出典 https://www.change.org

記事提供:ガジェット通信

甲子園球場で行われている高校野球で、いつもネット裏でラガーシャツを着用し観戦している名物おじさんとしてマスコミにもたびたび登場している「ラガーさん」こと善養寺隆一さん。

『甲子園のラガーさん』『ラガーさんの嗚呼、青春の甲子園あるある』といった著書もある。

現在、そのラガーさんと彼の所属する「8号門クラブ」に対し、ネット上を中心に批判が殺到している。

8号門クラブ(はちごうもんくらぶ)とは、日本の高校野球の私設ファンクラブ。春の甲子園・夏の甲子園の観戦のために阪神甲子園球場のバックネット裏に通じる8号門入口に集うことから、高校野球ファンの間で8号門クラブと呼ばれるようになった。(Wikipediaより)

出典 https://ja.wikipedia.org

この8号門クラブが甲子園の自由席を私物化しているとして、「高校野球を応援する会」が『change.org』にて抗議の署名活動を開始した。

甲子園のバックネット裏は八号門倶楽部のものではありません。一部団体の私物化に抗議します

8号門クラブをはじめとする、一部団体は高校野球大会の自由席を私物化しています。

具体的には、1人につき1席使用すべきところ、過剰なほど多くの席を占有していたり、先に着席していた観客を恫喝し、座席を強奪して他の席に移動をさせたりしています。

また、阪神甲子園球場の警備員は一連の行為を黙認しています。これらの行為は健全な高校生スポーツにあるべき姿とは言えず、高校野球そのものを冒涜していると言って過言ではありません。

来年の春には甲子園が球児たちにとって気持ちよくプレー出来る環境となることを望みます。そして、私たちは高野連、朝日新聞社、8号門クラブに対し、これらの行為が無くなるよう、具体的な行動を取ることを強く要求します。

出典 https://www.change.org

とのことで、8月16日14時の段階で賛同者は900人を突破。現在もその数をのばしているようだ。署名の宛先は8号門倶楽部と、主催者である日本高等学校野球連盟及び朝日新聞社となっている。

早稲田実業の1年生、清宮幸太郎選手の活躍などで大いに盛り上がっている今大会。「ラガーさん」がバックネット裏にて観戦しているのをTVでも確認することができるが、今後なんらかの動きがあるのだろうか、注目である。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス