考えるきっかけになればいいな、と思います。

この記事を書いたユーザー

ぷっち このユーザーの他の記事を見る

プチプラファッション大好きなアラサー主婦です( ´ ▽ ` )ノ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス