お腹を痛めて産んだ我が子ですが、上の子と下の子を比べてしまい、つい愛情差が出てしまう…。兄弟間の愛情差について悩んでいるお母さんも多いようです。また、母親が愛情差別を行っていることに対して、子供ももちろん気づいているんですね。

兄弟間の愛情差に悩んでいるお母さん

小1長男、二歳次男がいます
長男は繊細な性質で
赤ちゃん時代から、とても手がかかり
加えて、不器用で、なにをやっても満足にできず
今も食事の仕方、着替え…等を注意してばかりで
毎日イライラさせられます

次男も、大人しい面はありますが
兄へのライバル心からか、自立心旺盛
その反面、すぐにママ、ママと甘えてきたりして
本当に可愛いです

長男の時には、自分の子なんだ、可愛いんだと
言い聞かせながらの育児でしたが
次男は普通に、愛おしいと思います

何故こんなふうに思ってしまうのでしょう…

出典 http://komachi.yomiuri.co.jp

私は娘に対して、娘が生まれたときからずっと、なぜか気持ちの距離感を感じるのです。息子も娘も同じかわいい我が子なのに、息子に対して沸いてくる「心から愛しい」という感情が、娘にはなかなか沸いてこないのです。2人とも同じように私を慕ってくれ、愛情を示してくれているのに、です。

私は自分のこの感情を疑問に思い、ずっと悩み続けてきました。
「親子にも相性があるものだし、こういうこともあるのかもしれない」「子供の成長とともに、自分の気持ちも変化してくるかもしれない」

そう自分に言い聞かせるのですが、やはり兄弟を同じように愛せない自分が歯がゆく、思い悩むことが多くなりました。

出典 http://oshiete.goo.ne.jp

愛情に差が生じるのは自然なこと

自分の子どもに対して愛情に差が生じてしまうのは、実はよくあることです。親も人間ですから相性もあり、自分の子どもだからといって全員同じように愛せるとは限りません。むしろ、そう自覚ができているのであれば、対処することが可能です

出典 http://mama.bibeaute.com

母親も一人の人間なので、感情をコントロールすることが難しい時もあります。自分の子供が幼いころ自分の嫌いだった母親や姑に似ていると感じると、嫌悪感を持ってしまうこともあるようです。

そんな時の対処法ってあるの?

カウンセリングを受ける

出典 http://www.gettyimages.co.jp

子供と接することすら辛く感じられたり、自分のコントロールができないと感じた時には、専門家のカウンセリングを受けてみましょう。

出典 http://www.wife-news.com

大げさじゃない?と思わずにコントロールが難しくなったら、専門家のカウンセリングを受けるのも一つの手です。自分一人では解決できないような問題も、こういう悩みを熟知している専門家に相談することで、少しずつ解消されていく場合があります。

父親にフォローに回ってもらう

出典 http://www.gettyimages.co.jp

子どもに対して愛情の差を感じても、無理に否定する必要はない。むしろ、愛情差の自覚がなく、無意識のうちに子どもの扱いに差をつけてしまう方が子どもへの影響が心配だそう。大切なのは、自分にそういう傾向があることに気づき、意識的に配慮をすること。夫に話して、子どもへのフォローをお願いするのもひとつの手だ。

出典 http://mama.bibeaute.com

自分が愛情差別をしていることを人に話すのは勇気が必要ですが、夫という存在に頼ることも大切です。子供に逃げ道を作ってあげることで、子供もあなた自身の気持ちも楽になることができます。

気構えずに温かく見守りましょう

自分の子どもに対して愛情差別をしてしまうことは、決して異常なことではありません。一人で悩まずに専門家や夫など近くにいる人に相談することからはじめましょう。

そして、子供の成長を温かく見守る姿勢でいることを心がけてみると良いですね。

この記事を書いたユーザー

白うさぎ このユーザーの他の記事を見る

芸能ニュース、芸能ゴシップ好きの33歳女性。ブログをお休みして、最近はSpotlightでの執筆にハマる日々です。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス