記事提供:mamaPRESS

みなさん、食器洗い用のスポンジはなにを使っていますか?100円均一でまとめ買いをしたり、お気に入りの色やカラー、メーカーのものを使うなど人それぞれですよね。

誰もが知っている『亀の子たわし』を作る会社、亀の子束子西尾商店が新たに生み出した『亀の子スポンジ』のデザイン性の高さと抗菌力のすばらしさに、ただいま売切れ続出なんだとか!

その人気の秘密に迫りました。

『亀の子スポンジ』のココがスゴイ!

2015年5月1日に販売を開始し、初回生産分は1週間で売り切れたという、こちらのスポンジ。5月末には再入荷されましたが、すでにリピーターも多く、入手困難となっているんだとか。

では、なぜこの『亀の子スポンジ』がそんなに人気なのかというと、その理由のひとつは“抗菌力”にあり!スポンジの片面に塗布されている『銀イオン』が、菌の繁殖を抑制する効果が抜群なのだとか。

財団法人日本食品分析センターの試験によると、6時間でO157がほぼ検出できなくなるほどの効果があったそう。

また、このスポンジの素晴らしさは、“水切れの良さ”にもあります。ギュッと絞ると、スポンジから一気に水分がなくなり、清潔な状態を保てるのです。

台所スポンジは、実は雑菌の温床。暑い時期は余計に菌の繁殖が気になるので、この驚きの“抗菌力”と“水切れの良さ”を持ったスポンジに、主婦たちは釘づけになったのです!

デザインにもこだわりが!

台所用品のプロ、コラムニストの石黒智子さんが商品開発に加わり、パッケージデザインにはグラフィックデザイナーの菊地敦己さんが参加。

機能もデザインも追及しようとする企業の姿勢がうかがえます。

スマホよりも一回り大きい手のひらサイズなので女性に使いやすく、持ちやすい厚さと大きさを備えているところが魅力。

毎日使うものなので、ここはママにとっても非常に重要なところですよね。すぐにボロボロになって、見た目もよくない不織布がついていないところも、清潔感があってよいのではないでしょうか。

また、シンプルでスタイリッシュなパッケージやデザインも好評。カラー展開は白、グレー、ナチュラルな黄色の3色。モノトーンのスポンジは珍しく、オシャレママさんにはうれしいカラーリングですよね。

そして、スポンジの変色を防ぐために、透明のパッケージにはUVカット加工が施されているほどのこだわりも…!ここまで考え抜かれて300円(税抜き)は、買う価値あり!ですよね。

たかが『スポンジ』、されど『スポンジ』…、おしゃれで機能的なスポンジで、毎日の家事を楽しく、ラクにしたいものですね!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス